うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

カテゴリ: アルコール依存症には危険!行ってはいけない?

スポンサードリンク
断酒193日目

ご飯と焼肉

先日は次女(中1)の入学式

ということで、お祝いとして久しぶりに家族で焼肉屋へ。
焼き肉 焼肉屋
フリーフォト足成より引用
ぼくが無職のため、もう数ヶ月は、焼肉してない気がします。

以前、よく通っていた店に入店。

そして、いつものオネーサンに注文。

ロース、カルビ、タンにハラミ。

そして「ご飯」と、アルコール依存症者には辛い辛いメニューの注文となりました。

もちろん「おめでとう!」コールはあるものの、そこへ続くはずの「乾杯!」の音頭は当然なし。

ひたすら肉をタレにつけ、ごはんにのっけてほうばる。

美味い、といえば美味い

しかし、アルコール依存症者にはなにか物足りない

ビールと焼肉

そこへ、後ろの席に似たような家族がやってきました。

まず最初の注文が「生ビール4つ!

ああ、これが足りない。
ビール
フリーフォト足成より引用
つい、ぼくもつられて 「ノンアルコール1つ・・・・・・」
と注文してしまいました。

「アルコール依存症者は、ノンアルコールでもいけません」
とは、常套なのですが。

個人的には、これは「ビール党のアル中」のみに限って言えることじゃないかと思います。

以前も書きましたが、ぼくはビールにはぜんぜん興味がなく、日本酒・ワイン、ウィスキーなどのハード・リカー党であります。

酔っ払いすぎた場合、チェイサー代わりにビールを頼む程度。

ノンアルコールと焼肉で、やっと馴れ親しんだ味に満足。

焼肉にコーラ
はちょっと辛い。

酔わないからといって、酒は欲しくはなりませんでした。

ただそれは、ある程度断酒して、今は「飲みたい」欲求がほぼゼロに近いためだと思います。

家族も、以前ノン・アルコールを頼んだときはギョッとしてかなり心配そうにしてましたが、その後、なんら変わることなく断酒に影響なかったため、今は何か言われることはなくなりました。

アルコール依存症でビール党の人

ただし、うちの断酒会でビール党の女性。

ノンアルコールからやはりスリップして、立ち直れずに精神病院へ入院。

3ヶ月以上経ってますが、まだ退院してないです。

やはりダメな人には、ノンアルコールは駄目
ノンアルコールビール
フリーフォト写真ACより引用
個人差があると思いますが、ビール党の人と、断酒を始めてまもない人は、ノン・アルコールは避けたほうが無難だと思われます。

じゅうじゅう焼ける煙の雰囲気と、キムチ、タン塩で、酒がほしくなるのは間違いないです。
いろんな飲食店がありますが、個人的には焼肉屋さんがもっとも危険だと思いました。


断酒中の皆さん、耐えて耐えて頑張りましょう。

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症には危険!避けるべき(2) ソメイヨシノで花見!

前記事どうぞ→アルコール依存症は断酒会に行くべきか?断酒会に来ても酒を飲む人は飲む!(6)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
断酒194日目

アルコール依存症者に危険な所、花見

もう時期が過ぎましたが、次は「花見」でしょう。
花見 ソメイヨシノ桜
フリーフォト足成より引用
日本人は、正月についで「花見は公にドンちゃん騒ぎして良い」と教育されてきたものですから、そりゃもう、当然ドンちゃん騒ぎ。

大酒飲みにとっては公に昼間から飲み始めて真っ先に泥酔できる、それはもう楽しい行事でした。

アメリカ人などは公の場(公園や道路など)での飲酒が禁止されているため、公の場で酒を飲む日本の花見は珍しく楽しいそうです。

今現在、テレビコマーシャルでビールや酒の宣伝をしても何とも思わなくなりましたが。

ニュースで男女いり混じった花見客が、缶ビール飲みながらインタビューされたりするシーンを見ると、やはり悔しいです。

花見、したいです。

オネーサンと一緒に、飲みたいです。

断酒中の人が花見客への仕返し①

どこかの記事にも書きましたが、断酒会で聞いた話。

花見ドンチャン騒ぎのそばを通りかかった断酒中のオジサン。

自分も花見ドンチャン騒ぎをしたいのにできない。

あまりに、あまりに悔しかったのでしょう。

宴会中のそばに近づき。

その場でしゃがみこみ。

両手で砂をいっぱいに握りこみ。

立ち上がった瞬間、砂を弁当や酒の上に撒き散らしました

そして全力で走り去ったのです。

花見客は弁当の上に砂をかけられ、さぞや大騒ぎになったと思われます。

わかるな、その気持ち。
花見客
フリーフォトPAKUTASOより引用

断酒中の人が花見客への仕返し②

そして、またまた断酒会で聞いた別の話ですが。

同じく花見ドンチャン騒ぎのそばを通りかかったオジサン。

花見で宴会中の人って、あぐらかいていて、ちょうど首のうしろのあたりに服とのスキマができますね。

オジサンは歩きながらタバコをふかしていたのですが。

その、火のついたタバコを右手にとり。

花見中のオジサンの首うしろのスキマに「ポイッ」と投げ入れ

そのまま全力で走り去ったそうです。

熱いし取れないし、大変だったと思われます。

わかるな、その気持ち、でもちょっとやりすぎかな。

断酒会での花見

ところで、うちの断酒会でも花見をやります。

やるのですが、ちょっと時期をずらしてやります。

ソメイヨシノはどうしても「酒」を連想するので。

ちょっと時期をずらして、八重桜や梅が咲いている時期に、弁当とお茶だけで花見をします。
八重桜 花見
フリーフォト足成より引用

そうすると、ほんとうに純粋な「花見」となり。

「ああ、いままで花など見向きもせずに飲んでたが、しみじみ見てみると、キレイだなー」

と、しみじみします。


アルコール依存症で花見ができない方、ご家族も協力して、ソメイヨシノではない別の花でお花見をしてはどうでしょうか。

酒が入らないので、純粋に和、花、自然を五感で感じ取ることができますよ。

なんだか和んだ、穏やかな気分になりますよ。

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症には危険!辛いイベント(3) 歓送迎会!

前記事どうぞ→アルコール依存症には危険?行ってはいけない?(1) 焼肉屋!


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
断酒195日目

(つづき)


断酒中のアルコール依存症にとって、危険なところパート3

自分の歓送迎会」または「懇意だったの人の歓送迎会ですね。
歓送迎会 飲み会
フリーフォト足成より引用
この問題は、サラリーマンにとって「もっとも断りにくい飲み会」だからですね。

自分の歓送迎会は、断れない

恩がある方の歓送迎会も、出席せざるをえない

でも、断酒中なので飲めない。

家族からは、当然「行くな!」と反対されている。

しかしサラリーマンの宿命なので、断るわけにはいかない。

どうにか飲まずに事を穏便にすませたい。

誰も傷つけずにWin-Winで事を終わらせたい。

こんな場合、次のように逃げています。

1.ドクターストップで酒が飲めない作戦

飲み会はたいてい

生ビール10個!女性はカルピスサワー2つ!

などから、宴会がスタートしますね。

ここで「ぼくはウーロン茶で」なんて言うと、

なんとTPOのないヤツ

と思われてしまいますので、一応、生ビールを頼んでおきます。

で、

「カンパーイ!」

の音頭で、みなと同じようにグラスをガチガチ当てて、飲むフリをしておきます。

(実際は、泡に口をつける程度)

つづいて、酒飲みの人がすぐ「生、おかわり!」とか言い出しますので、

「スイマセン、ぼくはコーラで」と、どさくさにまぎれて注文します。

すると、

「どしたん、飲めんのん!? ○○の送迎会じゃけえ、飲まにゃ!」

などと返ってきます。

そこで

「スイマセン、ぼく実は、ドクターストップがかかっちゃって。」

と、肝臓のあたりをさすります。

カミングアウトします。
肝臓痛い ドクターストップ
フリーフォトPAKUTASOより引用
すると、さすがに酒飲みの方は事情がおわかりになるのでしょう。

「あー、ドクターストップかーそりゃしょうがないのぉ、残念じゃのぉ」

などと、だいたいの方に理解していただけます。


さすがに医者がダメと言ってるのに「飲め!」と強要する方は、いまどき少ないです。

パワハラになります。

2.酒を飲まないため車で行く作戦

これは、自分で自分に枷(カセ)をかけるためですね。

いくら 「飲みたい」 誘惑にかられても、このご時世さすがに飲酒運転はできません

ドクターストップで、車で来ている

とまでカミングアウトしますと、飲むのを進めるところか、

飲もうとしても、止めてもらえる

というメリットまであります。


さらにもうひとつ。

宴もたけなわ、さあ終わりますか、というときに。

今日、車なんですが、もしよければ送りますよ

と誘います。

中にはタクシー代2000円、3000円もかかる方もおられましょう。

少々遠くても、送ってあげるととても感謝される

「イイやつだ」 とも思われるメリット付き。
タクシー
フリーフォト足成より引用
これで、飲まなくてもだれも文句を言う人はいないハズです。

たぶん、ですが。


それでも無理やり酒を飲まされる会社は、もはや仮病を使うしかない

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症には危険!逃げるべき(4)コンビニのワンカップ酒

前記事どうぞ→アルコール依存症には危険!避けるべき(2) ソメイヨシノで花見!


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
断酒196日目

(つづき)


断酒中のアルコール依存症にとって危険なところパート4、コンビニ

アルコール依存症になって。

断酒をはじめて。

酒のコマーシャルからなるべく目をはずすようにして。
井川遥 酒のコマーシャル
GetBeautyサイトより引用

スーパーの酒のコーナーにもなるだけ近づかないようにしてるのですが。


しかし、しょっちゅう訪れるコンビニ。

タバコ、飲料を購入するのですが。

コンビニの飲み物、半分近くは酒

冷蔵コーナーのソフトドリンクのすぐ隣にはチューハイ、ビール

お菓子コーナーの背中には焼酎、ウィスキー

見ないようにしても、ふと目がいってしまう時があります。

コンビニなんかでチラッと目につくのが

ワンカップ日本酒、焼酎

パチスロを打つ時にふと休憩でコンビニに行くと、よけいに目につくような気がします。

なぜなのででしょう。

昔は「宝焼酎」「かのか」などが200円前後だったのが。

昨今はセブンイレブンブランド、ローソンブランドなどでたったの148円とか168円

これが、意外と断酒中の落とし穴になるんですね。
ワンカップ焼酎
Amazonより引用

パチスロにつぎ込む金に比べたらうんと安い。

148円なんてはした金

しかも、昔みらいに1合ではなく、うんとオマケして220ccも入ってる。

この手頃さが、

焼酎1合くらい、大丈夫じゃないか

パチンコして酔いが醒めれば、家に帰ってもバレないんじゃないか

と、ついつい誘惑に負け、1本だけ買ってしまう。

ちょっとだけ飲んでしまう。


いわゆる

「コンビニスリップ」

もう、何回やってしまったか。

コンビニ
フリーフォトPAKUTASOより引用

高校生が酒を

ワンカップ、じつはぼくは高校生時代からお世話になっていました。

家から高校まで、自転車で40分ほどかかるのですが。

真冬にボタボタと雪がふる季節、寒い。

手がかじかむ。

耳がシモヤケになる。

自転車通学してた方には、辛さがお分かりになるかと。

そういう日は、近所のセブンイレブンで、ワンカップを1つ購入。
画像20190324コンビニ 写真AC
フリーフォト写真ACより引用

クイッと飲んで、上機嫌で通学しておりました。

身体はあったまるし、1時限目まではほろ酔いで気分がいいし、いいことづくめでした。

昭和60年ころでした。


そのころのセブンイレブンでは、レジで

「20歳以上」

のボタンを押さなくてもよかったですし。

ツメエリの学ランで酒買っても、何も言われなかったです。

古き良き時代でした。


そういう土壌があったからこそ、アルコール依存症になったのでしょう。

悲しい限りです。

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症には危険!行ってもいいが(5) スーパー銭湯!

前記事どうぞ→アルコール依存症には危険!辛いイベント(3) 歓送迎会!


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
断酒197日目

(つづき)


最近、流行りのスーパー銭湯に行ってまいりました。

流行りの」です。
スーパー銭湯
フリーフォトPAKUTASOより引用

写真はキレイな女の子が映ってますが、もちろん混浴ではありません

小太りのおじさん3名の裸の写真なんぞはちょっとビジュアル的によろしくないしぼくのブログに許せないし見たくもないでしょうから、女の子にしました。

スーパー銭湯はなんでもアリ

この「流行りの」の部分が凄いんですね。

「岩盤欲アリ」

「露天風呂アリ」

「マンガコーナーアリ」

「ソファでうたた寝コーナーアリ」

「お食事コーナーアリ」

「お土産屋アリ」

「マッサージ屋アリ」

「マッサージチェアアリ」

とにかくなんでもアリ。


遠くの温泉旅館に行かなくても、温泉旅館な気分が味わえ、しかし料金は温泉旅館ほどかからない、お手頃価格。

しかも 「昔ながら」の銭湯とは違い、とにかくナンデモアリ。

あそこの風呂やは凄いよ」 というウワサを聞きつけて、とにかく行ってみることにしました。

ぼくは風呂が嫌いなのですが・・・・・・

風呂嫌いがスーパー銭湯に行く

一行は、車で30分ほどで 「あそこの風呂やはすごい」 の、そのスーパー銭湯に到着。

入り口で入場料大人1400円、岩盤浴の人はさらに追加料金800円ナリを支払い、ロッカー用のグルグルゴム輪っか型のキーをいただきます。

やはり 「流行りの」 だけあって、ちょっと高い気もしますね。


とりあえず、自分と娘らの腕に、グルグルゴム輪っか型キーを装着。

この、グルグルゴム輪っか型キーを装着すると、なんとなく

「全部の風呂に入らなくっちゃ」

「とにかく全風呂を制覇しなくっちゃ」

という気分にさせられますね。


一行もなんとなく 「全風呂を制覇しなくっちゃ」 と風呂制覇戦闘態勢になって銭湯へ。

まず最初は、小さなイスがずらっと横にならんでて、それと同じ間隔で鏡とシャワーとシャンプーセットが並んでいる、いわゆる 「まずは身体をキレイに洗いなさい」 コーナーへ。

念入りに上半身および下半身をボディーソープで、そして頭部をシャンプーで洗います。

ふだんしないトリートメントも、「元をとらなくっちゃ」 と髪を入念にトリートメントし。

スーパー銭湯 大風呂
フリーフォトPAKUTASOより引用

全風呂を制覇

そして大風呂へ。

ここはオーソドックス・タイプの大風呂、しかし奥の方は 「泡が出るタイプ」 になっております。


そして、熱めの湯にちょっとずつ足を入れていき、しゃがみ、肩までつかりますな。

すると、なぜか 「あー、やーれやれ」 と言ってしまいます。

なにが「やれやれ」なのか分からないのですが、「あー、やれやれ」 と口にでてしまいます。

人によっては 「うぃーい、やれやれ」 かもしれませんし、「うーん、やれやれ」 かもしれません。

これを 「大風呂やれやれ現象」 といいます。


多少、身体があったまってくると、さっそく 「全風呂を制覇しなくっちゃ」 に取り掛かります。

泡風呂。

肩、マッサージ風呂。

腰、マッサージ風呂。

泡、足、マッサージ風呂。

露天風呂。

電気ビリビリ風呂。

そして最後に、サウナ。
サウナ
フリーフォト写真ACより引用

サウナで存分に汗を流したあと、シャワーでざっと汗を流し、ガウンに着替えて休憩室・食堂エリアへ。


もう、喉はカラカラです。

喉カラカラの状態で

その、ノドカラカラ状態で食堂エリアに行ったとたん、目に入ってくるのは。

天井から垂れ下がった、 「生ビール480円」 「冷酒350円」 の垂れ札ですね。

よくできてますね。

ぼくは元来、大酒飲みなので、よく言われる

腰に手を当てて、上向きで牛乳をイッキ飲み

なんて 「小学生じゃあるまいし」 と思ってました。


風呂から上がったら、

「腰に手を当てて、上向きで生ビールをイッキ飲み

するものだとずっと思っていましたし、実際そうやってました。


話は戻ります。

風呂あがりの、たいていのサラリーマンまたはオトーサンは、そこで上から垂れ下がっている 「生ビール480円」  「冷酒350円」「から揚げ400円」 「冷奴300円」の垂れ札を目にします。

ノドはカラカラ状態。

すると、洗脳されたようにふらふら~と 「生ビール480円」「から揚げ400円」「冷奴300円」 を注文してしまうんですね。

よくできてますね。


テーブルで、もうすでに出来上がって真っ赤な顔をしたオジサン・オバサン夫婦がいる。

サラリーマンらしきオジサン4人組は、もう宴会に入っている。


そこで、アルコール依存症のぼくは

「スーパー銭湯 = 生ビール、もし可能なら日本酒まで」

と今まで来てたものですから、つい生ビールを意識してしまう。

キンキンに冷えた、周りに霜がはりついたようなグラスに注がれる冷たい生ビールを、手を腰に当て今スグにグイグイ飲みたい。
生ビール スーパー銭湯
フリーフォトPAKUTASOより引用

ここで、ぐっとこらえるのが非常に辛いですね。

カラカラに渇いた喉をうるおすのは、生ビール以外に思いつかないです。

アルコール依存症は非常に危険な心理状態。

背中をトン、と叩かれただけで 「生ビール1つ!」 と注文しそうになる。

危ないです。

まとめ

ちょうど、女性陣 (嫁さん、娘2人) が出てきたので、しかたなく自販機でポカリスエットを購入してもらいました。

腰に手を当てて、ポカリスエットをイッキ飲みしました。

悲しい。


酒も飲まずに仕事のストレスを溜めてらっしゃる方には、スーパー銭湯くらいは良いのでは、と思います。

ですので「温泉党・生ビール党」 で断酒中の皆さん、「銭湯で喉カラカラ、キンキンに冷えた生ビールだけは気を付けましょう

なるべく家族や仲間といくのが無難でしょうね・・・・・・


スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症には危険!ヤバイ場面(6) 口説くとき!

前記事どうぞ→アルコール依存症には危険!逃げるべき(4)コンビニのワンカップ酒

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
断酒198日目


(つづき)

アル中にとってヤバイ場面シリーズ。 次は

口説く時、または告白するとき

好きな人に告白
フリーフォト足成より引用

「好きな人に告白する」

懐かしい響きです。

今は、「コクる」というんですか。

オジサンである筆者には、ピンときませんね。


中高生の頃は、素面(しらふ)で告白したもんです、当たり前ですが。


いや、コクったかどうかは、個人の過去のモテ度によりますね。

いやー、バレンタインで3人同時にコクられてよ~
もてる男 イケメン
フリーフォト足成より引用

なんていうモテ系の方は、スルーしてください。

非モテ系の方だけ、お読みください。

大人になって告白する時、酒の力がほしい

大人になって、酒飲みになったら、そうはいきません。

素面では絶対ムリ。

ほんのちょっとでもアルコールを入れていかないと

好きです、と言う勇気がでない。

素面でカラオケ歌うのでさえ恥ずかしいのに。

一世一代の告白だなんて、素面ではもってもほか。

せめて軽くアルコールを入れておきたい。


しかし「ゆっくり口説いていく」のならなんとかできる。

毎日、「おはよう」と声を掛け、彼女の仕事が溜まって残業なら、お手伝いする。

これならできそうな気がする。

イザという時、アルコールがほしい

でも、イザ、というとき。

いや、非モテ系には、どの場面が「イザ」なのか、女心が分からないものですから「イザ」もわかりません。

「もしかしてこの場面は『イザ、』なのではないか」と、イザ勝手にと思ってしまった時。

そういう時にはアルコールが入ってないと、ダメ。

イザ、という時はなんというか、「勢い」がいるじゃないですか。

勢い、で話をもっていく。

相手を勢いに巻き込んでいく。

勢いで、ひっぱっていく。

勢いで、つい。

相手も飲んでいるなおさら良い。

相手も酔っているとさらに良い。
男女で飲む 酔う
フリーフォト足成より引用

勢いでそうしちゃった。

勢いで、そうなっちゃった。

ここまでくると、ちょっと、勢いありあまる感じですが。

素面だと、ちょっとそこまでできないな。

アルコールの助けがほしいかな。


ぼくは2回結婚してるんですが、どっちも最初のきっかけはバーで知り合いました。

当然、お互いに酔ってました

酔ってはいましたが、

酔っていたしてしまい。朝、気がついたら相手がとんでもないブサイクだった

というマンガのようなことはなかった。

酔ってても、しっかり相手を見極めていたようです。

いやそんな話じゃなかった。

自分に自信をつける?

素面で「口説く」にはどうしたら勇気がでるんでしょう、という話でした。

素面でしゃべることはできる。

でも、くどくための「勢い、押し」が、しらふではどうも足りないような気がする。

酒なしでいくには。

自分に自信をつけておけばいいのではないか?

1ヶ月ほど、腕立て腹筋スクワットをモーレツに頑張って、細マッチョになる。
細マッチョ 腕立て
フリーフォトPAKUTASOより引用

メンズエステで大金を支払い・・・・・・自信をつける。(つくかな?)

仕事を頑張りまくって、自信と財力をつける。

「女性の心をつかむには」ような本を読んで勉強に励む。

ほかの女の子としゃべりまくって、トーク力と 「相手の話を聞く力」(重要) を身につける。


チビデブハゲ男なのにイイ女を連れてる野郎をけっこう見かけませんか。

それは上記のような 「女性を口説く努力と、それによって身につけた自信の結果」 だと思います。

女性が 「チビデブ専」 だった、といような場合を除いて、ですが。


今回は男性中心の話になってしまいましたが、逆もまたしかりだと思います。

女性の方は、「へええ、男ってそんなことばっかり考えてるんだ」 というふうな感じに受け取ってください。

では。

スポンサーリンク



次記事どうぞ→ストレスを解消する6つの方法。あなたのストレス発散・対処法は?

前記事どうぞ→アルコール依存症には危険!行ってもいいが(5) スーパー銭湯!


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ