うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

カテゴリ: 精神病全般

スポンサードリンク
※断酒199日目

ストレスがたまった時

ストレスの対処法をやってみましょう。

テレビの健康番組などで、「ストレスマネジメント」などよくやっていますが、いざ自分にストレスがかかると、そんなことは頭の外。

イライラいらいらして、どうしてもストレスを溜め込んで、「いつか爆発」なんてことになるといけません。

爆発して酒を飲んでもいけません。

今、ストレスが溜まっている場合。

ちょっと復習がてら、ストレス解消法を思い出してみましょう。
ストレスがたまった
フリーフォト足成より引用

※ここではうつ病がある人やアルコール依存症者を対象としていますので「お酒をたしなむ」ことは記述しません
上記以外の一般の方なら、お食事前に一杯の缶ビールでほどよくリラックスすると良いでしょう。

~たとえばこんなケースでは~

会社の人間関係がうまくいかず、いつもイライラする

家に帰っても、イライラを家族にぶつけてしまい、家庭の空気が悪くなる。

どうしたらよいか。

1.お喋りをする

ひとりでもんもんと考え込んでいると、マイナス思考の負のスパイラルに陥ることがあります。

自分のミスで仕事がうまくいかなかった。

 → 次も、またミスをするかもしれない

上司の言い方が気に食わない。

 → 次も、また言われるかもしれない

ひとりでトイレにうずくまっていると、ロクなことになりません。

こういうときは、仲の良い同僚や友達に電話しましょう。
電話する
フリーフォト足成より引用

「そんなの気のせいでしょ」

「それは自意識過剰。誰もそんなことを思ってない

自分が思っても見なかった視点から、励ましを得られるでしょう。(友達にもよる)

あるいは、親身になって良きアドバイスを送ってくれるかもしれません。

ミスは誰にでもある。次がんばればいい

あの上司、家庭がぐちゃぐちゃで、だれにでも当り散らしとるよ

お腹の中を吐き出したらスッとする覚えは、みなさんにもあると思います。


この場合、できるだけ「明るい性格の人」と話をしましょう。

ネガティブ思考の人に悩み相談をすると、逆に向こうの悩みを打ち明けられ、こちらがアドバイスをさせられるハメになり、よけいにストレスが溜まります。

2.静かな音楽を聴く

大音量でノリノリのハードロックで跳ね回ってもよいのですが、ご近所迷惑になるかもしれません。

CDショップで売っている、「脳波をα波にしてリラックス系」などの静かな音楽に耳を傾けます。

うとうとして寝てしまってもかまいません。

起きたら、頭がスッキリしていることでしょう。

これは精神科の医師に教えてもらったことです。

3.青い色を見る

聞かれたことがあるでしょうが、空や海の色である青色は、副交感神経を刺激し体温、脈拍、血圧を下げリラックスした状態に導いてくれます。
青い空
フリーフォト足成より引用

また青を見るとセロトニンという癒しホルモンも分泌されるようです。

4.温かいお風呂に入る

ぬるいお湯にゆっくりつかると、副交感神経が活発になりリラックスする、というのは有名ですね。

37~39℃のお湯に、ゆったりとつかります。

また、肌に水圧がかかりますので、足に溜まった血液が押し上げられ、血液の循環が促進されます。

お湯につかると、浮力により、体重が軽くなります。

体重が軽くなると、足や腰の筋肉、関節かかっている負担が軽減され、リラックスします。

5.腹式呼吸をする

健康を目指す方なら、腹式呼吸のやり方はご存知でしょう。

鼻で息を吸いながらお腹(胸でない)を膨らませ、口で息を吐きながらお腹をしぼませる呼吸法ですね。

複式呼吸を5分ほど続けていると、脳内セロトニンの分泌が増加し、脳の副交感神経が優位に立ちリラックスします。

脳内βエンドルフィン(快楽物質)も増加し、気持ちが「ふあぁ~」とします。

※「脳内革命」より

6.ゆるゆるストレッチをする

お湯から出たあとは、筋肉、関節が緩んでいます。

この間に、「ゆるゆるストレッチ」を行いましょう。

「股関節がイタタタタッ」となるような急激なストレッチは、筋肉や筋を痛めるだけでなく、痛みにより交感神経が優位にたち、脳が緊張してしまいます。

腰や、股関節、肩甲骨まわりなどを「イタ気持ちいい」程度に、5分~15分ほど行いましょう。

ユルめに、ユルめに、がコツです。
ストレッチ
フリーフォト写真ACより引用

もちろん、息を止めずに、腹から吐き出しながら行います。

15分もすると、体中に血がめぐるのを感じるでしょう。

次第に、眠くなってきます。

あとはそのまま寝る。

スポンサーリンク



次記事どうぞ→うつっぽい気分になったときにやっておきたい4つの対処法

前記事どうぞ→
アルコール依存症には危険!ヤバイ場面(6) 口説くとき!

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

昨年の入院時に、持病がうつ病 → 躁うつ病(双極性障害)と発展しました。

発展というのはおかしいのか、病状が進行っていうのか。


うつ病 障害者
フリーフォト足成より引用


とにかくそのころ入院していた病棟の患者は、「統合失調症」の人が結構多くて「障害者手帳」 なるものを取得している人が多数いました。

なんのメリットがあるのか詳しくは分からなかったのですが、「躁うつ病」でも障害者手帳が取れるとのこと。

ものは試しと、申請してみました。


退院後に手帳と資料が送られてきました。

結果は「精神障害2級」。

その中の資料の(広島市の場合の)メリットをざっくりまとめますと。


1.精神障害者手帳2級のメリット


〇広島市のメイン交通機関が半額になる

 
 ①バス、市内電車(チンチン電車)、アストラムライン(モノレール)
  の料金が半額になる。


〇タクシーチケットが12枚もらえる


 ②ただし1回につき500円の割引のみ。


〇所得税の障害者控除がある


(確定申告で払いすぎた税金が戻ってくる)

 ③27万円の控除なので、本人だけで 27,000円戻ってくる。

 ④さらに配偶者に扶養されてる場合、配偶者に 27,000円、
  2人合わせて 54,000円戻ってくる。


〇公共施設、映画館が無料か半額程度になる


 ⑤動物園、植物園、スポーツセンターなどは付添人を含め無料に。

 ④映画館が大人1800円のところ、1000円になる。
  付添人にも適用されるため、2人で1600円安くなる。


(こまかく書くと役所の資料みたいに「なにがなんだか分からん」となるため、ざっくりとまとめてます)

一番実感できたのが、①交通機関半額と、③④の所得税54,000円バック、ですかね。 

②タクシーチケットはあんまり使わないですが、雨の日のチョイ乗りでたまに使ってます。


動物園などは小さいお子様持ちの人には多少メリットありですが・・・・・・そもそもの料金が安いし。

だいたい うつ病やら躁うつ持ちだと、ひんぱんには出かけられないのであまりメリットないです。

で、デメリットはというと。


2.障害者手帳のデメリット


昨今、テレビなどメディアではほぼ「障がい者」と「害」の字をひらがな表記して悪いイメージにならないようにするのが当たり前になってますが・・・・・・

〇送られてきた手帳は


障害者手帳


もろ「障害者」。

自分で申請しときながらなんですが、いざ「障害」という字を見ると、やはりメンタル的にへこみます・・・・・・

〇就職する時


 ①自分は健常者として普通に就職するか。

クローズ雇用。障害があることを隠す)

 ②あるいは障害者として、安い賃金を覚悟して就職するか。

オープン雇用。障害を申告する)

決断を迫られるそうです。

ぼくの場合は、無理して前者で就職しました。


で、無理した結果、体調を崩し入院、退職。


その後、ハローワークで失業給付金の手続きをしたのですが。

その際は、かなりのメリットがありました。


そのメリットとは。(またざっくりと書きます)


〇普通の人が普通に「一身上の都合」で退職した場合


・約3ヶ月待たないと給付金が支給されない。支給は約4ヶ月目。

・支給期間は3ヶ月~5ヶ月。

と、けっこう待たないといけないのですが。

〇ぼくように45才で障害者手帳を持っていて体調を崩し入院退職をした場合


 ③ほぼ即(約1ヶ月後)、支給される

 ④支給期間は約12ヶ月


日額4,100円× 30日 = ひと月あたり12万円。

それが約1年つづきます。

とても助かりました。

失業保険 給付金
フリー素材いらすとやより引用


・・・・・・結論としては。

うつ病でも障害者手帳の対象となります。

ぼくは「うつ病 + アルコール依存症」で障害者手帳を取得しました。


・うつ病で通院しながらなんとか会社に通っているが、休みがちな人。

・また、うつ病でたびたび休職を繰り返して、将来的に不安な人。

・自分が「うつ病と診察された」ことを、会社側が知っている。


当てはまる方は、保険として障害者手帳を取っておくのもありだと思います。

また、会社側も障害者を雇用していることになり、補助金などのメリットがあります。


ところで、ホンネをいうとあまり福祉のお世話にはなりたくないという思いが強いのですが。

実際に病気で体調を崩して入院した。 

国家資格を持つ医師が、治療が必要だと診察した。

・サラリーマンを約28年やって、失業保険金を長らく収めていた

酒税もたっぷり収めた

・一部ですが、どう見ても働けそうなのに生活保護を受け、それに甘えて働いていない人がいる。
ぼくはなんとか働こうとはしたが、長くは続けられなかった。


という理由で、気持ちを切り替えて少しだけ恩恵に預かってしのいでいこうと考えています。


年を取るごとに就職は厳しくなりますね。

しかし、今まであせって就職しても、ロクなことにならなかった・・・・・・



スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ