朝から晩まで飲む連続飲酒

どのように飲んだのか、というと。

前の日に商店で買った酒を隠しておいた。

そして朝から晩まで飲む、連続飲酒という飲み方をした

酒 焼酎
フリーフォト足成より引用

ある日を境に、朝起きて夜寝つくまで、仕事もいかずに数日間ひたすら飲みつづけた。

なんで朝から飲むようになったのか、というと。

ある日を境に、晩酌をしはじめたからである。

それまで断酒を頑張っていたのに、ある日を境に、酒を入れ始めた。

家族にばれないよう、自分の部屋でこっそりと。


なんで夜、酒を入れるようになったのか、というと。

それは断酒中に誘惑にまけて「最初の1杯」を飲んでしまったからだ。

最初の1杯が2杯になり、2杯が4杯になり、晩酌となり、最期には朝から晩まで飲むようになってしまった。

こうなってしまっては断酒の事などどうでもよくなる

朝から晩まで飲むことを、連続飲酒発作という。

なんでそうなるのかというと、なぜならばぼくがアルコールの薬物依存症だから。

連続飲酒
フリーフォトPAKUTASOより引用

アルコール依存症者は1、2杯では済まない

アルコール依存症者は、軽く1杯では済まない。

2杯でも3杯でも済まない。

ブレーキが壊れた車のように飲み続ける。

泥酔状態になって、やっと落ち着く

しかしそれも、アルコールが切れてくるにつれ我慢できなくなり、次から次へとアルコールを入れないと気が済まない。

朝、目が覚めたときから、アルコールを欲している

朝から飲むため、仕事に行かれない。

まっとうな社会生活をおくれない。

人によっては、怒鳴り散らしたり、妻や子どもに暴力をふるったり、性的犯罪を犯す。

アルコール依存症が怒鳴る
フリーフォト足成より引用

スポンサーリンク


最初の1杯さえ飲まなければ、こんなことにはならなかった。

今、広島一有名な瀬野川病院の精神病院・閉鎖病棟、またアル中病棟に入院中である。


AA(アルコホーリクス・アノニマス 断酒会)の冊子より引用

「アルコホリズム(アル中のこと)の専門医も、この最初の一杯を避けるという考え方は医学的にも根拠があると言明しています。直ちにであれ、ある程度の時間がたってからであれ次の一杯を渇望する強迫観念の引き金となるのは、この最初の一杯であり、そのために結局はまた飲酒のトラブルに見舞われることになる。」

・・・・・・AAの冊子「どうやって飲まないでいるか」10頁より引用

家族、会社、断酒会ほか関係者みなさまに多大なご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。

また、大酒飲み、軽度のアルコール依存症の方々に、少しでもぼくの体験が少しでもお役に立ちますように


スポンサードリンク



次記事→

前記事→パチンコに勝った、酒も買った。精神病院に再入院 体験談2(1)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ