※断酒227日目

異常にテンションが上がりすぎ

ぼくは保護室での3日間、72時間に及ぶ飲まず食わず眠れずに耐えた。

そして大部屋にもどった。

平穏な日々を過ごせるかにみえた。

しかし、ぼくはなぜか異常にテンションが上がりすぎていた。

本人はまったく覚えていないのだが。

大声で話し、看護師の背中をバンバンと叩きながら、高らかに笑っていたという。


最初は看護師に

元気になったね

と言われていた。

単に保護室から脱出できたころが嬉しくてテンションが上がっていたのかと思った。

が、その異常なテンションはとどまるところを知らずどんどん上がっていった

やみくもに看護師を捕まえて話かけたり、他の患者に話しかけていたという。
テンションが上がる
フリーフォト足成より引用

家でも異常なテンション

しばらくして、外泊許可がおりた。

久しぶりに家に帰れるし、外泊できるということは退院が近いということだ。

さらにテンションが上がる

車で迎えに来た妻に、病院で起きたありとあらゆることを喋っていたという。

家に帰っても異常なハイテンションは止まらず、普段あまりしゃべらないぼくが妻にしゃべりまくる。

退院したらアレやろう、コレやろうと思いついたものをカレンダーに書きなぐっていた。
カレンダー
フリーフォト写真ACより引用

「アレやろうリスト」は何十行にも及んだ。

なにかもう、無敵になった気分だった。


病院に帰院する日になった。

妻は、「家での状態」を記入する紙切れに、「テンションが上がりすぎて大変だった」のようなことを書いていた。

病院にもどり、

「戻りました!」

大声でさけんだ

スポンサーリンク


双極性障害との診断


妻が記入した紙と、看護師がぼくの状態を主治医に報告したのだろう。

その日に診察室に呼ばれ、言われた。

「どうも、うつ状態から躁転(躁状態)しているようですね。
双極性障害
フリーフォト写真ACより引用

双極性障害かもしれません。落ち着くまで、保護室にいてください」

ソウキョクセイ・・・・・・ナニソレ。

躁うつ病のことです。薬も変えます」

なんだそりゃ。

今思えば、けいれん発作も異常にテンションが上がるのもなにもかも、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)の飲み過ぎでうつ状態から躁状態になり、双極性障害(躁うつ病)を発症していたのだ。

「また保護室・・・・・・」

少し前まで苦しみを味わった保護室に逆戻り。

げんなりした。

退院は間近ではなかったのか。

なぜ保護室に行かないといけないのか。

そのころは双極性障害について何もしらず、ネットがないので調べようがない

指示に従うしかなかった。

双極性障害用に薬に変わり、また保護室へ

また牢獄に閉じ込められた。
保護室
フリーフォト足成より引用

荷物も持ってこられたので、長くなるということか。

薬は、SSRIがすべてなくなり、変えられて「デパケン錠」というのと「エビリファイ」になったと思う。

デパケン錠を飲み始めると、一気にテンションが下がった

今度はうつ症状が強くでて、辛いばかりとなった。


この牢獄の苦しみがあんなに続くとは、その時は考えもしなかった。

スポンサーリンク



次記事→

前記事→生死の境72時間。とにかくけいれんが起こる、つらかった 体験談3(20)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ