※断酒168日目


〇酔っぱらい寝ぼけて自分の靴にアレした男


会社の飲みで、遅く帰ったある日。

午前様になってしまったため、風呂も入らず歯もみがかず、帰ってバタンキューで寝てしまった。

次の日はいつもどおり仕事だったので、目覚まし時計を何回かかけ直してなんとか起きた。

時間がないので朝メシはパスし、シャツとネクタイ、スーツをはおり、玄関で急いで靴を履いて出ようとした。

靴 水びたし しょうべん
フリーフォト写真ACより引用

しかし、靴に足を突っ込むと、濡れて冷たかった。

びっくりした。

なぜか冷たい。

なぜか濡れている

驚いて足を抜き靴を見ると、中に水が溜まっていた

靴のまわりにも大量の水がたれている。


急いで嫁さんを呼んで聞いてみた。

「そんなもん知らん」

という。


長女ナナは当時まだ幼かったので、何かイタズラしたのかと思い、呼んでみた。

「知らない」

という。

ウソをつくような子じゃない。


摩訶不思議な現象だった。

ぼくの靴の中および周りだけ、水浸しのぐちゃぐちゃになっている。

動物はいないので、シッコをかけられたわけではない。

不思議だ・・・・・・


「宇宙人のしわざかね」

「そうかもしれんね」

しょうがないので冠婚葬祭用の靴を履いていこうとした。


急に嫁さんが叫んだ。

あー! 思い出した!

あんた昨日の夜中にトイレにいったでしょ!

「知らん。覚えてない」

「その時、トイレじゃなくて玄関のほうからジョボジョボジョボって音がしよったよ。

便器じゃなくて、靴にしょうべんしたんじゃ!

犯人はアンタじゃ!

えーっ!

便器と間違えて自分の靴にしょうべん!?

しょうべん 小便
フリー素材いらすとやより引用

自分が犯人。

いくら酔ってたとはいえ、なさけないやらなんとやら。


〇台所のゴミ箱にも


さらに嫁が追い打ちをかけた。

「そういえばこの間、台所のゴミ箱がしょうべん臭かったよ!

アンタ便器と間違えてしょうべんしたんじゃろ!

ええ!?

記憶にない。

台所のゴミ箱は、足踏みフタ開き式になっている。

下側の踏むところを踏めば、フタが跳ね上がってちょうど便器にみえなくもない。

ゴミ箱 台所 便器
フリーフォト写真ACより引用

酔ってそんなことをしたのかもしれない。

なさけない。


前述のパンチという鉄板焼き屋で、仲の良いシモちゃん(仮名)にその話をした。

ちょっとした笑い話のつもりだった。

「ふくちゃーん、しょうべんならぜんぜんマシよぉ。ワシなんか大便じゃけえ!

だ、だ、大便・・・・・・上には上がいた。


どっちにしても、酒飲みは家族に迷惑をかける。

申し訳ないばかりだ。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ