〇会社での出世の条件


今日は、うつ病持ちの会社での立場の話をしようかと思います。


まず、サラリーマンなただれもが願うのが、会社での出世ですね。



サラリーマン 出世
フリーフォト足成より引用


会社で、どうすれば出世できるのか。

どうやったら上司に認められ、評価が上がるのか。

どうやったら同僚より先に役職に就くことができるのか。



たいていのサラリーマンであれば、

1.同僚より抜きんでるほどバリバリ仕事をする
  そして成果、数字を上げる


2.残業を惜しげもなくいくらでもやる
  スケジュールが決して遅れることのないようにこなしていく


3.みずから進んで難しい仕事を行い、目立つことをする


4.チームリーダーとして、チームを引き連れてガンガン売り上げをあげる



業種によって違いますが、おおまかにはざっとこんな所でしょうか。



サラリーマン 会議
フリーフォト写真ACより引用


ところが。

うつ病持ちとなると。

みなさんお分かりのとおり、これがぜんぜん出来なくなってしまいます。

〇うつ病になると会社でこうなる


いつもテンションが低く、ハイテンションになることが難しい。

ストレスに弱くなる。

無理ができない、遅くまでの残業などができない。

よって


1.同僚より仕事のペースが遅くなる


2.厳しい残業はなるべく避けてしまう


3.あまり前に出ることを避け、目立たないようになる


4.リーダーになったとしても「熱血リーダー」にはなれない



なによりいけないのが



5.たびたび休むことがある


6.遅刻や早退の回数が人より多くなる



この2点は、人事評価では致命的になりますね


本人がいくら頑張って仕事をこなそうとしても、うつのためどうしても限界がくる。


限界がきて、遅刻早退、もしくは休んだりする


起きれなくなって、午前休を取ったりする


〇うつ病の経験談


ぼくの場合。


ぼくは30代後半まではバリバリ仕事をこなし。


5~6人のチームリーダーとして、年間数千万円の売り上げをあげておりました。


それが、39歳の時の 「うつ病・アルコール依存症 精神病院入院」 事件後。


休職・復職を繰り返し。

・仕事のペースが遅くなり


・残業はあまりできなくなり


・プロジェクトリーダーではあったものの



・たびたび休んだり


・遅刻や早退が多く

・最後にはリーダー職を落とされ


結局は、「会社の足を引っぱるダメ社員」 としての烙印がおされました。



うつ病 ダメ社員
フリーフォト写真ACより引用


当時の同期といえば、部長を筆頭に、ほとんどがリーダーまたは課長クラスになりました。


ぼくは会社の足を引っぱる係。



悔しいです。


本当は、みなと同じようにバリバリやりたい願望があるのに。


身体がついてこないのです。



「仕事があるだけマシでしょう」 という意見もあるでしょうが。


本来描いていた人生図とはまったくかけ離れたものとなってしまいました。



現在48歳。


その会社も病気のため辞めさせられ、3社ほど転々としました。

また入院して、いまは無職

例え就職できたとしても、今後、会社の最先端で仕事をすることはないでしょう。


精神病患者になってしまったことが、本当に悔しいです。



広島ブログ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



無料写真が超たくさん