うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

タグ:うつ病

スポンサードリンク
※断酒205日目

ぼくが飲んで泥酔したことで、台風のように家中が大荒れした。

嫁や義母はおおいに立腹、立腹どころか激昴、過去の精神病院への入院・惨事がフラシュバックし、感情のコントロールができなくなっていた。

信じていたのに裏切った、子どもへの悪影響、今後はどうするつもりなのか、とにかく責められ続けた・・・・・・
嫁 激怒
フリーフォトPAKUTASOより引用

再飲酒により飲酒欲求が復活


アルコール依存症者は、たった一回のアルコール摂取、再飲酒により飲酒欲求が復活する。

長い期間、数か月、数年と断酒を続ければ、飲酒欲求がほぼゼロになってくる。

そのままアルコールを断ち続ければ、平穏に過ごすことができる

家庭も仕事も平和に、肝臓のガンマ-GTPも健康値に戻り、健常者と同じように生きることができる。

酒さえ我慢すればよい。
酒 断酒
フリーフォト足成より引用

しかしアル中というのは、「家庭よりも仕事よりも酒を選んでしまう」 という生き物である。

そして、たった一杯のアルコールにより飲酒欲求が100%復活する。

まるで禁煙していたニコチン中毒者が、たった一本のタバコでそれまでの努力を台無しにするかのように。

大量飲酒の復活

これまで我慢していた酒を、せきを切ったように大量に飲む。
再飲酒 大量飲酒
フリーフォトPAKUTASOより引用

これを山型飲酒という。

さらには、ほぼ連続飲酒に発展する。

連続飲酒・・・・・・朝起きてから寝るまで、酒を飲み続けること。
健常者は朝起きてすぐに酒を飲もう、なんてことはまるで思わない。
ところがアル中は、ニコチン中毒者のように朝からアルコールを欲する。

逆にいうと、朝からの連続飲酒によって出社すらままならなくなり、最終的に 「アルコール依存症」 と診断されるのである。

飲酒によりうつ病が悪化する

これはうつ病の常識になるが、酒を飲むと必ずうつ症状が悪化する。

うつ病にアルコールは厳禁であり、さらにアルコール性うつという症状が重なってくる。

ぼくの胸はしめつけられるように痛くなり、ジアゼパム(精神安定剤)をかじってもかじっても不安感がおさまらなくなった

その不安感や恐れをまぎらわすため、さらに飲む。

酔ってしまえば不安感は消える。

しかし酔いが覚めればさらに強い不安感が襲ってくる。

それを消すため、さらに飲む。

また不安感が強くなる。

どんどん負のスパイラルに落ちていく。

わかっていても止められない。

誰かぼくをなんとかしてくれ!!
負のスパイラル 悩む
フリーフォト足成より引用

飲酒により出社ができない

前述した 「ぼくが主人公」 の送別会が行われた後、4月から新会社に出社する予定だった。

しかし4月に入っても、出社ができなかった。

正確にいうと、3日は出社した。

2週間でたった3日。

連続飲酒までにはならずなんとか我慢していたが、飲酒は止められず 「連日飲酒(晩酌)」 はどうしても止められなかった。

嫁がたまりかね、
「次の月曜までに止めなければ、また精神病院に入院させる。」
と言いだした。

※病棟から一歩も出ることのできない、閉鎖病棟

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症者は酔えればいい!家で酒を隠し始める 精神病院 体験談3(4)

前記事どうぞ→ついにスリップ、再飲酒してしまった。家が大嵐になった 精神病院 体験談3(2)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒201日目
ED カップル

フリーフォト足成より引用

うつ病の発症

ぼくが初めてうつを発症したのが、たしか28歳の頃。

20数年前の話です。


そのころ、仕事で残業250時間という、世にも恐ろしい勤務。

毎晩、徹夜のような朝帰り。

休みは月に1日とれたら良いほう。

いつのまにか夜に眠れなくなり、なにもやる気がおきなくなり。

仕事に出られなくなりました。


上司の命令で神経科を受診したら「うつ病です」と。

当時は「うつ病ってなんですか?」でした。

今なら、労災で訴えてやるのですがね。

20代のその頃は、そんな知識もなく。

毎晩、バーで酒をあおる日々をつづけていました。

そんなこんなしながら、1年もたった頃。

そのバーで、今の嫁さんと出逢いました。

そのころの嫁さんは、まだ魅力的な女性でした。

役に立たない!

そして、女性と知り合ったら、男の任務はアレ。

になりますね。


デートは必ずそのバーから始めていたので、二人とも酔っぱらってから。

酔っぱらっていますから、ソレに至るまで、そう時間はかかりません。

部屋で、AからBまですんなり進みます。

さあCへ、という時に!


我ながら唖然・・・・・・


アレがピクリとも反応していない!
ED 驚く
フリーフォト足成より引用

手でどうにかしても反応せず。

今日は酔っぱらいすぎたかな

と、なんとか取りつくろいました。


なんたること!

焦ったぼくは、すぐ主治医へ相談にいきました。

次の日、精神科に相談のため受診し、アドバイスをもらいました。

Cの時に役にたたない!

なにせ、彼女が出来たばかりなのにできないなんて、たまりません。

あせるばかりです。

1.カフェインを大量に摂取する

で、主治医にコトのあらましを話しました。

すると主治医からつぎのようなアドバイスをうけました。

リポビタンDとかそういうのを直前にのんで、カフェインを捕りなさい

カフェイン 栄養ドリンク
フリーフォト足成より引用

ご存知のように、カフェインには「気分の高揚」「興奮作用」がありますので。

コトが始まる前に、滋養強壮剤を飲んでから始めなさい、ということですな。


話は違いますが、格闘技の試合前、まずコーラの入れ物を激しく振って炭酸を抜き。

そして炭酸なしコーラをイッキ飲みして試合に臨む選手もいるとのことです。

カフェインとブドウ糖を一気に摂取。

一気に興奮して試合に臨む。

理論的に、あってますね。


ぼくも、カフェインを一気に摂取して、夜の試合に臨みました。


・・・・・・その晩も、無惨な結果に終わりました。


やはりぼくは、役に立ちませんでした。

2.バイアグラを処方してもらう

次の日、またあわてて主治医に相談にいきました。

「ダメだったか。じゃあ、バイアグラ飲む?」

主治医は、さらっと「バイアグラ」と言ってくれました。


そう、それ。


それを言ってほしかったのです。

マジメに口に出すのが恥ずかしい、「バイアグラ」。

(20年くらい前の話ですので、当時、それ用のクスリはバイアグラしかありませんでした)


不思議なことに、主治医は薬局ではなく、机の引き出しをあけ、バイアグラを取り出しました。

(確か)「25ミリグラムが1100円、50ミリグラムが1200円、100ミリグラムが1300円。とうする?」
バイアグラ
浜松町第一クリニックHPより引用

高い


しかし、病院から出る正規品、しかも彼女との行為がうまくいけば、「安い」とも言えるでしょう。

始めて飲むクスリなので、恐る恐る「25ミリグラムを」と頼みました。


バイアグラがなぜ机から出てきたのかは、いまでも謎です。

「Cの時、役にたたない!」

「そして、バイアグラ(25ミリ)を処方してもらった!」

その結果、どうなったのでしょうか。

3.バイアグラ(25ミリ)が処方された結果

バイアグラは、使用する、というか行為の4時間前に服用しなければなりません。

これは微妙ですね。

「絶対にOKしてくれる」

または

「強引にOKさせる」

ことをしないと、1100円が水の泡となってしまいます。

自分の右手だけのために、1100円は使いたくないですから。


結局、バイアグラ(25ミリグラム)効果のほどは。


・・・・・・実戦途中で折れました。


ああ、情けない。

あわてたぼくは、次の日、また主治医のところにいきました。

ぼくはナニのために、何回、主治医を訪れているのでしょうか。

4.バイアグラ(100ミリ)の処方

またクリニックに伺いました。

主治医に「25ミリグラムじゃあ、ほとんど効かなかった」旨を話しました。

「じゃあ、100ミリいっとく?

主治医は、またも
不思議な机から、バイアグラをとりだしました。

青い菱形、裏にはドーンと「100ミリグラム」との記載。
バイアグラ
浜松町第一クリニックHPより引用

むむ、これは効きそう。

ここまで来たのですから、あとには引けません。

一粒1300円、ということで購入しました。

今夜も可能な雰囲気。

ぼくは4時間前に100ミリグラムのそれを服用しました。

彼女と、いい雰囲気でデートし、部屋にもどりました。

そして、Aから順に、B、C、と順調にコトを進めました。

すると、何ヶ月ぶりでしょう。


みごとに復活。


やっと、満足できました。

後日、「バイアグラ(100ミリ)」を6錠、購入。

やはり、症状が重いうつ病の場合、クスリに頼るしかないです。
心臓疾患がある人は、バイアグラは服用できません。 腹上死します。)

20年以上前の話です。

最近は「シアリス」「エキシラー」など、新薬がいくつかでているので、
クリニックの先生によく相談して、正規品を試してみてください。

※他の名前がついてるのは、「バイアグラ・ジェネリック」だったりします。
ネットで調べましょう。

スポンサーリンク



次記事どうぞ→断酒の自信はあった。しかしそれは慢心だった 精神病院 体験談3(1)

前記事どうぞ→うつっぽい気分になったときにやっておきたい4つの対処法

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒200日目

うつっぽい気分になってしまったら

うつ病 抑うつ状態
フリーフォト足成より引用

ストレスが溜まりすぎると、だれでも気分が落ち込み、憂鬱になります。

うつ病とはいえないまでも、「うつっぽい気分」から抜け出せなくなります。

これを「抑うつ状態」といいます。


心身が抑うつ状態に長い間さらされると、うつ病を発症してしまいます。

早めに手を打ちましょう。

前述したストレス対処法のほかに、以下のような方法があります。

1.腹を抱えて笑う

笑いの精神的効果」は有名ですね。

長くなるのでここでは割愛しますが、腹をかかえて笑うと副交感神経を刺激し、脳がリラックスします。

また、「腹を抱えて笑う」というとおり、大笑いは腹式呼吸の一種です。

自然に腹式呼吸を行っていることになり、ストレスを解消しやすくなります。

うつっぽい時に大笑いするのは難しいかもしれません。

吉本新喜劇でも、笑点でも見て、なるべく笑うよう心がけましょう。

2.朝、日光浴をする

抑うつ状態になると、朝起きあがれなくなり、暗い部屋に閉じこもりがちになります。

休みの日は、昼まで布団の中、という方が多いのではないでしょうか。


昼間に寝てしまうので、夜眠れなくなり、夜更かしをして、ますます朝が起きれないという悪循環になっていませんか。

いっそのこと朝ムリヤリに起きて、朝日を浴びましょう。
日光浴 朝
フリーフォト足成より引用
朝日を浴びると、体内時計がリセットされます。

日中を行動的に過ごせるようになります。


朝7時に日光浴をすれば、体内時計がリセットされ、14時間後、脳の中に「メラトニン」というホルモンを分泌しはじめます。

ちゃんと日光浴をすると、夜9時ごろ、眠気を誘発するメラトニンが分泌されますので、眠くなったらそのまま眠ってしまいましょう。

翌朝、また早起きして、日光浴です。

3.「寝逃げ」をする

抑うつ状態になったら、「起きてるだけでもシンドイ」という気分になりますね。

ますますうつ状態が悪化してしまいます。

お酒を飲んで気分を紛らわす、これもいけません。

アルコールに頼るとクセになり、へたするとアルコール依存症になりかねません。

アルコール性うつで、酔いがさめたら、ますますうつっぽい気分になることがあります。

こうなったら、もう「寝る」。
寝る うつ病
フリーフォト足成より引用

可能なら、なにもかもほったらかして寝てしまいましょう。

短時間の睡眠でも、気分がスッと楽になります。

4.薬に頼る

抑うつ状態が長く続くと、本物のうつ病になってしまう危険があります。

自分ではどうにもならないと思ったら、早めに神経科や心療内科のアドバイスを受けましょう。

早ければ早いほど効果的です。
神経科 クリニック 医者
フリーフォトPAKUTASOより引用

場合によっては、軽い精神安定剤や睡眠薬を処方されるかもしれません。

精神安定剤を服用することで、気分はだいぶ楽になります。

これで少しでもうつ病が予防できればよかったと思います。

このまま、ストレスの原因がなくなるまで耐えましょう。

本物のうつ病になってしまうと、薬漬けになり治癒に2~3年はかかってしまいます。

不眠や不安感が際限なく続き、仕事もままならなくなり最悪のパターンにハマります。

それだけはどうにか避けましょう。



スポンサーリンク



次記事どうぞ→ED?うつで男が役に立たなくなった時の対処法

前記事どうぞ→
ストレスが溜まったときにやっておきたい6つの対処法。あなたの発散法は?

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
(つづき)


一人で断酒をしていた消防士の訃報

独り、断酒会を離れて東北の被災地で頑張っておられたO氏。

精神的なショックで現場の悲惨な光景がどうしても忘れられなく、

PTSD(心的外傷後ストレス障害)になっている」と診断されたという。
東北大震災 被災地
Yahoo!Japanネット基金サイトより引用

その後、断酒会に顔をだすことはなくなった。

忘れた頃、A氏のご家族から、1本の電話が鳴った。

訃報の知らせだった。

会長の話からなので、またぎきですが以下のようなことだったらしい。

震災のショックから立ち直れず、アルコールに手を出したO氏。

会社でシアナマイドを飲ませてくれる寛大な上司がいたのですが、異動でそれもなくなり。

結局、連続飲酒に。

会社にも出社しなくなり

そしてある日、飲酒運転にで酒を買いに。

かなり酔っていたいたらしく、コンビニの壁にかにぶつけ、警察沙汰になった。

事故 酒気帯び運転
フリーフォト写真ACより引用

ドアから降りたときは、フラフラでまっすぐ歩けない状態だった。

とうぜん免許取消、このご時勢、もちろん懲戒免職退職金なし。

50歳すぎで公務員の消防士ですから、本来はかなりの退職金があったはず。

それが全部パー。

こうなったら「飲む」しかない。

ひたすら、飲み続けたのでしょう

アルコール依存症者がたどる、最悪の道。

昨年の冬だったか、親切な近所の方が「部屋から物音がしない、何かあったのではないか」と大家さんに通報があり。

ドアをあけたそこには、こときれたO氏が横たわっていた、とのこと。

死後、数日

冬だったので気温が低く、体に損傷がなかったのがたったひとつだけの幸い。

50代後半、本当に早すぎる死。


元気なころしか知らない関係者全員が、ショックを受け、言葉も出ず。

会長と2人ほど、断酒会から通夜に出席した。

フタを開けるとそこには、以前とはまったく違う、ホオがげっそりやせ細り、目がくぼんだ別人のO氏が横たわっていた、とのことだった。


これは極端な例ですが。

ですが、ここまでいかなくても、断酒会から離れていった人達は、やはり飲酒欲求に勝てず、落ちていく人が多いように思えます。

連絡がつかない夫婦

例えば、毎週かかさず来ていたB夫婦。

ここの奥さんは、度々スリップはするものの、なんとか頑張っていました。

しかし、ある時期から、夫婦ともどもピタリと来なくなりました。

電話をしようが、メールをよこそうが、返信がありません

「連絡もしない」ということは、断酒をしていない、そうとるべきでしょう。

肝臓の数値が悪かったのですが、今やどうなっているのかわかりません。

夫婦 喧嘩
フリーフォトPAKUTASOより引用

断酒会に来なくなり、飲酒していた

また、お母さんと娘さん、という珍しい組み合わせで毎週来ていた、Tさん(娘さん40代)。

娘さんがうつ病で、しかもアルコール依存症

お母さんが心配して、うつに関していろんな情報を集め、うつのタイプも「メランコリック型(旧来の)うつ」ではなく、いま流行りの「新型うつ」ではないか、というところまで突き止めたお母さん。

しかしなかなか症状が良くならない、娘さん。

お母さんが心配に心配をかさね、手を変え品を変え、クスリを変え、もう何年になるでしょう。

いっこうに症状が改善しない娘さん。

もう、娘さんは断酒会にすらこなくなり、お母さんだけが出席するという形になりました。

かれこれ何年経ったか。

ある日、病院のカウンセリングで、とんでもないことが発覚しました。

カウンセリングでTさんが白状したところによると。


月に何回か、友達から、食事会やカラオケのお誘いがあるというのです。

そして、それには出席する。

(これが、新型うつの傾向でしょう。本来のうつですと、そんな場に出ることすらできない)

実はその時に、隠れてお酒を飲んで楽しんでいたとのこと。

カラオケ 飲酒
フリーフォト写真ACより引用

しかも、けっこう常習していたとのこと。

これはお母さんも知らない事実。

もちろん、ほかの誰も知らない。

知っているのは、カウンセラーと、ある事情で話を知ってしまったぼくだけ。

お母さんが知ったら、お母さんのほうがぶっ倒れると思います。

これが何年も続いていたと思われます。

当然、アルコールが入ればうつは改善しません。

アルコールを入れ続けながら、「うつが治らない、うつが治らない」と悩んでいたワケです。

そんなケースもありました。


こういったパターンをいくつも述べ、やはり断酒会に出席すべき、といいたいのはやまやまなのですが。

実は、ちゃんと断酒会に出席している人が・・・・・・ありゃ、実は飲んでたの?

なんてケースもあります。

(つづく)

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症は断酒会に行くべきか?断酒会に来ても酒を飲む人は飲む(6)

前記事どうぞ→アルコール依存症は断酒会に行くべきか?一人で飲みすぎたら生活はどうなる?(3)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒183 日目

〇アルコール依存症の家族、酒害体験談


どうも、僕の代筆は、嫁さんの感情を正確に表現してないらしい。

しかも、僕が苦心してゴーストライターをやってるのに、逆に激怒している。

原稿を書く度に、「アホ ボケ ハゲ!」という罵声が毎回が飛んでくる。

原稿を放り投げ捨てられる。

原稿 投げる
フリーフォトPAKUTASOより引用

なんてこった。

わかった。

こうなりゃもう、これぞとばかりに書いてやる。

書きなぐってやる。

この、人間としてクズでアホでどうしようもない、肥え溜めの中のクソのようなぼくの姿を、書きなぐってやる。


これを「断酒会だより」に載せてさらけ出して、みんなで読めば良い。

読め、読め、みんな読んでしまえ、どうせ僕がやらかしたことだ。

僕が悪いのだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇アルコール依存症の家族・酒害体験談、嫁の体験


うつ病だと診断された・・・・・・。」

ある冬の日、調子が悪そうな旦那が、精神科クリニックへ出かけていった。

そして帰ってきて、そう言った。

もともと大酒飲みだった旦那は、その日から、ベットに伏せって出てこなかった。


うつ病で起きれない
フリーフォト足成より引用

部屋は酒の臭いが充満していた。

会社には連絡したのだろうか、出社をしなくなった。


次の週、会社に行かない彼をムリヤリ引き連れて、そのクリニックの医師に相談した。

どうやら旦那は、うつを悪化させないように酒を止められていたらしい。

それでもうつが辛いせいか、飲み続けていたらしい。

医師は言った。

あなたはアルコール依存症になっています。

酒をやめて、仕事と家族と幸せな一生を送りますか?

それとも、このまま酒を飲み続けて、離職、離婚し、平和公園でダンボールに包まって生活しますか?
 
さあ、どっちを選びますか

うつで弱り果てていた旦那は、小さな消え入るような声で「家族・・・・・・」と答えた。

〇うつ病で入院


それから旦那は、府中みくまり病院という精神病院へ2ヶ月ほど入院した。

いくらか元気になって帰ってきた。

ちょっと早すぎるのではと思ったが、彼はすぐに復職した。


予想は当たった。

復職して3ヶ月も経たないうちに、彼はまた、酒に手をつけた。

まるで階段を転げ落ちるように、旦那の表情からみるみる生気がなくなっていった。

うつ病が悪化したのだ。

また、精神病院へ再入院した。


精神病院 府中みくまり病院
府中みくまり病院HPより引用


こちらは、小学生と幼稚園の娘がいる。

私の職業は看護師。

ただでさえ忙しい仕事に、育児に、さらに病気の旦那の世話までするなんて、たまったものじゃない。

こちらが気が狂いそうだった。

生命保険はちゃんと支払われる。

できれば帰ってきてほしくなかった。

ずっと入院しててくれ。

顔も見たくない。

こんな大酒飲みで甲斐性なしの旦那と過ごすのがとても苦痛だ。


2ヶ月後、彼は退院してきた。

また、表情は元気になっていた。

今度こそ、断酒を続ける」と彼は約束した。


会社のほうも今回は慎重になっていて、断酒の継続が確認できるまでは、復職できないそうだ。

一応、断酒は続いているらしいが、こちらとしては、彼がいつ再飲酒して崩れるのか、気が気でなかった。

何かに脅えるような日々を過ごした。

苦しい。

〇アルコール依存症で入院


そしてその後、再飲酒を繰り返し、厚生病院に入院中に飲酒し、強制退院させられた。

そしてすぐ、瀬野川病院という広島一の精神病院の閉鎖病棟に入院した。

・・・・・・バカじゃないの

頼むから、氏んでくれ。


ほんっと、バカじゃないのかと疑う。

あれだけ酒で迷惑をかけておいて、さらに酒で入退院を繰り返す。

マジで、氏んでしまえ。


退院してしばらくしたある夏の夕方、「警察」から電話があった。

警察・・・・・・。

黒く嫌な予感が胸の中、いや身体全体に広がった。

「旦那さんが酔っ払って保護されているので連れに来て欲しい」

とのことだ。

〇警察に保護される


やりやがった! あんちくしょう。

・・・・・・マジでコロしてやる!

母と一緒に、警察署にむかった。

到着して、生活安全課の担当の人に事情を聞いてみた。


警察官 留置所
フリーフォト写真ACより引用


どうやら、酔っ払ってフラついてさ迷っていた旦那を見た人が「不審者がいる」と通報したそうだ。

生活安全課の人は「なんなら、精神科に措置入院するようにしますが」と、親切に言ってくれた。

また入院・・・・・・コイツなんか刑務所にブチ込んでしまえ、とも思ったが、母が「もうちょっと考えさせてくれ」というので、その日は連れて帰ることにした。


その後数日、旦那は部屋に閉じこもって飲んでいるようだった。

食事の時のみ、部屋からでてくる。

ある日、いくら呼んでも返事が無い。

部屋に入って、声を掛けても、身体をさすっても、顔を叩いても起きない。

意識が返ってこない。

・・・・・・またやりやがった。 コイツ、何か薬を大量に飲んで、さらに酒を浴びやがったな!

そのまま放置して氏んでもらっても、まったく構わない。

と、思ったが、家の中で死んでもらっては面倒くさい。

どうせ氏ぬのなら、トラックか何かにパンッと引かれて、生命保険をがっぽり頂くのが良い。

父と母、3人がかりで死体のような旦那を車に担ぎ込み、救急対応をしている瀬野川病院の閉鎖病棟へぶち込んでやった。

・・・・・・離婚

〇旦那がアルコール依存症で離婚したい


慰謝料も養育費もいらん。一生出てくるな。顔も見たくない。


2ヶ月後、旦那は退院して来た。

離婚は、娘たちを父なし子にしないためだけの理由で、とりあえず先延ばしした。

旦那はしばらくは断酒を頑張っていたようで、現在、会社に復職中だ。


しかし、私にとっては、いつもある種の恐怖、いつ彼が崩れるかもしれない不安を抱きながら生活を送らざるをえない。

いつもストレスを感じる。

彼の帰宅が遅いと、またあの恐怖がよみがえる。

怖い怖い怖い怖い怖い・・・・・・

私が早死にしたら、アイツのせいだ。

憎たらしい。

・・・・・・今度やったら、マジでぶっコロす。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アルコール依存症家族体験談の原稿、やっと合格


どうだ、ここまで書けば十分だろう。

原稿を印刷して、嫁さんに渡した。

“コロす”という表現が、ちょっとウチの人格を疑われるような・・・・・・

原稿から目を上げた嫁さんは、まんざらでもないような表情をし、そういった。

原稿のOKが、やっと出たようだ。

でも、本当にマジで『コロしたい』と、思ってたんでしょ

そうね

即答かよ!


・・・・・・ 断酒会・家族体験談ゴーストライター編 了 ・・・・・・

スポンサーリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒182 日目

アルコール依存症の家族・酒害体験談


どうも前回の代筆は、嫁さんはまったくお気に召さなかったらしい。

ならば、嫁さんが酒飲みの旦那で「いかに苦労したか」をつづっていこう。

アル中被害者の思いがこうであっただろうと、嫁さんの立場にたって書きなおした

前話クリック
  ↓

(つづき)


〇8年目、チャンピックスで禁煙をはじめる


最近、ダンナは、飲み屋に行く回数はめっきり減った。

あの、借金事件以降、反省はしているのだろう。

その代わり、会社の同僚と毎日、公園かどこかでワンカップ一杯だけ飲んで、ダベって帰るらしい。

・・・・・・みっともない。

まあ、ストレスも溜まるんだろうから、そのくらいは、許してやるか。


旦那はボクシング・ジムに通っている。

色白でひょろっとした長身の旦那は、なぜか「ムキムキ・マッチョ」に憧れているらしい。

ウチは今のままでいいと思うのに。


ボクシング 禁煙
フリーフォトPAKUTASOより引用


スタミナがどうにもつかん。禁煙する

そういって旦那は、会社の診療所からもらってきた「チャンピックス」という名の禁煙薬を飲み始めた。


どうやらボクシング・ジムで打ち合うのに、若者にスタミナ負けするらしい。

・・・・・・もう、ボクシングなんか止めたらいいのに、いい年してバカみたい。


でもまあ、禁煙は良い事だ。

ぜひ成功してほしい。


チャンピックス 禁煙薬
チャンピックス Wikipediaより引用

初めの1週間は、タバコを吸っても良いらしい。

2週目からは、禁煙だそうだ。

旦那が言うには「脳のニコチン受容体に作用して、ニコチン・ガムとかパッチより、楽に止められる」らしい。

なんだか良くわかんないけど。

・・・・・・ふうん、ホントに吸ってないわ。


様子を見てみるが、辛そうではない。

・・・・・・禁煙できたら、小遣い減らしたろ。


内心、ほくそ笑んでいた。


3週間ほど経ったある日、最近にしては珍しく、旦那がぐでんぐでんに酔って帰って来た。

「・・・・・・会社のプレゼンテーションで、急に頭が真っ白になって、手足がガクガク震えてパニックみたいに・・・・・・」

なんか訳の分からない事を言っている。

・・・・・・どうせまた、酔ってるんでしょ。


次の日の朝。

旦那が布団から出てこない。

「調子が悪い」という。


うつ病 起きられない
フリーフォト足成より引用

それって、またいつもの二日酔いのサボりでしょ。


その次の日の朝。

また、旦那が布団から出てこない。

酒くさい。

アンタ、エエ加減しんさいよ、会社には電話したんね!

叱り飛ばした。

うつっぽい

・・・・・・は。

何ソレ。うつ?

そりゃ、旦那が若かりし頃、うつ病を患ったのは知っているが。

どうせサボりでしょ。

この感じは、10年前の、あのうつ病の感じだ。精神科にいってくる

旦那が、あまりにも真剣に言うもんだから、そうさせた。

“チャンピックス”という禁煙薬でうつ病になった患者が他にもいるそうだ。

返ってきた旦那が「医者から聞いた」と言う。

旦那は、抗うつ剤と安定剤と睡眠薬、それにまた、酒をあおってベッドにもぐっていた。


〇精神科を受診した


旦那は、医者から酒を止められていたらしい。

理由は、アルコールがうつ病を悪化させるとのこと。

だが旦那は病気が苦しいのか、それから逃げるためか、毎日、酒をあおっていた。

会社にもずいぶん行っていない

・・・・・・クビになるんじゃないの?


一抹の不安を覚えたウチは、旦那と一緒に無理矢理、その行きつけの精神科へ訪れた。

少々の問診の後、医師が旦那に言った。

「あなたは、アルコール依存症になっています。

 このまま行くと、会社をクビ、離婚、挙句の果てに平和公園で段ボールの孤独死ですよ。

 酒をやめれば、うつ病も治り、家族と共に人生を歩んでいくことが出来ます

 さあ、あなたはどっちを取りますか?


 『家族』を取りますか。

 それとも、『』を取りますか。


 さあ、どっち?」


酒 アルコール
フリーフォト足成より引用


・・・・・・なんて状態なの、この人は。

旦那は、消え入るような声で、「家族」と言った。


〇精神科に入院


早速、医師は知り合いであろう、精神病院の院長に電話をしていた。

受話器をガチャリと置くと、振り向いた。

「A病院という精神病院なら、ちょうど今、ベットが空いているそうです。

 地図を描きますので、今から行ってみてください。」

そういわれてもらった地図は、なんというか、「道があって川があって北に上ってどこかを右」みたいな、どこかの幼稚園児が描いたようなちゃちなモノだった。

うつ病の旦那も、それを見て吹き出してした。

・・・・・・ウチらよりよっぽど頭が良い精神科医も、画はヘタクソ。

そのヘタクソな地図に悪戦苦闘しながら、やっと「A病院」に到達した。

そこは、広島市のとある町の、「みくまり峡」と呼ばれる自然公園のふもとに位置していた。

山と小川、花と自然に囲まれた、わりと広い敷地の病院だ。

初めて訪れた精神科病院に、ドキドキした。

・・・・・・ウチが看護師研修でいった精神病院、鉄格子とか腕を縛られた患者とか、そんな世界かしら。


院長の診察のあと、入院手続きを行った。

案内された病室は、通常の病棟とは違って「うつ専用ユニット」というエリアだった。

通常の、カーテンで仕切られた6人部屋のような病室ではなく、まるでちょっとしたビジネスホテルのような個室だった。

テレビ、冷蔵庫、洗面所、クローゼットが完備され、茶色のフローリングとクロス張りで落ち着いた雰囲気だった。

個室料は1日2,000円

格安だ。


すぐに入院させた。

「着る物とか、歯磨きとかは明日、持ってくるから。」


ウチは勤務先の看護師長に電話をして、休みの許可をもらった。

・・・・・・ほんっと、情けない思いばかり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇酒害体験談の半分くらい書き上げたら



前半部分は、こんなもんかな。

後は入退院を繰り返す旦那に対しての、嫁さんの恨み辛みを書きつづれば良い。


僕は書き上げた原稿を印刷し、嫁さんに手渡した。


嫁さんはさらっと目を通すと、また原稿を丸めて放り投げた

ドアホ! 甘すぎるんじゃ!

ウチの思いはこんなもんじゃないわっ!

アンタなんかを許したことなんか、一度もないんじゃ!

バカ、アホ、ハゲ!!


妻 嫁 怒り
フリーフォト写真ACより引用


「え・・・・・・ハゲはあんまり関係な・・・」


やかましい! ハゲハゲハゲ! 

うちはアンタなんか死ねばいいと思っとったんじゃ!

知っとるじゃろう! ボケ!


「わかったわかったわかったわかった。もっと強烈に恨み辛みを書けばエエんかいな


「あたりまえよドアホ! 後頭部ハゲ!」


・・・・・・う。

スポンサーリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

昨年の入院時に、持病がうつ病 → 躁うつ病(双極性障害)と発展しました。

発展というのはおかしいのか、病状が進行っていうのか。


うつ病 障害者
フリーフォト足成より引用


とにかくそのころ入院していた病棟の患者は、「統合失調症」の人が結構多くて「障害者手帳」 なるものを取得している人が多数いました。

なんのメリットがあるのか詳しくは分からなかったのですが、「躁うつ病」でも障害者手帳が取れるとのこと。

ものは試しと、申請してみました。


退院後に手帳と資料が送られてきました。

結果は「精神障害2級」。

その中の資料の(広島市の場合の)メリットをざっくりまとめますと。


1.精神障害者手帳2級のメリット


〇広島市のメイン交通機関が半額になる

 
 ①バス、市内電車(チンチン電車)、アストラムライン(モノレール)
  の料金が半額になる。


〇タクシーチケットが12枚もらえる


 ②ただし1回につき500円の割引のみ。


〇所得税の障害者控除がある


(確定申告で払いすぎた税金が戻ってくる)

 ③27万円の控除なので、本人だけで 27,000円戻ってくる。

 ④さらに配偶者に扶養されてる場合、配偶者に 27,000円、
  2人合わせて 54,000円戻ってくる。


〇公共施設、映画館が無料か半額程度になる


 ⑤動物園、植物園、スポーツセンターなどは付添人を含め無料に。

 ④映画館が大人1800円のところ、1000円になる。
  付添人にも適用されるため、2人で1600円安くなる。


(こまかく書くと役所の資料みたいに「なにがなんだか分からん」となるため、ざっくりとまとめてます)

一番実感できたのが、①交通機関半額と、③④の所得税54,000円バック、ですかね。 

②タクシーチケットはあんまり使わないですが、雨の日のチョイ乗りでたまに使ってます。


動物園などは小さいお子様持ちの人には多少メリットありですが・・・・・・そもそもの料金が安いし。

だいたい うつ病やら躁うつ持ちだと、ひんぱんには出かけられないのであまりメリットないです。

で、デメリットはというと。


2.障害者手帳のデメリット


昨今、テレビなどメディアではほぼ「障がい者」と「害」の字をひらがな表記して悪いイメージにならないようにするのが当たり前になってますが・・・・・・

〇送られてきた手帳は


障害者手帳


もろ「障害者」。

自分で申請しときながらなんですが、いざ「障害」という字を見ると、やはりメンタル的にへこみます・・・・・・

〇就職する時


 ①自分は健常者として普通に就職するか。

クローズ雇用。障害があることを隠す)

 ②あるいは障害者として、安い賃金を覚悟して就職するか。

オープン雇用。障害を申告する)

決断を迫られるそうです。

ぼくの場合は、無理して前者で就職しました。


で、無理した結果、体調を崩し入院、退職。


その後、ハローワークで失業給付金の手続きをしたのですが。

その際は、かなりのメリットがありました。


そのメリットとは。(またざっくりと書きます)


〇普通の人が普通に「一身上の都合」で退職した場合


・約3ヶ月待たないと給付金が支給されない。支給は約4ヶ月目。

・支給期間は3ヶ月~5ヶ月。

と、けっこう待たないといけないのですが。

〇ぼくように45才で障害者手帳を持っていて体調を崩し入院退職をした場合


 ③ほぼ即(約1ヶ月後)、支給される

 ④支給期間は約12ヶ月


日額4,100円× 30日 = ひと月あたり12万円。

それが約1年つづきます。

とても助かりました。

失業保険 給付金
フリー素材いらすとやより引用


・・・・・・結論としては。

うつ病でも障害者手帳の対象となります。

ぼくは「うつ病 + アルコール依存症」で障害者手帳を取得しました。


・うつ病で通院しながらなんとか会社に通っているが、休みがちな人。

・また、うつ病でたびたび休職を繰り返して、将来的に不安な人。

・自分が「うつ病と診察された」ことを、会社側が知っている。


当てはまる方は、保険として障害者手帳を取っておくのもありだと思います。

また、会社側も障害者を雇用していることになり、補助金などのメリットがあります。


ところで、ホンネをいうとあまり福祉のお世話にはなりたくないという思いが強いのですが。

実際に病気で体調を崩して入院した。 

国家資格を持つ医師が、治療が必要だと診察した。

・サラリーマンを約28年やって、失業保険金を長らく収めていた

酒税もたっぷり収めた

・一部ですが、どう見ても働けそうなのに生活保護を受け、それに甘えて働いていない人がいる。
ぼくはなんとか働こうとはしたが、長くは続けられなかった。


という理由で、気持ちを切り替えて少しだけ恩恵に預かってしのいでいこうと考えています。


年を取るごとに就職は厳しくなりますね。

しかし、今まであせって就職しても、ロクなことにならなかった・・・・・・



スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

  ↑
 クリック

つづき、アルコール依存症者の家族の悩みについて。



6.アルコール依存症者の家族の悩み


夫や妻、父母がもしかしたらアルコール依存症なのでは?

と疑いをもったとしても・・・・・・

病院、しかも精神科へ連れて行こうにも本人は当然嫌がり、または泥酔していて激怒したりするため行けない、と悩んでおられる家族の方が多いでしょう。

アルコール依存症は俗に「否認の病気」とも言われ、本人が病気であることを認めようとしません。

なぜか認めないかというと、酒を飲むのを止められるからです。


ぼくの場合。

まず、持病の「うつ病」があり、そのうつ症状の辛さを酒を飲むことによってまぎらわせていました。

「うつ」というのは、何もしていないのに恐怖感や不安感を常に感じている状態。

本人は本当につらいのです。

飲んで泥酔することで、その辛さをまぎらわせていました。

辛さを誤魔化していました。

そして最終的には連続飲酒発作と呼ばれる、「朝起きてから寝るまで酒を飲み続ける」 という状態になりました。

寝ている最中にも、目が覚めたらすぐに飲めるようにと、枕元にコップ一杯の焼酎(アルコール度数25度のストレート)を常に置いておくようになりました。

アル中の症状である、酒が切れると手足が震えだし、立つことすらままならないざまになりました。


手の震え アルコール離脱症状
フリーフォト足成より引用


これはおかしい、異常だ、と看護師であり妻である彼女は考えたのでしょう。

当時うつ病の治療のため通っていたクリニックに妻と二人で受診しました。


そして主治医にこのように断言されます。

「あなたはアルコール依存症です。

このまま酒を飲み続けると、家庭崩壊、離婚、孤独死が待っています。

それを防ぐには、酒を飲むのを止めなければいけません。


さあ、家族をとりますか、それとも酒をとりますか?」 


妻の手前、なんとか声をふりしぼって

家族を選びます

と答えました。


そこで


と答えたら、一発離婚だったと思います。

長女が7歳、次女が3歳でした。

もう少しで父なし娘が2人できあがる、危ないところでした。


同じ質問に、本当に「酒。」と答えた方が断酒会におられました。

やはり離婚になり、バツイチとなりました。


離婚 アルコール依存症
フリーフォトPAKUTASOより引用

それほど酒の魔力は強いのです。


このように、妻の目の前で医師に完全に「アルコール依存症」と断言されたため、ぼくはそれを認めざるをえませんでした。

家族にアルコール依存症と疑わしき人がおられるならば、なんとかして精神科あるいはクリニックに同行しましょう。


※注意

内科ではダメです。

内科は、肝臓やすい臓が痛んでる場合は入院させ、肝機能やすい臓を健康な状態にして退院させてくれます。

これは要するに

「酒で痛んだ肝臓やすい臓を治療によって健康な状態にもどし、また酒が飲める身体にしてくれる」

というアルコール依存症者にとってありがたい施設なのです。

アルコール依存症という精神病にはまったく逆効果です。
 


7.アルコールの害、酒害


アルコール依存症は、ニコチン中毒や薬物中毒と同じ薬物依存の一種です。

薬物中毒は法律違反なので論外。

ニコチン中毒は、ベランダや喫煙所でタバコを吸うかぎりは人に迷惑をかけません。


ですが、アルコール依存症は他人に迷惑をかけます。

・家族がDV(ドメスティック・バイオレンス:家庭内暴力)や言葉の暴力に悩まされていたり。


DV ドメスティックバイオレンス 家庭内暴力
フリーフォトPAKUTASOより引用


酒気帯び運転をしたり。


・常に飲んでいるため仕事ができない、朝飲んで職場に行き、最期はクビになる


・自営業の方で実際にあった話ですが、お客様からの注文の電話を取ってメモしてはいるのですが、文字がまったく読めない、商売にならない

これらすべては本人はどう思ってようが、家族のつきることのない悩みとなります。


また、本人の身体のほうは

・肝臓やすい臓の機能悪化 → 肝硬変、すい炎 → 肝臓がん、すい臓がん


逆流性食道炎、胃腸炎


・酒呑みはろくに食べずに飲み続けるため、栄養失調となりすべての内臓機能の悪化


内臓 悪化 酒
フリーフォト写真ACより引用


・運動をまったくせずに飲み続けるため、極度に筋力が衰える


・また、多くのアルコール依存症者が大腿骨頭壊死に。
(太ももの付け根の骨が壊死して、歩けなくなる)

脳が前頭葉から委縮しアルコール性認知症、ウェルニッケ・コルサコフ脳症
(ふつうの人は頭蓋骨のなかに脳ミソがいっぱい詰まっていますが、アル中の場合
脳細胞がどんどん死んで脳が萎縮(いしゅく)し、しまいにはスカスカになります。
最後は物忘れどころか、日本語すらしゃべれなくなった患者を精神病院で見ました。)
(また、ふとした瞬間に気絶して、もどらない)

・歯を磨かずに寝るため、歯がボロボロに。
40代で部分入れ歯の患者を何人も見ました。)

末梢神経麻痺
(手や足がしびれたようになり、まともに動かなくなる)


ぱっと思いつくままに書いただけでもこれだけあります。

全身いたるところに合併症が現われます。


DVは論外ですね、離婚対象です。


ぼくの場合「静かなる依存症者」と言われるタイプで、飲んだ逆におとなしくなり、ひとりでパソコンなどをつついて遊んでいる場合が多いですが。

やはり妻と口論となり、やってしまうのが「モノに当たる行為」です。

酔ってケンカになり、イラ立ち、しかし酔ってはいても「男が女に手をあげてはならない」という理性が残っているのでしょう、なので怒りの矛先はモノに。

いろんなモノにあたってました。



8.手は上げないが、モノに当たる



モノに当たった、その①

新築で建てたばっかりの家に引っ越した時。

飲んで口論となり激昴して壁を殴ってしまいました。

ぱっかりと穴が空きました。


これは次の日、妻がポスターなどで隠してはいましたが。
 
とても悲しい思いをしながら穴を隠したのは、想像できます。


現在、家には3つの穴が隠されています。


モノに当たった、その②

まだガラケーだった時代。

飲んで口論となり、激昴してケータイを真っ二つに折ってしまいました。

酔いが覚めて大変後悔しました。

まだクラウドサービスなど無い時代でしたので、電話帳、メアドがすべて消滅。

ほうぼうの知人に聞いて、電話番号、メアドの再入力を数百件。
 
自業自得でした。


モノに当たった、その③

妻が運転する車でまた口論となり激昴して、助手席から右ストレートをフロントガラスへ。

パリンッといってひび割れてしまいました。

後日修理代の見積もりをもらった際、妻のほうが激昴しておりました。

パンチ一発、10万円


とにかくアル中は、居るだけで家族にとっては大変迷惑な存在です。

大変な毎日です。


平和な家庭がほしい

早く平和な日常を送りたい


間違いなくそう思われています。


次回はアルコール依存症の症状について。

はたから見た目でも分かる症状があります。



スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

  ↑
 クリック

の、つづき。

治療のお役に立つ情報をお届けします。


9.ストレスをできるかぎり減らす


主治医が決まり、クスリも決まりました。

で次はどうするかといいますと。


うつ病の原因となった「ストレス」を取り除かねばなりません

これが一番むずかしいことだと思います。


うつ病
フリーフォト足成より引用


ストレスが「仕事」の場合、 まず有休を使って休むしかないですね。

会社に何と言われようが、重症になる前に手を打たなければなりません

たぶん、ほとんどの方が有休をすでに使い果たし、残ゼロの方が多いと思われます。


その場合、思い切って休職しする手もあるでしょう。

休職するには医師の診断書が必要ですので、主治医に頼めば書いてもらえます。

費用は3,000円くらいです(2013年当時)

※ぼくはうつを繰り返し、5回休職しました。


うつ症状悪化のため、1ヶ月程度の休養が必要

医師のこの一文だけで、まるまる1ヶ月以上、正々堂々と休めます。

会社の就業規則によりますが、月給の6割~7割ほど支払われます。

支払われない場合は、健保から傷病手当金を受けることができます。
(4日以上休んだ場合)

傷病手当金より給料が少なければ、差額を受け取るとこもできます。


会社は、あなたの病気を治してくれません。

会社は、あなたの人生を幸せにはしてくれません。

自分でなんとかするしかないのです。


会社に悪い

とは思う必要はないです。

仕事を頑張ったせいで、うつ病になったのですから。


会社の方はブラック企業でもない限り、対策を考えるか、すでにそういったうつ病患者への対策を施行します。

なぜかというと。


これ以上悪化して、労災にしてほしくない。
 
労災申請すると、会社のほうが労働基準局から叩かれて、賠償金の支払いおよび厳重注意、が待っています。

労働基準局は企業にとってみれば警察です。

査察が入るかもしれません。

会社は大ダメージを受けます。


休職 = なにも仕事をしない社員に、月給の6~7割も払い続けたくない。

はやく元気になって復職し、バリバリ仕事をしてほしい。

という理由ですね。


家でしばらくはのんびりと、ただし規則正しい生活をこころがけ、精神科でもらった薬をちゃんと飲み続ければ、うつ症状がじょじょに回復していきます。

ストレスがないのですから。

毎日が日曜日ですから。


1ヶ月経ってもうつが改善しない場合、「もう1ヶ月休養が必要」という具合に、再び医師の診断書をもらいましょう。

ただし、会社にもよりますが。

3ヶ月ていど休職しても復職できないと、「解雇」される場合があります。

このへんも就業規則に書いてありますので、見落とさないようにしてください。


参考までに記事を。

クリック
  ↓


10.主婦の場合


主婦のかたは。

ぼくは主婦ではないため、あくまでもぼくの考えになってしまいますが・・・・・・



うつ病女性
フリーフォト足成より引用


旦那さんが良き理解者であれば、病院に同行してもらいましょう。 

・一緒に担当医のアドバイスを聞いてもらい、家事の負担を減らしたり

・イクメンになってもらい、育児の負担を減らしたり

(産後うつはまた別です)


良き理解者でない場合、または最近流行りの夫原病の場合は・・・・・・実家に帰るしかないですね。

子どもたちの面倒は、お婆さんに見てもらう。


ストレスが育児と思われる場合、経済的に余裕があれば幼稚園か保育園

その時間だけでも育児ストレスから解放させてもらう。

母親が元気でないと、寝たきりでは、ちゃんと育児できないです。

子どもたちが可哀そうですね。


経済的に余裕がなければ、やはり実家に帰るしかない・・・・・・


さて、サラリーマン方・主婦の方を問わず。

前記をやってみても、ちっとも改善しない。

ちっとも良くならない。


こうなると、うつの原因はほかの所にある、ということになります。

すると、最終手段、入院です。


11.うつがひどい場合、入院する


もちろん、入院給付金をいただかなければ大赤字となってしまうため、生命保険に入っておくのは最低条件ですね。


あと「高額医療費制度」 を申請すれば、ある一定額を超える費用を、保険組合が負担してくれます。

時々条件が変わっているので、都度「高額医療費制度」で検索して最新情報を得てください。

所得によって負担額が変わります

ぼくが在職中に入院したとき(年収500万円くらい)は入院費10数万円支払いましたが。

退職したあと入院したとき(所得ほぼなし)は入院費がたった3万5000円くらいでした。


入院施設がある精神科をネットで探し、入院なので遠くても「評判が良い」病院がいいです。


うつの治療を得意とする病院では、大部屋では結構なストレスがかかるため、個室が安価な場合が多いです。

※ぼくが最初に入院した施設は、2人部屋で月1,000円個室でも月2,000円と激安でした。

ストレスなし、規則正しい生活、薬物療法で、2ヶ月程度の入院で元気になって退院しました。


以上、うつ病の治療にお役に立たばいいなの情報でした。


後日、別の原因でうつ病が再発し、無知のゆえ酒を浴びるように飲んでうつから逃げていたところ「アルコール依存症」と診断され、とんでもない目に合ってしまうのです。

クリック
  ↓
  
  
アルコール依存症 精神病院・入院体験談3
  

スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
  ↑
 クリック

のつづき。

治療のお役に役立つ情報をお届けします。


7.どの病院に行けばいいのか


どんな病院に行けばいいかというと・・・・・・

精神科」「心療内科」「神経科クリニック」 

などとホームページや看板に書いてある病院ですね。

ほぼ、うつ病患者を多く扱っていますので、
優しいドクターが多いです。


医師 医者 うつ病
フリーフォトPAKUTASOより引用


ただし。

『主治医の性格が、患者であるあなたと合う、合わない』 によって、その後の治療効果、および人生が大きく変わってきます

合わない人と毎週のように話しをしなくちゃならない、となると、続かないということになります。

そもそもうつ病で家から出るのもしんどいのに、合わない医師との診断なんて、絶対おっくうになって続かないのです。


何回か通ってみて、

「なんだか、合わない」

と感じたら、別の病院へ行きましょう。


セカンド・オピニオンです。

(ぼくがいま通っているクリニックは4件目です)


医者 医師 うつ病
フリーフォト写真ACより引用


それと合わせて、病院の距離も考えておかないといけません。

あんまりにも遠いと「通うコトそのもの」がおっくうになります

なるべく家に近い場所が良いです。


あたり前ですが、ネットで調べたりグーグルで「〇〇市〇〇区 病院 精神科」などで検索しますと、「なんとか心療クリニック」 みたいなのがたくさん出てきます。



でも述べましたように、うつ病の患者には、だいたいの先生は優しく接してくれるのですが。

それでも、数回通って 「合わない」 と感じたら、すぐに担当医を変えてもらうか、病院を変えましょう

病院に行くだけでもしんどいですが、うつ病を治すため、治療のためにはいたしかたありません。

「この先生とすごく性格が合う、とても楽しい!」 とまでは言いませんが「まあ、この先生でいいのではないか?」 あたりで妥協しておけば良いと思います。


そして、ほとんどの場合

「薬を2週間分出しとくね」

と言われ、2週間に1回通えばいいのかと思いがちです。

しかし実際は、そうではありません。

週に何回通っても良いのです。

逆にいえば、体調がわるければ何回も通院するべきです。


これは何が言いたいかと申しますと。

「なにかちょっとでもオカシイ」 と感じたら、すぐに病院に行きましょう

そうすると、先生が別のアドバイスをしてくれたり、それに合うクスリをもう一度処方してくれます。

ぼくも症状がひどい時期に、少しでも「変だ、おかしい」と思ったら、すぐに主治医のもとへ駆けつけました。

そのためも、診察費用や薬代を削減する目的で、前述した自立支援手帳があるとよいです。

無料か、月1000円などの上限しか払わずにすみます。


8.うつ病の原因、ストレスをなくす


主治医が決まり、クスリも決まりました。

で、次は。

うつ病の原因となった “ストレス” を取り除かねばなりません。
ストレス うつ病
フリーフォトPAKUTASOより引用


実はこれが一番難しいですね。

そもそもストレスがなければ、うつ病にならないですから・・・・・・

では次回。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ