〇アルコール依存症とは、その症状とは


医師にそう診断された方は、アルコール依存症について、症状について、ご自身が体験しておられますからもちろんご存知だと思います。

アルコール依存症は、一昔前までは「アル中」と呼ばれていました。

アル中といえば、あしたのジョーの丹下のオッチャン(丹下 段平)をイメージされる方が多いのではないかと思います。(年配の方に限る)

実は・・・・・・



実はその通りなのです。

朝から酒を飲んでかっくらってる

酒瓶を手からはなさない

まさに、丹下のオッチャンです。

「酒」という、毒の虜(とりこ)になる・・・・・・


泥酔 アルコール依存症
フリーフォトPAKUTASOより引用


そして、ご自身のコトでなくとも、夫や妻が、あるいは父母が「もしかしてアルコール依存症なのでは?」

と、疑っている方も多いかと思います。

しかし、病院、精神科へ連れて行こうにも本人が嫌がる

または泥酔して激怒したりするため行けない。

ほっとけばとめどなく酒を飲み、家庭内暴力や仕事にいかず肝臓のγ―GTPは基準値をはるかに超えている。


どうにも手がつけられない。

日常生活すらまともに送れない、そんな悩みを抱える家族の方々また本人様へ「9年前にアルコール依存症と診断された」ふくより、なにかお力になれることがあれば幸い、と存じます。

以下の例は、常識では考えられない事ですが、「アルコール依存症者にはあたりまえ」 の事です。



1.こういう人はアルコール依存症だと疑え


まず

二日酔いの辛さを、迎え酒で紛らわす


普通の人ですと、飲みすぎで二日酔いで頭がガンガンする、気分が悪い、吐き気がするわとなりますと

「もう酒はこりごりだもう勘弁、もう二度と飲まん」

となりますね。


しかしぼくのようなアルコール依存症はそう思わないのです。

逆に二日酔いの辛さを「さらに飲んで酔っ払う」ことで麻痺させます。


朝から飲んで、会社を休むことがしばしばある


これは、サラリーマンで仕事であまりにもストレスがたまり、毎晩大酒を飲んでしまう方が、おちいりやすいパターンです。

ぼくも仕事が嫌で嫌でしかたがない時期がありまして、朝から飲んで頻繁にずる休みをしておりました。

飲んでずる休みの頻度が増えて来たら、アルコール依存症の可能性大です。

要注意です。



2.帰り道にコンビニで買って飲む


「会社の帰り道にコンビニで酒を買って飲み、帰宅したらすでに酒臭い


会社の帰りにコンビニでビールを買って帰る・・・・・・だけであれば、普通の人ですよね。

しかし、そこで「飲んで帰ってくる」というのは普通じゃありません、異常です。

かなりアルコール依存症に近づいています。

要注意!


ぼくは自宅までの通勤1時間がつらく、毎日会社帰りのコンビニで「いいちこ、または宝焼酎のワンカップ2本を購入し一気飲み」して酔っぱらい・・・・・・

ご機嫌で電車に乗って帰るのですが、家に着くころにはふらふらになっていました。



3.主婦が昼間に飲む


帰宅したら嫁さんのロレツがまわってない。夕飯が塩辛すぎる。


これは断酒会で、主婦の方に聞いた話です。

その方はキッチン・ドランカーで、飲みながら夕食を作っていました。

夕飯を作りながらビール6本もあけてしまう。


キッチンドランカー 主婦
フリーフォトPAKUTASOより引用


6本もあけると、男性でも酔っぱらいますよね。


女性のアルコール依存症といえば、もう25年くらい前の、妻がアル中になってしまう映画

When a Man Loves a Woman

が有名ですね。

若かりし日のメグ・ライアンがアルコール依存症の妻、アンディ・ガルシアが夫の役。

夫が献身的に、なんとかして妻の飲酒をやめさせようとします。

しかしメグ・ライアンの酷すぎる飲みかたに頭にきたアンディ・ガルシアが、空になった酒ビンをゴッソリかき集めてガシャンガシャンとメッタクソに叩き割るシーンが印象的でした。

日本でもアルコール依存症をテーマにした作品がいくつかありますね。

◎有名な西原理恵子氏と鴨志田穣氏夫婦の話

酔いがさめたら、うちに帰ろう」浅野忠信、永作博美主演

毎日かあさん永瀬正敏、小泉今日子主演

◎母親がアル中

カノン比嘉愛未、ミムラ、佐々木希主演

まだいろいろ観たのですが、思い出せない。



4.飲酒運転


平気で酒気帯び運転をする


これも断酒会の、とある家族の悩みです。


まだ記憶に新しい、福岡での事件。

飲酒運転のクルマに、衝突され、川に転落。

三人の子どもたちが川の中の車に閉じ込められ、母親が必死に救出しようとして川に飛び込むが、三つの幼い命を救えなかった。

幼い子供たちが酒気帯び運転の犠牲となった、悲惨な事件でした。


それがきっかけで道路交通法が改定され、酒気帯び運転手および同乗者に厳しい処罰が課せられるようになったことは、記憶に新しい事実です。、

なのでこのご時世、飲酒運転は厳禁。

会社の飲み会でに車で来た人は、絶対に飲まないです。


そんなご時世にもかかわらず、父親が平気で飲酒運転する。

自分はちゃんと運転できるから大丈夫

と言い張る。


飲酒運転 酒気帯び運転
フリーフォト足成より引用


なんのために、処罰を恐れず飲酒運転をするのか。

それは、酒を買いに行くため。

家が住宅地にあればコンビニまで歩いて行けばいい。

でもその方はかなりの過疎地に住んでおられ、酒屋まで行くのに車を運転しなければならない。


事故を起こしたら、人をはねたらどうするのか。

その家族の方は、本気で悩んでおられました。



5.肝臓やすい臓を痛めている


「採血したらγーGTP(ガンマ)の値が基準値をはるかに超え、数100、あるいは数1000ある」

肝臓のダメージの数値として代表的なγーGTP、基準値は80以下です。

※脂肪肝ですと、飲まなくても数値はあがります。


アルコール依存症者ですと、ガンマの値が800、ひどい人は2000とか3000だったりします。

そうなると、肝硬変から肝臓ガンへまっしぐら、大変危険です。

すい臓の数値「アミラーゼ」も高いとすい炎になる可能性があります。

アミラーゼは37~125が基準値です。


「毎日朝から飲んで、酒くさい」

もう、完全にアルコール依存症です。


アルコール依存症の定義のひとつに

「飲んではいけない時に、飲まずにいられない」

というのがあります。


飲んではいけない時とは、上記の

会社に行かなければならないのに、朝から飲む

運転しなきゃいけないのに、飲む

γーGTPが基準値をはるかに超えているのに、飲む

が当てはまりますね。


次は、アルコール依存症者の気持ちを、医者ではなく本人・家族目線で見ていきましょう。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ