↑
 クリック

の、つづき。

治療のお役に立つ情報をお届けします。


9.ストレスをできるかぎり減らす


主治医が決まり、クスリも決まりました。

で次はどうするかといいますと。


うつ病の原因となった「ストレス」を取り除かねばなりません

これが一番むずかしいことだと思います。


うつ病
フリーフォト足成より引用


ストレスが「仕事」の場合、 まず有休を使って休むしかないですね。

会社に何と言われようが、重症になる前に手を打たなければなりません

たぶん、ほとんどの方が有休をすでに使い果たし、残ゼロの方が多いと思われます。


その場合、思い切って休職しする手もあるでしょう。

休職するには医師の診断書が必要ですので、主治医に頼めば書いてもらえます。

費用は3,000円くらいです(2013年当時)

※ぼくはうつを繰り返し、5回休職しました。


うつ症状悪化のため、1ヶ月程度の休養が必要

医師のこの一文だけで、まるまる1ヶ月以上、正々堂々と休めます。

会社の就業規則によりますが、月給の6割~7割ほど支払われます。

支払われない場合は、健保から傷病手当金を受けることができます。
(4日以上休んだ場合)

傷病手当金より給料が少なければ、差額を受け取るとこもできます。


会社は、あなたの病気を治してくれません。

会社は、あなたの人生を幸せにはしてくれません。

自分でなんとかするしかないのです。


会社に悪い

とは思う必要はないです。

仕事を頑張ったせいで、うつ病になったのですから。


会社の方はブラック企業でもない限り、対策を考えるか、すでにそういったうつ病患者への対策を施行します。

なぜかというと。


これ以上悪化して、労災にしてほしくない。
 
労災申請すると、会社のほうが労働基準局から叩かれて、賠償金の支払いおよび厳重注意、が待っています。

労働基準局は企業にとってみれば警察です。

査察が入るかもしれません。

会社は大ダメージを受けます。


休職 = なにも仕事をしない社員に、月給の6~7割も払い続けたくない。

はやく元気になって復職し、バリバリ仕事をしてほしい。

という理由ですね。


家でしばらくはのんびりと、ただし規則正しい生活をこころがけ、精神科でもらった薬をちゃんと飲み続ければ、うつ症状がじょじょに回復していきます。

ストレスがないのですから。

毎日が日曜日ですから。


1ヶ月経ってもうつが改善しない場合、「もう1ヶ月休養が必要」という具合に、再び医師の診断書をもらいましょう。

ただし、会社にもよりますが。

3ヶ月ていど休職しても復職できないと、「解雇」される場合があります。

このへんも就業規則に書いてありますので、見落とさないようにしてください。


参考までに記事を。

クリック
  ↓


10.主婦の場合


主婦のかたは。

ぼくは主婦ではないため、あくまでもぼくの考えになってしまいますが・・・・・・



うつ病女性
フリーフォト足成より引用


旦那さんが良き理解者であれば、病院に同行してもらいましょう。 

・一緒に担当医のアドバイスを聞いてもらい、家事の負担を減らしたり

・イクメンになってもらい、育児の負担を減らしたり

(産後うつはまた別です)


良き理解者でない場合、または最近流行りの夫原病の場合は・・・・・・実家に帰るしかないですね。

子どもたちの面倒は、お婆さんに見てもらう。


ストレスが育児と思われる場合、経済的に余裕があれば幼稚園か保育園

その時間だけでも育児ストレスから解放させてもらう。

母親が元気でないと、寝たきりでは、ちゃんと育児できないです。

子どもたちが可哀そうですね。


経済的に余裕がなければ、やはり実家に帰るしかない・・・・・・


さて、サラリーマン方・主婦の方を問わず。

前記をやってみても、ちっとも改善しない。

ちっとも良くならない。


こうなると、うつの原因はほかの所にある、ということになります。

すると、最終手段、入院です。


11.うつがひどい場合、入院する


もちろん、入院給付金をいただかなければ大赤字となってしまうため、生命保険に入っておくのは最低条件ですね。


あと「高額医療費制度」 を申請すれば、ある一定額を超える費用を、保険組合が負担してくれます。

時々条件が変わっているので、都度「高額医療費制度」で検索して最新情報を得てください。

所得によって負担額が変わります

ぼくが在職中に入院したとき(年収500万円くらい)は入院費10数万円支払いましたが。

退職したあと入院したとき(所得ほぼなし)は入院費がたった3万5000円くらいでした。


入院施設がある精神科をネットで探し、入院なので遠くても「評判が良い」病院がいいです。


うつの治療を得意とする病院では、大部屋では結構なストレスがかかるため、個室が安価な場合が多いです。

※ぼくが最初に入院した施設は、2人部屋で月1,000円個室でも月2,000円と激安でした。

ストレスなし、規則正しい生活、薬物療法で、2ヶ月程度の入院で元気になって退院しました。


以上、うつ病の治療にお役に立たばいいなの情報でした。


後日、別の原因でうつ病が再発し、無知のゆえ酒を浴びるように飲んでうつから逃げていたところ「アルコール依存症」と診断され、とんでもない目に合ってしまうのです。

クリック
  ↓
  
  
アルコール依存症 精神病院・入院体験談3
  

スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ