断酒196日目

(つづき)


断酒中のアルコール依存症にとって危険なところパート4、コンビニ

アルコール依存症になって。

断酒をはじめて。

酒のコマーシャルからなるべく目をはずすようにして。
井川遥 酒のコマーシャル
GetBeautyサイトより引用

スーパーの酒のコーナーにもなるだけ近づかないようにしてるのですが。


しかし、しょっちゅう訪れるコンビニ。

タバコ、飲料を購入するのですが。

コンビニの飲み物、半分近くは酒

冷蔵コーナーのソフトドリンクのすぐ隣にはチューハイ、ビール

お菓子コーナーの背中には焼酎、ウィスキー

見ないようにしても、ふと目がいってしまう時があります。

コンビニなんかでチラッと目につくのが

ワンカップ日本酒、焼酎

パチスロを打つ時にふと休憩でコンビニに行くと、よけいに目につくような気がします。

なぜなのででしょう。

昔は「宝焼酎」「かのか」などが200円前後だったのが。

昨今はセブンイレブンブランド、ローソンブランドなどでたったの148円とか168円

これが、意外と断酒中の落とし穴になるんですね。
ワンカップ焼酎
Amazonより引用

パチスロにつぎ込む金に比べたらうんと安い。

148円なんてはした金

しかも、昔みらいに1合ではなく、うんとオマケして220ccも入ってる。

この手頃さが、

焼酎1合くらい、大丈夫じゃないか

パチンコして酔いが醒めれば、家に帰ってもバレないんじゃないか

と、ついつい誘惑に負け、1本だけ買ってしまう。

ちょっとだけ飲んでしまう。


いわゆる

「コンビニスリップ」

もう、何回やってしまったか。

コンビニ
フリーフォトPAKUTASOより引用

高校生が酒を

ワンカップ、じつはぼくは高校生時代からお世話になっていました。

家から高校まで、自転車で40分ほどかかるのですが。

真冬にボタボタと雪がふる季節、寒い。

手がかじかむ。

耳がシモヤケになる。

自転車通学してた方には、辛さがお分かりになるかと。

そういう日は、近所のセブンイレブンで、ワンカップを1つ購入。
画像20190324コンビニ 写真AC
フリーフォト写真ACより引用

クイッと飲んで、上機嫌で通学しておりました。

身体はあったまるし、1時限目まではほろ酔いで気分がいいし、いいことづくめでした。

昭和60年ころでした。


そのころのセブンイレブンでは、レジで

「20歳以上」

のボタンを押さなくてもよかったですし。

ツメエリの学ランで酒買っても、何も言われなかったです。

古き良き時代でした。


そういう土壌があったからこそ、アルコール依存症になったのでしょう。

悲しい限りです。

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症には危険!行ってもいいが(5) スーパー銭湯!

前記事どうぞ→アルコール依存症には危険!辛いイベント(3) 歓送迎会!


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ