うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

カテゴリ: うつ病 関連

スポンサードリンク
※断酒200日目

うつっぽい気分になってしまったら

うつ病 抑うつ状態
フリーフォト足成より引用

ストレスが溜まりすぎると、だれでも気分が落ち込み、憂鬱になります。

うつ病とはいえないまでも、「うつっぽい気分」から抜け出せなくなります。

これを「抑うつ状態」といいます。


心身が抑うつ状態に長い間さらされると、うつ病を発症してしまいます。

早めに手を打ちましょう。

前述したストレス対処法のほかに、以下のような方法があります。

1.腹を抱えて笑う

笑いの精神的効果」は有名ですね。

長くなるのでここでは割愛しますが、腹をかかえて笑うと副交感神経を刺激し、脳がリラックスします。

また、「腹を抱えて笑う」というとおり、大笑いは腹式呼吸の一種です。

自然に腹式呼吸を行っていることになり、ストレスを解消しやすくなります。

うつっぽい時に大笑いするのは難しいかもしれません。

吉本新喜劇でも、笑点でも見て、なるべく笑うよう心がけましょう。

2.朝、日光浴をする

抑うつ状態になると、朝起きあがれなくなり、暗い部屋に閉じこもりがちになります。

休みの日は、昼まで布団の中、という方が多いのではないでしょうか。


昼間に寝てしまうので、夜眠れなくなり、夜更かしをして、ますます朝が起きれないという悪循環になっていませんか。

いっそのこと朝ムリヤリに起きて、朝日を浴びましょう。
日光浴 朝
フリーフォト足成より引用
朝日を浴びると、体内時計がリセットされます。

日中を行動的に過ごせるようになります。


朝7時に日光浴をすれば、体内時計がリセットされ、14時間後、脳の中に「メラトニン」というホルモンを分泌しはじめます。

ちゃんと日光浴をすると、夜9時ごろ、眠気を誘発するメラトニンが分泌されますので、眠くなったらそのまま眠ってしまいましょう。

翌朝、また早起きして、日光浴です。

3.「寝逃げ」をする

抑うつ状態になったら、「起きてるだけでもシンドイ」という気分になりますね。

ますますうつ状態が悪化してしまいます。

お酒を飲んで気分を紛らわす、これもいけません。

アルコールに頼るとクセになり、へたするとアルコール依存症になりかねません。

アルコール性うつで、酔いがさめたら、ますますうつっぽい気分になることがあります。

こうなったら、もう「寝る」。
寝る うつ病
フリーフォト足成より引用

可能なら、なにもかもほったらかして寝てしまいましょう。

短時間の睡眠でも、気分がスッと楽になります。

4.薬に頼る

抑うつ状態が長く続くと、本物のうつ病になってしまう危険があります。

自分ではどうにもならないと思ったら、早めに神経科や心療内科のアドバイスを受けましょう。

早ければ早いほど効果的です。
神経科 クリニック 医者
フリーフォトPAKUTASOより引用

場合によっては、軽い精神安定剤や睡眠薬を処方されるかもしれません。

精神安定剤を服用することで、気分はだいぶ楽になります。

これで少しでもうつ病が予防できればよかったと思います。

このまま、ストレスの原因がなくなるまで耐えましょう。

本物のうつ病になってしまうと、薬漬けになり治癒に2~3年はかかってしまいます。

不眠や不安感が際限なく続き、仕事もままならなくなり最悪のパターンにハマります。

それだけはどうにか避けましょう。



スポンサーリンク



次記事どうぞ→ED?うつで男が役に立たなくなった時の対処法

前記事どうぞ→
ストレスが溜まったときにやっておきたい6つの対処法。あなたの発散法は?

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

  ↑
 クリック

の、つづき。

治療のお役に立つ情報をお届けします。


9.ストレスをできるかぎり減らす


主治医が決まり、クスリも決まりました。

で次はどうするかといいますと。


うつ病の原因となった「ストレス」を取り除かねばなりません

これが一番むずかしいことだと思います。


うつ病
フリーフォト足成より引用


ストレスが「仕事」の場合、 まず有休を使って休むしかないですね。

会社に何と言われようが、重症になる前に手を打たなければなりません

たぶん、ほとんどの方が有休をすでに使い果たし、残ゼロの方が多いと思われます。


その場合、思い切って休職しする手もあるでしょう。

休職するには医師の診断書が必要ですので、主治医に頼めば書いてもらえます。

費用は3,000円くらいです(2013年当時)

※ぼくはうつを繰り返し、5回休職しました。


うつ症状悪化のため、1ヶ月程度の休養が必要

医師のこの一文だけで、まるまる1ヶ月以上、正々堂々と休めます。

会社の就業規則によりますが、月給の6割~7割ほど支払われます。

支払われない場合は、健保から傷病手当金を受けることができます。
(4日以上休んだ場合)

傷病手当金より給料が少なければ、差額を受け取るとこもできます。


会社は、あなたの病気を治してくれません。

会社は、あなたの人生を幸せにはしてくれません。

自分でなんとかするしかないのです。


会社に悪い

とは思う必要はないです。

仕事を頑張ったせいで、うつ病になったのですから。


会社の方はブラック企業でもない限り、対策を考えるか、すでにそういったうつ病患者への対策を施行します。

なぜかというと。


これ以上悪化して、労災にしてほしくない。
 
労災申請すると、会社のほうが労働基準局から叩かれて、賠償金の支払いおよび厳重注意、が待っています。

労働基準局は企業にとってみれば警察です。

査察が入るかもしれません。

会社は大ダメージを受けます。


休職 = なにも仕事をしない社員に、月給の6~7割も払い続けたくない。

はやく元気になって復職し、バリバリ仕事をしてほしい。

という理由ですね。


家でしばらくはのんびりと、ただし規則正しい生活をこころがけ、精神科でもらった薬をちゃんと飲み続ければ、うつ症状がじょじょに回復していきます。

ストレスがないのですから。

毎日が日曜日ですから。


1ヶ月経ってもうつが改善しない場合、「もう1ヶ月休養が必要」という具合に、再び医師の診断書をもらいましょう。

ただし、会社にもよりますが。

3ヶ月ていど休職しても復職できないと、「解雇」される場合があります。

このへんも就業規則に書いてありますので、見落とさないようにしてください。


参考までに記事を。

クリック
  ↓


10.主婦の場合


主婦のかたは。

ぼくは主婦ではないため、あくまでもぼくの考えになってしまいますが・・・・・・



うつ病女性
フリーフォト足成より引用


旦那さんが良き理解者であれば、病院に同行してもらいましょう。 

・一緒に担当医のアドバイスを聞いてもらい、家事の負担を減らしたり

・イクメンになってもらい、育児の負担を減らしたり

(産後うつはまた別です)


良き理解者でない場合、または最近流行りの夫原病の場合は・・・・・・実家に帰るしかないですね。

子どもたちの面倒は、お婆さんに見てもらう。


ストレスが育児と思われる場合、経済的に余裕があれば幼稚園か保育園

その時間だけでも育児ストレスから解放させてもらう。

母親が元気でないと、寝たきりでは、ちゃんと育児できないです。

子どもたちが可哀そうですね。


経済的に余裕がなければ、やはり実家に帰るしかない・・・・・・


さて、サラリーマン方・主婦の方を問わず。

前記をやってみても、ちっとも改善しない。

ちっとも良くならない。


こうなると、うつの原因はほかの所にある、ということになります。

すると、最終手段、入院です。


11.うつがひどい場合、入院する


もちろん、入院給付金をいただかなければ大赤字となってしまうため、生命保険に入っておくのは最低条件ですね。


あと「高額医療費制度」 を申請すれば、ある一定額を超える費用を、保険組合が負担してくれます。

時々条件が変わっているので、都度「高額医療費制度」で検索して最新情報を得てください。

所得によって負担額が変わります

ぼくが在職中に入院したとき(年収500万円くらい)は入院費10数万円支払いましたが。

退職したあと入院したとき(所得ほぼなし)は入院費がたった3万5000円くらいでした。


入院施設がある精神科をネットで探し、入院なので遠くても「評判が良い」病院がいいです。


うつの治療を得意とする病院では、大部屋では結構なストレスがかかるため、個室が安価な場合が多いです。

※ぼくが最初に入院した施設は、2人部屋で月1,000円個室でも月2,000円と激安でした。

ストレスなし、規則正しい生活、薬物療法で、2ヶ月程度の入院で元気になって退院しました。


以上、うつ病の治療にお役に立たばいいなの情報でした。


後日、別の原因でうつ病が再発し、無知のゆえ酒を浴びるように飲んでうつから逃げていたところ「アルコール依存症」と診断され、とんでもない目に合ってしまうのです。

クリック
  ↓
  
  
アルコール依存症 精神病院・入院体験談3
  

スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
  ↑
 クリック

のつづき。

治療のお役に役立つ情報をお届けします。


7.どの病院に行けばいいのか


どんな病院に行けばいいかというと・・・・・・

精神科」「心療内科」「神経科クリニック」 

などとホームページや看板に書いてある病院ですね。

ほぼ、うつ病患者を多く扱っていますので、
優しいドクターが多いです。


医師 医者 うつ病
フリーフォトPAKUTASOより引用


ただし。

『主治医の性格が、患者であるあなたと合う、合わない』 によって、その後の治療効果、および人生が大きく変わってきます

合わない人と毎週のように話しをしなくちゃならない、となると、続かないということになります。

そもそもうつ病で家から出るのもしんどいのに、合わない医師との診断なんて、絶対おっくうになって続かないのです。


何回か通ってみて、

「なんだか、合わない」

と感じたら、別の病院へ行きましょう。


セカンド・オピニオンです。

(ぼくがいま通っているクリニックは4件目です)


医者 医師 うつ病
フリーフォト写真ACより引用


それと合わせて、病院の距離も考えておかないといけません。

あんまりにも遠いと「通うコトそのもの」がおっくうになります

なるべく家に近い場所が良いです。


あたり前ですが、ネットで調べたりグーグルで「〇〇市〇〇区 病院 精神科」などで検索しますと、「なんとか心療クリニック」 みたいなのがたくさん出てきます。



でも述べましたように、うつ病の患者には、だいたいの先生は優しく接してくれるのですが。

それでも、数回通って 「合わない」 と感じたら、すぐに担当医を変えてもらうか、病院を変えましょう

病院に行くだけでもしんどいですが、うつ病を治すため、治療のためにはいたしかたありません。

「この先生とすごく性格が合う、とても楽しい!」 とまでは言いませんが「まあ、この先生でいいのではないか?」 あたりで妥協しておけば良いと思います。


そして、ほとんどの場合

「薬を2週間分出しとくね」

と言われ、2週間に1回通えばいいのかと思いがちです。

しかし実際は、そうではありません。

週に何回通っても良いのです。

逆にいえば、体調がわるければ何回も通院するべきです。


これは何が言いたいかと申しますと。

「なにかちょっとでもオカシイ」 と感じたら、すぐに病院に行きましょう

そうすると、先生が別のアドバイスをしてくれたり、それに合うクスリをもう一度処方してくれます。

ぼくも症状がひどい時期に、少しでも「変だ、おかしい」と思ったら、すぐに主治医のもとへ駆けつけました。

そのためも、診察費用や薬代を削減する目的で、前述した自立支援手帳があるとよいです。

無料か、月1000円などの上限しか払わずにすみます。


8.うつ病の原因、ストレスをなくす


主治医が決まり、クスリも決まりました。

で、次は。

うつ病の原因となった “ストレス” を取り除かねばなりません。
ストレス うつ病
フリーフォトPAKUTASOより引用


実はこれが一番難しいですね。

そもそもストレスがなければ、うつ病にならないですから・・・・・・

では次回。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

今回は、前話の

 クリック
   ↓
   ↓

の、つづき。

うつ病が完治した体験、および治療にお役に立てればいいなという情報をお届けします。



5.うつ病が治った完治体験談


結論から申しますと。

ぼくの場合、20代後半に発症したうつ病が、約3年の闘病生活のすえ完治しました。

すべてのクスリが消え』 ました。

※ただし、別の原因で39歳で再発しましたが・・・・・・



で、クスリについてですが。


薬 抗うつ剤


よく耳にするのが 

副作用が怖い。依存して、やめられなくなるのが怖い」 

と、恐れていらっしゃる方が多いようです。


しかし、現代の「抗うつ薬」副作用はほとんどありません

「精神安定剤、睡眠薬」にベンゾジアゼピン系で依存が出るものがありますが、最近はベンゾ系をなるべく処方しない医師が増えているようです。

ネットの「ハイパー薬事典」などでクスリの名前を検索すると、その効果と副作用が必ず書いてあります。

しかし、副作用の欄にだらだらと述べてあることは、どのクスリも皆おなじ。

眠くなる可能性があるため、車の運転は避けてください

て、風邪薬と一緒・・・・・・。

新ルルAゴールドDX錠の瓶にも同じこと書いてある・・・・・・

風邪薬飲んでも運転するときは運転する・・・・・・


実際にぼくの主治医である木村神経科内科クリニックの木村先生が

酒・タバコのほうがよっぽどか身体に悪いわ!

クスリの副作用なんかたかが知れたもんじゃ!

と怒鳴っていたのが印象的でした。


で、ぼくのクスリが消えた体験はといいますと

『自ら意識してムリヤリにクスリをやめた』

のではありません。

実際に、うつ症状が最悪の時。

クスリの量は、まず抗うつ剤を食後4錠、朝、昼、晩。

昔すぎて薬名を忘れましたが、要するに1日1シート分12錠

それに精神安定剤を4錠づつ1シート12錠

単位が「錠」ではなくシート。


睡眠薬は、

「最強、もうこれを超えるのは麻酔銃しかない」 

とうたわれる「べゲタミン」B錠。

それにハルシオン2錠にサイレース2錠にナントカ2錠にカントカ2錠、計10錠を軽く超えていました。

それらをサントリー・ジン、またはウォッカ(アルコール度数50パーセント前後の酒)でごくりごくりと胃に流し込み、酔い×睡眠薬の効き目でやっと眠る、毎晩そのくり返しでした。

※睡眠薬とアルコールの組み合わせは非常に危険ですので、皆さんは絶対に真似しないでください。


当時は彼女であった看護師の嫁さんに、その光景はどのように映ったのか・・・・・・


睡眠薬 うつ病
フリーフォト写真ACより引用


抗うつ剤を1シート、安定剤を1シート、睡眠薬10錠超えをアルコールで流し込む辛い辛い日々がつづき。


そして年月が経過。

クスリが効きはじめ、同時に看護師の彼女の介護が効いたのでしょうか。

だんだんとうつ症状が軽くなっていきました。

そして彼女と結婚し、安心感を得たのでしょうか。

3年間、辛い辛い日々を耐えぬき。

最終的に、うつ症状をほとんど感じなくなってしまいました。


ふだん、うつのことをまったく気にもすら留めなくなってしまい、

あ、今日、クスリ飲むのを忘れた

と夜、気がつき。


ふとんに入ったらいつの間にか寝てしまい、

あ、昨日、睡眠薬飲むのを忘れた

と、朝、気がつき。


そんな現象がたびたび起こるようになってきました。


あまりにもひんぱんにクスリを飲み忘れるので、

「え、コレって?

 もしや、クスリなしでも大丈夫なんじゃない?

と、実際に飲まなかったところ、ぜんぜん平気で日常生活が送れました。


健常者と一緒でもツラくない。

あまりにも辛くてしょっちゅう休み、しまいには休職していた仕事場にも休まず行ける

休日は妻と元気にドライブに出かける。

スーパーでの買い物も、そこの派手派手な色彩がツラくなくなり、あちこちから流れてくる「♪お買い物は、フ・レ・スタ」などのくだらない音も耳栓なしで平気になっている。

いつのまにか、自然とクスリが消えてしまいました。


6.うつ病の治療



まず。


で述べたましたように、病院に行って診断してもらい、「SSRI」という、脳内に働くクスリを飲むのが一番効果的でした。

また、怖がらずに睡眠薬を飲み、十分睡眠をとるのも大切。

睡眠不足だと、翌日気分が沈んでうつ症状が悪くなります。基本です。


寝る うつ病
フリーフォト足成より引用


薬代が結構かさむとお考えでしょうが、うつ病の場合は「自立支援手帳」を各自治体福祉センターに行って発行してもらいましょう。

広島市の場合、病院の診察代、薬代がすべて無料となります。

地方自治体によって違うようです。
 治療費が無料、あるいは月額1000円程度が多いようです。

月々数万円もの治療費がすべて無料 (または1000円) になるため、うつ病で休職中で貧乏だったぼくにとっては「自立支援手帳」の効力は大きく、必須でした。


「え、なんでタダになるの?」

と不思議に思われるでしょう。


これはあくまでもぼくの想像ですが、

「うつ病の治療費を広島市が負担してでも、全快してもらって、バリバリに働いて、そして税金をたっぷり収めて欲しい

から?

ではないかな。


酒豪でタバコ吸いのぼくからすると、

「これまで酒税とタバコ税とで病院費用の数十倍をはるかに超える税金をはらってますが・・・・・・」

と思いつつも、甘えさせてもらってます。


話しは元にもどります。

不安や恐怖感を強く感じる方は、精神安定剤も必須ですね。

でないと、一日中、不安感、恐怖感を感じ、辛い辛い日々がつづきます。

精神安定剤は不安感や恐怖感をやわらげてくれます。

そして薬をもらうためには、病院に通わなければなりません。


で、どの病院に行ったらいいかよく分からない、病院なんか行ったことない、嫌い、怖いの方。


いいえ、怖くありません。

基本、痛くないです。


一応採血しますので、チクッとはします。

しかし。


歯医者に比べればぜんぜん痛くないです。

歯医者に比べればぜんぜん怖くないです。

安心してください。


で、どの病院に行けばいいかというと・・・・・・

次の記事で。

 

スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
うつ病とは、その症状とは

第1話で、うつ病経験者の方々からたくさんの共感メッセージをいただきました。

ありがとうございました。




さて、次は うつでも解る、科学的説明です。

うつ病について、わかりやすくご説明いたします。

もちろん 「そんなこと当然知ってますわ」と言われる方も多いとは思いますが、復習のためにどうぞ。

3.うつ病の科学的説明

さて、人間の脳についてです。

脳は神経のかたまりですね。

そして大脳は、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉、中脳は・・・・・・

いきなり漢字の羅列になってしまった。

前頭葉だのなんだのは今回はパスしましょう。


その脳内を電子顕微鏡でものすごくアップしてみますと。


健康な脳 シナプス

図:健康なヒトの脳のシナプスのあたり。 著作権:自分


脳の神経細胞と神経細胞を結びつけるためににシナプスというのがあって、そこの隙間をセロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの・・・・・・

こんどはカタカナの羅列になっしまった。


簡単にいいますと、脳の神経細胞同士はシナプスでつながっていて、そのシナプスの間に神経伝達物質というのが流れています (図の青い玉)。

セロトニン、ドーパミン、アドレナリンなどは有名で、お聞きになったことはあるでしょう。

それが数百億、一千億個の細胞間で働いて、 「考える」「感じる」 ことができるワケです。

(実際に働いてるのは数パーセントらしいです)


そして、健康な人の脳には大量の神経伝達物質が流れて、脳が活発に働いています。

健康な脳
健康なヒトの脳。 著作権:自分


ところが。

脳が、あまりにも酷いストレスに長時間さらされると・・・・・・

神経伝達物質が少量しか流れなくなり。

しかも、受け取るほうの受容体という部分も、神経伝達物質をあまり受け取らなくなります。


うつ病の脳 うつ病

少ない神経伝達物質


せっかく出した神経伝達物質も、受け取ってくれないので余って元にもどったりします。

うつ病の脳 シナプス



結果、脳がほとんど働かなくなります。

うつ病の脳 うつ病

これが、うつ病の正体。


なので、うつがひどい時はテレビを観てもまったく面白くなかったり


読書しようにも1ページも進まなかったり


健康な時は簡単にできていた、買い物の 「お釣り」 が計算できない


ものごとの正しい判断ができない・・・・・・などの症状があらわれます。


脳が機能しないので当たり前です。


そして、「楽しい」「嬉しい」 などのプラス感情をまったく感じなくなってしまい。

まるで能面のような無表情になってしまいます。


うつ病 女性
フリーフォト足成より引用


かつ、これはぼくもよくわかってないのですが、 「辛い」「不安」「焦燥感」 などのマイナスな感情だけは感じる。

いや、 「辛い」「不安」「焦燥感」 しか感じない、というのが正確でしょうか。

そしてまったく動けなくなり。

ふとんにこもりきり。

会社に行くだなんてとんでもない。


トイレですら、行くのに勇気と気合が要る・・・・・・


4.効果的な薬


そして今やだいぶ昔の話になりますが、うつ病の治療薬として、画期的なモノが開発されました。

皆さんご存知の 「SSRI」 です。

訳すと、 「セロトニン再取り込み阻害薬」。

これは、前図で 「出した神経伝達物質を、受け取ってくれないので余って元にもどったり」 の所にバリアーをはって、元に戻らなくする働きがあります。

すると、余った物質は、正しい場所に吸収されざるを得ない。


うつ病の脳 SSRI


薬名はパキシル、ジェイゾロフトなどが有名ですね。

ぼくはレクサプロを服用していました。

効いてくるのは2週間をすぎたあたりから、と、時間はかかりますが・・・・・・脳の働きがだんだんと正常に戻ってきます。

吐き気などの副作用が出ることもあるらしいのですが、これは慣れてくるらしいです。

ぼくはアルコール依存 = 常に吐き気をもよおしていため、副作用はまるで感じませんでした。


今流行りの 「新型うつ病」 でない、本来のうつ病患者について。

ストレスをすべて取り除いて、SSRIを服用すれば、かなりの効果があるようです。


ただし、その 「ストレスをすべて取り除く」 という部分が最も難しいのではありますね。

次回のお話で。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

〇うつ病とは。患者本人が語る辛い気持ち


うつ病とは。

その症状とは。

このブログの読者の方は、ご存知だと思います。


しかし、医師や親や嫁、会社がしつこく言うことは聞き飽きました。


それはうつ病でない健常者がいろいろ研究・調査してそう言っているだけですね。


うつ病でない第三者にこちゃごちゃ語られても。

うつ病患者の本当の気持ちなど分かりはしないでしょう。

同じ病気を経験してみてみたらどうだ。

というのが本音じゃないでしょうか。


うつ病 病院 医者
フリーフォト写真ACより引用


あなたたちにいったい何がわかるというのでしょうか。

同じ辛さを味わってみたらどうでしょう。

それを声を大にして言いたい。


理解してもらいたい。

しかし理解してもらえない。


なので、断酒会のように、うつ病患者同士で辛い思いを語りうしかないでしょう。


うつの症状は人それぞれ、千差万別なのが難しいところです。


1.うつ病の発症・症状


ぼくの場合はこうでした。

SE(システムエンジニア)時代、残業250時間という徹夜徹夜地獄、土日もすべて仕事、休みは月に1日とれたらいいほうだったという地獄を4ヶ月味わいました。

その後・・・・・・徐々に仕事量が減ってきたのですが。


その頃、ふと感じたのが

かけがえのない人を失った」 時の気持ち。

心にぽっかりと大きな穴があいた感じ。

その時の感情を思い出せますか。

辛いでしょうが思い出してみてください。

それに近いでしょう。


ぼくは大昔、大切な人を失った時の気持ちがフラッシュバックしました。

まだ失ってない方は、わかり易く言えば

大好きだった恋人に突然ふられ、すべてを喪失した

感じ。


みなさんは彼女(彼氏)にふられた事がある、または離婚したことがあるでしょうか。

その際の気持ちを思い出せますか。

「ふった事はあるがふられた事はない」 などというモテモテ野郎は、ええと想像だけしてください。


いったい何なのでしょうか、この気持ち。

なにもやる気がしない。

動く気力もない。

会社に行くだなんてとんでもない。

休みをとって、一日中ボーッとしている。

そして辛い。

何もないのに不安や恐怖を感じる。

理由はわからない。

楽しいことや嬉しいことはまったく感じない。

気がつくと、一日中ふとんの中だったりする。

でも、眠れない。


眠らなきゃ、眠らなきゃ」 と思うばかりで、どうしても眠れない。


これではイカンとふとんから出てテレビをつける。

しかし、「笑点」などのバラエティを観ても、なぜか笑えない。

漫才やお笑い系の番組を 観てもまったく元気は出ない。


そして 「辛い」 ということは感じても、「楽しい」ことはまるで感じない


まったく気づかないうちに、まわりから 

「どうしたん、何かあったん?

 表情がまったくない、まるで能面みたいよ」  

と言われ始める。

そして、上司の指示で病院に行き、うつ病と診断されました。


うつ病 うつ症状
フリーフォト足成より引用


酒を飲むと、少しだけ辛さが紛れる。

(その頃はまだアルコール依存してませんでした)


酒は、飲んだら必ずうつ症状が悪化するためタブーですね。

(その頃はまだ無知でした)


近年、すこし前からですが 

「仕事に行くのは辛いがコンサートやゴルフに行くのは楽しい」

という通称 「新型うつ」 「仮面うつ」という言葉を聞くようになりました。


しかしぼくの場合は本来のうつ、いわゆるメランコリー型うつで、会社に行けず家に引きこもりまったく動けませんでした。

※「新型うつ」 という病名はなく、科学的根拠もないそうです。


2.うつ病は治るが、再発もする



でも、20代の頃 「残業250時間の徹夜地獄の4ヶ月」 で発症したうつ病は、約3年間の闘病をし、その後、完治しました。

きっかけはぼくの場合、今の嫁さんと再婚したことだと思えます。

それが心理的に安定した状態をもたらしたのだと思われます。

抗うつ薬の中の、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)が効き始めました。

そしてうつ病が治る順番として、

薬を飲み忘れる

が始まりました。


うつ症状が重い時は、薬が手放せない。

精神安定剤が手元にないと怖い。

睡眠薬がないと、まったく眠れない。


画像20160301薬


しかし、症状がよくなってくると、いつのまにか薬を飲み忘れている

不安にならないので、とん服の精神安定剤もいらない。

睡眠薬を飲まないで、居眠りしてしまう。

居眠りのあと、本格的に寝てしまう。


あれ、薬要らないんじゃないの?

そう思って、薬を切ってみましたが、生活にまったく支障なし。

抗うつ剤も睡眠薬も、すべて必要なくなりました。

うつが完治しました。

うつ病は治る可能性があります。

希望があります。


しかし、10年以上経った39歳の時に再発しました。

これについては、まったく別の原因でしす。

うつ病は、1度治っても、なにかのきっかけで再発することがあります。

それについてはまた書きます。


そして無知のゆえ、酒を大量に飲んでいたところ、止められなくなり 「アルコール依存症」 と診断されてしまいました。


他のうつ病患者の場合。

実は元同僚もうつ病にかかり、本人は軽いつもりでいましたが・・・・・・


ぼくと同じ主治医に様子を尋ねると、

「ありゃ相当、重症じゃのう」

と言われました。


本人は主観のため分からないが、医師が客観的に診断すると、とても酷い症状だった。

というケースもあるようです。


次回は、うつ病患者の脳内を 《わかりやすく》 解説します。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談

スポンサードリンク

〇会社での出世の条件



今日は、うつ病持ちの会社での立場の話をしようかと思います。


まず、サラリーマンなただれもが願うのが、会社での出世ですね。



サラリーマン 出世
フリーフォト足成より引用


会社で、どうすれば出世できるのか。

どうやったら上司に認められ、評価が上がるのか。

どうやったら同僚より先に役職に就くことができるのか。



たいていのサラリーマンであれば、

1.同僚より抜きんでるほどバリバリ仕事をする
  そして成果、数字を上げる


2.残業を惜しげもなくいくらでもやる
  スケジュールが決して遅れることのないようにこなしていく


3.みずから進んで難しい仕事を行い、目立つことをする


4.チームリーダーとして、チームを引き連れてガンガン売り上げをあげる



業種によって違いますが、おおまかにはざっとこんな所でしょうか。



サラリーマン 会議
フリーフォト写真ACより引用


ところが。

うつ病持ちとなると。

みなさんお分かりのとおり、これがぜんぜん出来なくなってしまいます。

〇うつ病になると会社でこうなる


いつもテンションが低く、ハイテンションになることが難しい。

ストレスに弱くなる。

無理ができない、遅くまでの残業などができない。

よって


1.同僚より仕事のペースが遅くなる


2.厳しい残業はなるべく避けてしまう


3.あまり前に出ることを避け、目立たないようになる


4.リーダーになったとしても「熱血リーダー」にはなれない



なによりいけないのが



5.たびたび休むことがある


6.遅刻や早退の回数が人より多くなる



この2点は、人事評価では致命的になりますね


本人がいくら頑張って仕事をこなそうとしても、うつのためどうしても限界がくる。


限界がきて、遅刻早退、もしくは休んだりする


起きれなくなって、午前休を取ったりする


〇うつ病の経験談


ぼくの場合。


ぼくは30代後半まではバリバリ仕事をこなし。


5~6人のチームリーダーとして、年間数千万円の売り上げをあげておりました。


それが、39歳の時の 「うつ病・アルコール依存症 精神病院入院」 事件後。


休職・復職を繰り返し。

・仕事のペースが遅くなり


・残業はあまりできなくなり


・プロジェクトリーダーではあったものの



・たびたび休んだり


・遅刻や早退が多く

・最後にはリーダー職を落とされ


結局は、「会社の足を引っぱるダメ社員」 としての烙印がおされました。



うつ病 ダメ社員
フリーフォト写真ACより引用


当時の同期といえば、部長を筆頭に、ほとんどがリーダーまたは課長クラスになりました。


ぼくは会社の足を引っぱる係。



悔しいです。


本当は、みなと同じようにバリバリやりたい願望があるのに。


身体がついてこないのです。



「仕事があるだけマシでしょう」 という意見もあるでしょうが。


本来描いていた人生図とはまったくかけ離れたものとなってしまいました。



現在48歳。


その会社も病気のため辞めさせられ、3社ほど転々としました。

また入院して、いまは無職

例え就職できたとしても、今後、会社の最先端で仕事をすることはないでしょう。


精神病患者になってしまったことが、本当に悔しいです。



スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ