※断酒229日目

アルコール依存症で入院しただけなのに

1ヵ月にも及ぶ保護室から、やっと開放され大部屋にもどった。

それから何回か外泊し、なんとか退院できた。

アルコール依存症で入院したのに、酷い目にあった。
ビール 酒
フリーフォト足成より引用

結局、保護室に3回も入れられた。

最初はアルコールを抜くために。

1回目は発作で三日三晩飲まず食わず眠れず。

2回目は躁転(躁状態になる)で1ヵ月も保護室に閉じ込められた。

双極性障害を発症

入院でアルコールは切れたものの、うつ病が悪化し、躁うつ病つまり双極性障害を発症した

聞いた話によると、うつ病の薬のSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)を飲み過ぎると躁転することがあるという。

10代のような若い人に、そのような現象が起こることがあるという。

双極性障害とは

外泊時に双極性障害についてネットであれこれ調べた。

ハイテンションな躁状態がしばらく続き、次はうつ状態がそれ以上長くつづく。
躁状態
フリーフォト足成より引用

躁状態の時は気分が乗っているので病院に行くことはないが、うつ状態の時はしんどいため病院に受診する。

医師はうつ状態の時だけ診察、となってしまうため、うつ病と誤診されることも多いという。

けいれんについて

けいれん発作について調べたが、「パニック発作を起こす場合がある」とは述べられているものの、けいれんについては見つからなかった。

主治医に聞いてみたところによると、けいれん発作には「大発作」と「小発作」があるという。

大発作」は文字通り、大きな発作で、てんかんのように意識がなくなるほどのけいれん発作だ。

小発作」は意識があるものの、筋肉がけいれんしたり固まって動けなくなるという。
発作
フリーフォト写真ACより引用

ぼくに起きた現象は後者のほうらしい。

スポンサーリンク

薬について

躁状態を抑える「デパケン錠」を大量に飲まされるようになった。

薬のせいで、酷いうつ状態になってしまった。

退院後、何か月もベッドに寝たきりで、働くことができなかった。

しんどいので薬を止めると

あまりにもしんどいため、自分でデパケンを除いて飲んだりしてみた。

すると、車の運転中に発作が起きそうになった。

その時は、制限速度60キロの道なので80キロくらいで走行していた。

なんだか「嫌な予感」がしたので、たまたま左車線側にあったコンビニに急停車した。

コンビニに停まったとたん、発作が起きた

全身の筋肉が硬直して、身体が動かなくなった。

意識はあった。

妻が大慌てで119番通報をした。

しかし、救急車が着た頃には発作は治まり、普通に動けるようになっていた。

タバコに火を着けて吸った。

救急隊員には、「もう大丈夫です、すいません、申し訳ない」と言って、帰ってもらった。

もしコンビニに停めてなかったら大ごとだった。

体が硬直し、ブレーキを踏むことなく前の車に激突していたことだろう。
事故
フリーフォト写真ACより引用

後ろから衝突なので100%こちらが悪く、むち打ちにでもなっていたかもしれない。

入院費、慰謝料を請求されていたかもしれない。

危なかった。

怖くなって、デパケンを飲むのを止めるのを止めた


長い長い、4か月にもわたる入院だった。

退院して、これに懲りてアルコールをきっぱり止めた、といえば止めた。

いつも退院したら酒は止めるのだ。

何かがないかぎり。

こんどの断酒が長く続けばよいのだが・・・・・・


・・・・・・ 精神病院 体験談3(完) ・・・・・・


長い間読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



次記事→

前記事→双極性障害と診断された。また保護室に閉じ込められる 体験談3(22)

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ