酒を止める、減らす理由

酒は美味しいですね。

酔うと楽しいですね。

酒にはこんなメリットがありますね。

・酔っぱらうといい気分になり、楽しくなる

・酔っぱらうと本音でしゃべれる

・同僚や上司とコミュニケーションがとれる

・カラオケで楽しく歌うことができる

・異性を口説きやすくなる
酒を飲む女性
フリーフォトPAKUTASOより引用

・嫌なことを一時的に忘れられる

・ストレス発散になる

・寝付きが良くなる(睡眠の質は悪くなる

・血行がよくなる

・リラックスできる

しかし、以下のような方は酒を控えるか、止めなければなりません。

・採血結果で肝臓の数値(γーGTP、GPT、GOT)が悪いと言われた

・採血結果ですい臓の数値(アミラーゼ)が悪いと言われた

・採血結果で尿酸値が高いと言われた

・そのほか、酒が原因でなにかの数値が悪いと言われた

・糖尿気味、あるいはすでに糖尿病である

・酔うと暴言を吐く

・酔うと喧嘩する

・酔うを暴力をふるう
暴力 DV
フリーフォトPAKUTASOより引用

・飲み始めると、ストップがきかない

・酔って警察沙汰になった

飲酒運転をしてしまう

・休みの日は朝から飲む(アルコール依存症の始まりです)

・二日酔いを迎え酒で紛らわす(アルコール依存症の始まりです)

・酒が原因でたびたび会社を休む(アルコール依存症の始まりです)

・家事の合間に酒を飲み、泥酔してしまう(主婦の方)

・酒が切れるとイライラし、飲まずにおれない(アルコール離脱症状がでています)

・酒が切れると、手が震える(アルコール離脱症状がでています)

・どちらも、酒を飲むとすっと治まる(脳すでにアルコールに依存してます)

ざっと思いついたのを並べましたが、まだまだあります。

このような方は酒を控えるか、止めなければいけません。

このままいくとアルコール依存症になります。

アルコール依存症の平均寿命は52,53歳くらいと言われています。

このままでは孫の顔を見ることなく死んでしまいます。


酒を止めたいけどやめられない。

どうしたらよいのでしょうか。

スポンサーリンク

酒を止めるには、減らすには(1) 外来通院するか入院する

酒を止めるのに一番手っ取り早いのが入院です。

しかも内科ではダメです。

肝臓を治して、いつでも飲める身体にして退院です。

退院したら飲むので、元の木阿弥です。

行くところは精神科です。

入院すれば酒が切れますし、院内のアルコール勉強会でたっぷり勉強させられます。


仕事の都合などで簡単に入院できない方は、外来通院しましょう。

通院して、「シアナマイド」「ノックビン」などの抗酒剤をもらいます。
シアナマイド
それらを飲むと、まったく酒が飲めなくなります。

また、「レグテクト」という新薬は、飲酒欲求を抑えてくれます。

酒を止めるには、減らすには(2) 家中の酒を捨てる

タバコは禁煙しても1週間や2週間、吸いたいという欲求が続きますが、酒の欲求は3日くらいでがくっと減ります(もちろん個人差がありますが)

3日程度止めれば、そんなに飲みたいとは感じなくなります。

タバコよりずっと楽です。

連休を利用して、禁酒にチャレンジしてはいかがでしょうか。

しかし、冷蔵庫にキンキンにビールが冷やしてあると、ついつい手が出てしまいます。

一升瓶にたっぷりと風味ゆたかな純米酒が入っていると、ついつい手が出てしまいます。

家中の酒は捨ててしまいましょう。

あるいは、今日飲む分(ビール1本2本とか)だけ買い置きするようにしましょう。
缶ビール
フリーフォト写真ACより引用

ぼくの入院仲間のK君は、30代で肝硬変と診断されました。

早すぎますね。

肝臓の働きが人の半分しかないそうです。

当然、酒なんか飲んではいけません。

酒を止めようという気はあるのですが、時々4リットルの焼酎を買ってきて、隠れて飲むそうです。

すぐにお母さんがそれを見つけて、本人に捨てさせるそうです。

(4リットルみたいにでかいのを買うからバレるんだ、なぜワンカップにしないのか、と内心思いましたが)

これは悪い例ですが、飲み過ぎるとこうなります。

そうならないよう、皆さんも飲み過ぎには気を付けましょう!
※断酒233日目

スポンサーリンク



次記事→

前記事→断酒会がしんどい方へ、広島だるま会のご紹介。こんな雰囲気ですよ


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ