アルコール依存症での精神病院・入院体験談その2です。


(今は完全断酒も1年を超えて、再就職してなんとかやっております)


今回の実話では、時期が昨年の「合法ドラック法」執行直前でした。


なので、警察が「合法ドラッグ患者を確保」したのに逮捕できず、しかたなく精神病院に送り込んだのです。

そんな人がたくさん入院していました。



現在は、法律が執行されたので、合法ドラックは逮捕されます。



それでは第2話です。



〇精神病院の閉鎖病棟に再入院



僕は今、瀬野川病院という広島一の精神病院の閉鎖病棟に入院している。


また、だ。


精神病院 瀬野川病院
瀬野川病院HPより引用


今、入院している精神病院の閉鎖病棟は、病棟に鍵がかけられている。

ドアから外に出ることのできない、外界からまったく遮断されたところだ。


なぜ外界から遮断されているのか、というと。


その階には、薬物中毒重い統合失調症重い発達障害など、いわゆる放送禁止用語でいわれるような患者たちが入院している。

外界から遮断しないと治療にならなかったり、または社会に迷惑をかけるからだ。



ぼくはその集団にほうりこまれた・・・・・・

というよりぼくがアルコール依存症、いわゆる「アル中」となり、その集団の一員となってしまったのだ。



最初にもらう入院計画書には、「3ヵ月の治療・療養が必要」だと記述されていた。

重い薬物中毒患者、統合失調症患者、双極性障害の人々と一緒に3ヵ月もここで暮らさなければならない。


なんでこんなところに入れられているのかというと。


アルコール依存症のぼくが、決して飲んではいけない「を飲んでしまったからだ。


断酒していたのに、誘惑に負けて飲んでしまった。

3ヵ月はとてもきつい。

きついし、人生の時間の無駄だと思う。

が、自分が悪いのだからしかたがない。

酒が切れれば退院させてくれればいいのに、そうはいかないらしい。


〇パチンコに買った、酒も買った


なぜ飲んだのかというと。

パチンコに行ってめずらしく勝ってしまった。

画像20190305スロ


勝ってうかれていたのか、おめでたな気分だったのか。

ふいに酒が飲みたくなった。


どのように飲んだのかというと。


家族に隠れて近所の商店にこっそりと焼酎を買いに行き。

焼酎をストレートで胃に流し込み。

残りはベッドの下に隠した。



焼酎 酒屋
フリーフォト足成より引用


そして次の日、朝起きてすぐに酒を入れ、夜寝るまで飲み続けた


ただ、自分の部屋で大人しく飲み、決して人に暴力をふるったり騒いだりはしなかった。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ