うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

タグ:うつ病

スポンサードリンク

今回は、前話の

 クリック
   ↓
   ↓

の、つづき。

うつ病が完治した体験、および治療にお役に立てればいいなという情報をお届けします。



5.うつ病が治った完治体験談


結論から申しますと。

ぼくの場合、20代後半に発症したうつ病が、約3年の闘病生活のすえ完治しました。

すべてのクスリが消え』 ました。

※ただし、別の原因で39歳で再発しましたが・・・・・・



で、クスリについてですが。


薬 抗うつ剤


よく耳にするのが 

副作用が怖い。依存して、やめられなくなるのが怖い」 

と、恐れていらっしゃる方が多いようです。


しかし、現代の「抗うつ薬」副作用はほとんどありません

「精神安定剤、睡眠薬」にベンゾジアゼピン系で依存が出るものがありますが、最近はベンゾ系をなるべく処方しない医師が増えているようです。

ネットの「ハイパー薬事典」などでクスリの名前を検索すると、その効果と副作用が必ず書いてあります。

しかし、副作用の欄にだらだらと述べてあることは、どのクスリも皆おなじ。

眠くなる可能性があるため、車の運転は避けてください

て、風邪薬と一緒・・・・・・。

新ルルAゴールドDX錠の瓶にも同じこと書いてある・・・・・・

風邪薬飲んでも運転するときは運転する・・・・・・


実際にぼくの主治医である木村神経科内科クリニックの木村先生が

酒・タバコのほうがよっぽどか身体に悪いわ!

クスリの副作用なんかたかが知れたもんじゃ!

と怒鳴っていたのが印象的でした。


で、ぼくのクスリが消えた体験はといいますと

『自ら意識してムリヤリにクスリをやめた』

のではありません。

実際に、うつ症状が最悪の時。

クスリの量は、まず抗うつ剤を食後4錠、朝、昼、晩。

昔すぎて薬名を忘れましたが、要するに1日1シート分12錠

それに精神安定剤を4錠づつ1シート12錠

単位が「錠」ではなくシート。


睡眠薬は、

「最強、もうこれを超えるのは麻酔銃しかない」 

とうたわれる「べゲタミン」B錠。

それにハルシオン2錠にサイレース2錠にナントカ2錠にカントカ2錠、計10錠を軽く超えていました。

それらをサントリー・ジン、またはウォッカ(アルコール度数50パーセント前後の酒)でごくりごくりと胃に流し込み、酔い×睡眠薬の効き目でやっと眠る、毎晩そのくり返しでした。

※睡眠薬とアルコールの組み合わせは非常に危険ですので、皆さんは絶対に真似しないでください。


当時は彼女であった看護師の嫁さんに、その光景はどのように映ったのか・・・・・・


睡眠薬 うつ病
フリーフォト写真ACより引用


抗うつ剤を1シート、安定剤を1シート、睡眠薬10錠超えをアルコールで流し込む辛い辛い日々がつづき。


そして年月が経過。

クスリが効きはじめ、同時に看護師の彼女の介護が効いたのでしょうか。

だんだんとうつ症状が軽くなっていきました。

そして彼女と結婚し、安心感を得たのでしょうか。

3年間、辛い辛い日々を耐えぬき。

最終的に、うつ症状をほとんど感じなくなってしまいました。


ふだん、うつのことをまったく気にもすら留めなくなってしまい、

あ、今日、クスリ飲むのを忘れた

と夜、気がつき。


ふとんに入ったらいつの間にか寝てしまい、

あ、昨日、睡眠薬飲むのを忘れた

と、朝、気がつき。


そんな現象がたびたび起こるようになってきました。


あまりにもひんぱんにクスリを飲み忘れるので、

「え、コレって?

 もしや、クスリなしでも大丈夫なんじゃない?

と、実際に飲まなかったところ、ぜんぜん平気で日常生活が送れました。


健常者と一緒でもツラくない。

あまりにも辛くてしょっちゅう休み、しまいには休職していた仕事場にも休まず行ける

休日は妻と元気にドライブに出かける。

スーパーでの買い物も、そこの派手派手な色彩がツラくなくなり、あちこちから流れてくる「♪お買い物は、フ・レ・スタ」などのくだらない音も耳栓なしで平気になっている。

いつのまにか、自然とクスリが消えてしまいました。


6.うつ病の治療



まず。


で述べたましたように、病院に行って診断してもらい、「SSRI」という、脳内に働くクスリを飲むのが一番効果的でした。

また、怖がらずに睡眠薬を飲み、十分睡眠をとるのも大切。

睡眠不足だと、翌日気分が沈んでうつ症状が悪くなります。基本です。


寝る うつ病
フリーフォト足成より引用


薬代が結構かさむとお考えでしょうが、うつ病の場合は「自立支援手帳」を各自治体福祉センターに行って発行してもらいましょう。

広島市の場合、病院の診察代、薬代がすべて無料となります。

地方自治体によって違うようです。
 治療費が無料、あるいは月額1000円程度が多いようです。

月々数万円もの治療費がすべて無料 (または1000円) になるため、うつ病で休職中で貧乏だったぼくにとっては「自立支援手帳」の効力は大きく、必須でした。


「え、なんでタダになるの?」

と不思議に思われるでしょう。


これはあくまでもぼくの想像ですが、

「うつ病の治療費を広島市が負担してでも、全快してもらって、バリバリに働いて、そして税金をたっぷり収めて欲しい

から?

ではないかな。


酒豪でタバコ吸いのぼくからすると、

「これまで酒税とタバコ税とで病院費用の数十倍をはるかに超える税金をはらってますが・・・・・・」

と思いつつも、甘えさせてもらってます。


話しは元にもどります。

不安や恐怖感を強く感じる方は、精神安定剤も必須ですね。

でないと、一日中、不安感、恐怖感を感じ、辛い辛い日々がつづきます。

精神安定剤は不安感や恐怖感をやわらげてくれます。

そして薬をもらうためには、病院に通わなければなりません。


で、どの病院に行ったらいいかよく分からない、病院なんか行ったことない、嫌い、怖いの方。


いいえ、怖くありません。

基本、痛くないです。


一応採血しますので、チクッとはします。

しかし。


歯医者に比べればぜんぜん痛くないです。

歯医者に比べればぜんぜん怖くないです。

安心してください。


で、どの病院に行けばいいかというと・・・・・・

次の記事で。

 

スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
うつ病とは、その症状とは

第1話で、うつ病経験者の方々からたくさんの共感メッセージをいただきました。

ありがとうございました。




さて、次は うつでも解る、科学的説明です。

うつ病について、わかりやすくご説明いたします。

もちろん 「そんなこと当然知ってますわ」と言われる方も多いとは思いますが、復習のためにどうぞ。

3.うつ病の科学的説明

さて、人間の脳についてです。

脳は神経のかたまりですね。

そして大脳は、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉、中脳は・・・・・・

いきなり漢字の羅列になってしまった。

前頭葉だのなんだのは今回はパスしましょう。


その脳内を電子顕微鏡でものすごくアップしてみますと。


健康な脳 シナプス

図:健康なヒトの脳のシナプスのあたり。 著作権:自分


脳の神経細胞と神経細胞を結びつけるためににシナプスというのがあって、そこの隙間をセロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの・・・・・・

こんどはカタカナの羅列になっしまった。


簡単にいいますと、脳の神経細胞同士はシナプスでつながっていて、そのシナプスの間に神経伝達物質というのが流れています (図の青い玉)。

セロトニン、ドーパミン、アドレナリンなどは有名で、お聞きになったことはあるでしょう。

それが数百億、一千億個の細胞間で働いて、 「考える」「感じる」 ことができるワケです。

(実際に働いてるのは数パーセントらしいです)


そして、健康な人の脳には大量の神経伝達物質が流れて、脳が活発に働いています。

健康な脳
健康なヒトの脳。 著作権:自分


ところが。

脳が、あまりにも酷いストレスに長時間さらされると・・・・・・

神経伝達物質が少量しか流れなくなり。

しかも、受け取るほうの受容体という部分も、神経伝達物質をあまり受け取らなくなります。


うつ病の脳 うつ病

少ない神経伝達物質


せっかく出した神経伝達物質も、受け取ってくれないので余って元にもどったりします。

うつ病の脳 シナプス



結果、脳がほとんど働かなくなります。

うつ病の脳 うつ病

これが、うつ病の正体。


なので、うつがひどい時はテレビを観てもまったく面白くなかったり


読書しようにも1ページも進まなかったり


健康な時は簡単にできていた、買い物の 「お釣り」 が計算できない


ものごとの正しい判断ができない・・・・・・などの症状があらわれます。


脳が機能しないので当たり前です。


そして、「楽しい」「嬉しい」 などのプラス感情をまったく感じなくなってしまい。

まるで能面のような無表情になってしまいます。


うつ病 女性
フリーフォト足成より引用


かつ、これはぼくもよくわかってないのですが、 「辛い」「不安」「焦燥感」 などのマイナスな感情だけは感じる。

いや、 「辛い」「不安」「焦燥感」 しか感じない、というのが正確でしょうか。

そしてまったく動けなくなり。

ふとんにこもりきり。

会社に行くだなんてとんでもない。


トイレですら、行くのに勇気と気合が要る・・・・・・


4.効果的な薬


そして今やだいぶ昔の話になりますが、うつ病の治療薬として、画期的なモノが開発されました。

皆さんご存知の 「SSRI」 です。

訳すと、 「セロトニン再取り込み阻害薬」。

これは、前図で 「出した神経伝達物質を、受け取ってくれないので余って元にもどったり」 の所にバリアーをはって、元に戻らなくする働きがあります。

すると、余った物質は、正しい場所に吸収されざるを得ない。


うつ病の脳 SSRI


薬名はパキシル、ジェイゾロフトなどが有名ですね。

ぼくはレクサプロを服用していました。

効いてくるのは2週間をすぎたあたりから、と、時間はかかりますが・・・・・・脳の働きがだんだんと正常に戻ってきます。

吐き気などの副作用が出ることもあるらしいのですが、これは慣れてくるらしいです。

ぼくはアルコール依存 = 常に吐き気をもよおしていため、副作用はまるで感じませんでした。


今流行りの 「新型うつ病」 でない、本来のうつ病患者について。

ストレスをすべて取り除いて、SSRIを服用すれば、かなりの効果があるようです。


ただし、その 「ストレスをすべて取り除く」 という部分が最も難しいのではありますね。

次回のお話で。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

〇うつ病とは。患者本人が語る辛い気持ち


うつ病とは。

その症状とは。

このブログの読者の方は、ご存知だと思います。


しかし、医師や親や嫁、会社がしつこく言うことは聞き飽きました。


それはうつ病でない健常者がいろいろ研究・調査してそう言っているだけですね。


うつ病でない第三者にこちゃごちゃ語られても。

うつ病患者の本当の気持ちなど分かりはしないでしょう。

同じ病気を経験してみてみたらどうだ。

というのが本音じゃないでしょうか。


うつ病 病院 医者
フリーフォト写真ACより引用


あなたたちにいったい何がわかるというのでしょうか。

同じ辛さを味わってみたらどうでしょう。

それを声を大にして言いたい。


理解してもらいたい。

しかし理解してもらえない。


なので、断酒会のように、うつ病患者同士で辛い思いを語りうしかないでしょう。


うつの症状は人それぞれ、千差万別なのが難しいところです。


1.うつ病の発症・症状


ぼくの場合はこうでした。

SE(システムエンジニア)時代、残業250時間という徹夜徹夜地獄、土日もすべて仕事、休みは月に1日とれたらいいほうだったという地獄を4ヶ月味わいました。

その後・・・・・・徐々に仕事量が減ってきたのですが。


その頃、ふと感じたのが

かけがえのない人を失った」 時の気持ち。

心にぽっかりと大きな穴があいた感じ。

その時の感情を思い出せますか。

辛いでしょうが思い出してみてください。

それに近いでしょう。


ぼくは大昔、大切な人を失った時の気持ちがフラッシュバックしました。

まだ失ってない方は、わかり易く言えば

大好きだった恋人に突然ふられ、すべてを喪失した

感じ。


みなさんは彼女(彼氏)にふられた事がある、または離婚したことがあるでしょうか。

その際の気持ちを思い出せますか。

「ふった事はあるがふられた事はない」 などというモテモテ野郎は、ええと想像だけしてください。


いったい何なのでしょうか、この気持ち。

なにもやる気がしない。

動く気力もない。

会社に行くだなんてとんでもない。

休みをとって、一日中ボーッとしている。

そして辛い。

何もないのに不安や恐怖を感じる。

理由はわからない。

楽しいことや嬉しいことはまったく感じない。

気がつくと、一日中ふとんの中だったりする。

でも、眠れない。


眠らなきゃ、眠らなきゃ」 と思うばかりで、どうしても眠れない。


これではイカンとふとんから出てテレビをつける。

しかし、「笑点」などのバラエティを観ても、なぜか笑えない。

漫才やお笑い系の番組を 観てもまったく元気は出ない。


そして 「辛い」 ということは感じても、「楽しい」ことはまるで感じない


まったく気づかないうちに、まわりから 

「どうしたん、何かあったん?

 表情がまったくない、まるで能面みたいよ」  

と言われ始める。

そして、上司の指示で病院に行き、うつ病と診断されました。


うつ病 うつ症状
フリーフォト足成より引用


酒を飲むと、少しだけ辛さが紛れる。

(その頃はまだアルコール依存してませんでした)


酒は、飲んだら必ずうつ症状が悪化するためタブーですね。

(その頃はまだ無知でした)


近年、すこし前からですが 

「仕事に行くのは辛いがコンサートやゴルフに行くのは楽しい」

という通称 「新型うつ」 「仮面うつ」という言葉を聞くようになりました。


しかしぼくの場合は本来のうつ、いわゆるメランコリー型うつで、会社に行けず家に引きこもりまったく動けませんでした。

※「新型うつ」 という病名はなく、科学的根拠もないそうです。


2.うつ病は治るが、再発もする



でも、20代の頃 「残業250時間の徹夜地獄の4ヶ月」 で発症したうつ病は、約3年間の闘病をし、その後、完治しました。

きっかけはぼくの場合、今の嫁さんと再婚したことだと思えます。

それが心理的に安定した状態をもたらしたのだと思われます。

抗うつ薬の中の、SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)が効き始めました。

そしてうつ病が治る順番として、

薬を飲み忘れる

が始まりました。


うつ症状が重い時は、薬が手放せない。

精神安定剤が手元にないと怖い。

睡眠薬がないと、まったく眠れない。


画像20160301薬


しかし、症状がよくなってくると、いつのまにか薬を飲み忘れている

不安にならないので、とん服の精神安定剤もいらない。

睡眠薬を飲まないで、居眠りしてしまう。

居眠りのあと、本格的に寝てしまう。


あれ、薬要らないんじゃないの?

そう思って、薬を切ってみましたが、生活にまったく支障なし。

抗うつ剤も睡眠薬も、すべて必要なくなりました。

うつが完治しました。

うつ病は治る可能性があります。

希望があります。


しかし、10年以上経った39歳の時に再発しました。

これについては、まったく別の原因でしす。

うつ病は、1度治っても、なにかのきっかけで再発することがあります。

それについてはまた書きます。


そして無知のゆえ、酒を大量に飲んでいたところ、止められなくなり 「アルコール依存症」 と診断されてしまいました。


他のうつ病患者の場合。

実は元同僚もうつ病にかかり、本人は軽いつもりでいましたが・・・・・・


ぼくと同じ主治医に様子を尋ねると、

「ありゃ相当、重症じゃのう」

と言われました。


本人は主観のため分からないが、医師が客観的に診断すると、とても酷い症状だった。

というケースもあるようです。


次回は、うつ病患者の脳内を 《わかりやすく》 解説します。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談

スポンサードリンク

〇会社での出世の条件



今日は、うつ病持ちの会社での立場の話をしようかと思います。


まず、サラリーマンなただれもが願うのが、会社での出世ですね。



サラリーマン 出世
フリーフォト足成より引用


会社で、どうすれば出世できるのか。

どうやったら上司に認められ、評価が上がるのか。

どうやったら同僚より先に役職に就くことができるのか。



たいていのサラリーマンであれば、

1.同僚より抜きんでるほどバリバリ仕事をする
  そして成果、数字を上げる


2.残業を惜しげもなくいくらでもやる
  スケジュールが決して遅れることのないようにこなしていく


3.みずから進んで難しい仕事を行い、目立つことをする


4.チームリーダーとして、チームを引き連れてガンガン売り上げをあげる



業種によって違いますが、おおまかにはざっとこんな所でしょうか。



サラリーマン 会議
フリーフォト写真ACより引用


ところが。

うつ病持ちとなると。

みなさんお分かりのとおり、これがぜんぜん出来なくなってしまいます。

〇うつ病になると会社でこうなる


いつもテンションが低く、ハイテンションになることが難しい。

ストレスに弱くなる。

無理ができない、遅くまでの残業などができない。

よって


1.同僚より仕事のペースが遅くなる


2.厳しい残業はなるべく避けてしまう


3.あまり前に出ることを避け、目立たないようになる


4.リーダーになったとしても「熱血リーダー」にはなれない



なによりいけないのが



5.たびたび休むことがある


6.遅刻や早退の回数が人より多くなる



この2点は、人事評価では致命的になりますね


本人がいくら頑張って仕事をこなそうとしても、うつのためどうしても限界がくる。


限界がきて、遅刻早退、もしくは休んだりする


起きれなくなって、午前休を取ったりする


〇うつ病の経験談


ぼくの場合。


ぼくは30代後半まではバリバリ仕事をこなし。


5~6人のチームリーダーとして、年間数千万円の売り上げをあげておりました。


それが、39歳の時の 「うつ病・アルコール依存症 精神病院入院」 事件後。


休職・復職を繰り返し。

・仕事のペースが遅くなり


・残業はあまりできなくなり


・プロジェクトリーダーではあったものの



・たびたび休んだり


・遅刻や早退が多く

・最後にはリーダー職を落とされ


結局は、「会社の足を引っぱるダメ社員」 としての烙印がおされました。



うつ病 ダメ社員
フリーフォト写真ACより引用


当時の同期といえば、部長を筆頭に、ほとんどがリーダーまたは課長クラスになりました。


ぼくは会社の足を引っぱる係。



悔しいです。


本当は、みなと同じようにバリバリやりたい願望があるのに。


身体がついてこないのです。



「仕事があるだけマシでしょう」 という意見もあるでしょうが。


本来描いていた人生図とはまったくかけ離れたものとなってしまいました。



現在48歳。


その会社も病気のため辞めさせられ、3社ほど転々としました。

また入院して、いまは無職

例え就職できたとしても、今後、会社の最先端で仕事をすることはないでしょう。


精神病患者になってしまったことが、本当に悔しいです。



スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

〇格闘家のような大男がいた


デイルームをのそりと歩く、見上げるような背の高い患者がいた。

自己紹介をすると、アリタさん(仮名)と名乗った。


どちらかというと無口、というか寡黙というか、あまりしゃべらない人だった。

ぼくの身長は180センチちょうどと、どりらかといえば平均より若干高いのだが、そのぼくのちょうど目の高さに、彼の肩がある。


背が、あたまひとつ大きかった。


背の高い人全般にみられる特徴で、彼はいつも猫背だった。


猫背で申し訳なさそうに前かがみになっている彼の肩まわりが、ちょうどぼくの目の高さになる。


ちゃんと背筋を伸ばすと、ゆうに190センチは超えるだろう。


2メートル近くあるのではないか。

肩幅も、ぼくの1.5倍はある。

こんな大きな人間が害のある精神病患者だったら大変だ。

もし暴れはじめたら、柔道をやっている男性看護師でも取り押さえられないに違いない。

のそりのそりと歩くその姿は、まるでプロレスラーか、何かの格闘家のようだった。


大男 格闘家
フリー素材PAKUTASOより引用


そんな彼の肩口から顔を見上げると、首の左側にぐるぐると巻き付いた包帯と白いガーゼが、いやでも目に付いた。


何かケガでもしたのだろうか。

ケンカでもしたのか、傷害事件でも起こしたのか。

体格が人並みはずれて大きいので、揉めた相手はしこたまやられたに違いない。


〇自分で頸動脈を切る


何日かあと、包帯は取られていた。


画像20190403包帯 PAKUTASO


包帯があてがわれていた場所には、左アゴの下から鎖骨まで、けい動脈をななめに横切るように、15センチ以上の生々しい傷跡があった。


「かき切った」という表現がぴたりとあてはまるように、首筋をななめに、赤く、たった今傷口がふさがったといわんばかりの幅2センチの傷跡が生々しい。


ほんの数ミリほど深く切れていれば、赤い鮮血が部屋中に飛び散っていたにちがいない。


当然、彼はここにはいなかっただろう。


彼はうつ病だと言った。

だからしゃべらないのか。


自分でやった」のだ、と、彼は遠くを見つめながらつぶやいた。



画像20131230うつ 足成
フリーフォト足成より引用


自傷、しかも本気で死ぬつもりで頸動脈をかききった

重度のうつ病で、自傷行為があるため入院させられたようだ。

身体は大きいのに心は弱い。

すこし可哀そうになった。


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

留置所からの釈放後、警察署からの帰り道

警察署から出た僕は、嫁が運転する車の後部座席へ、なだれこんだ。


まだ酔いは残っていた。

助手席には、姑が座っていた。

嫁と姑に、視線を合わすことはできなかった。


窓に、暗い街並み、電灯や赤や青の信号、キラキラ光る店の看板などがずっと流れつづける。

警察署 拘置所 帰り道
フリーフォト足成より引用

次々と通り過ぎる光を、寝ころんだままぼんやりと見続ける。

何も考えたくなかった。


病院送り?もうどうにでもしてくれ

運転席と助手席は、今後の僕の処置をどうするか、話し合っていた。

病院送りにするか。」

「いや、一週間ほど様子を見るべきか。」

そんな言葉が耳に入った。


もうどうにでもしてくれ。


ぼんやりと、思い出していた。


警察で受け取った財布は、べしゃべしゃに濡れていた

財布の中に入れていた病院の受診票や、誰かさんの名刺などは、みな濡れてふやけていた。

所持金は、170円しかなかった。


だから、歩いていたのか。


・・・・・・川沿いを歩き「水の中にいた記憶」っていうのは、川に落ちたってことか。


せせらぎ公園の近くの古川は、浅い川だ。

深いところで、水面は腰のあたりだろうか。

記憶が無いが、川に落ちて這い上がったらしい。

川 河 落ちた
フリーフォト足成より引用

・・・・・・そこで溺死しとけば、楽だったのにな


変なことを考えた。


警察を出る際、右手の5本、左手の5本、すべての指紋を採られたように思う。

これで警察データベースに、僕の留置歴と指紋が登録されたってワケだ。


・・・・・・犯罪者みたいで、ちょっと嫌だな。


ま、酔って知らない人と喋っていただけだ。

暴れたりケンカとか、法に触れることはしていない。

そんな事をしたのなら、事情徴収があるはずだが、それは無かった。

親父が親子の縁を切るだと!

次の日は、酒を控えていた。

姑が僕のオヤジと、電話相談をしていた。

昨日の事をオヤジへ伝えたらしい。


しばらくながめていると、受話器をつきだされたので、姑と替わった。


オヤジは、
お前とは親子の縁を切る

はっきりと、そういいやがった。


・・・・・・親子の縁を切るだと!


警察の世話にはなったが、オレは犯罪者ではない。

そもそも、前回アルコールでひっくり返ったのは
甲状腺異常で働けず、収入もなく餓死しそうだった『妹』を、親代わりに生活保護申請し、新居を探し、大学病院で全身麻酔手術の手配をし、引っ越しの準備までした
のは、兄であるうつ病の僕と、僕の嫁だ。


本来それは、親がやるべきことではないか。

・・・・・・そんな状態の妹をほったらかしにしておいて、責任や行動を僕に押しつけておいて、僕がひっくり返ったら親子の縁を切るだと?


頭にきて、また酒をあおった。



スポンサードリンク



次記事→断酒会:アルコール依存症の自助グループの日。また鉄格子の中!精神病院 体験談1(8)

前記事→


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

酒が欲しい、飲酒欲求を抑えることができない

9月2日、暑い日だった。

早朝、いつものように車で嫁さんを仕事場に送迎し、家に戻った。

ふと、今、自分が酒を欲していることに気がついた。

僕は「アルコール依存症」という病気である。

しばらく前、医師にそう診断された。


僕は「うつ病」でもある。

もっと昔、医師にそう診断された。


「あなたはうつ病です。それに加えて、アルコール依存症になっています。先にアルコール依存症を治さないと、うつ病は治りません。」

ちょっと前、医師にそう言われた。

うつ病 アルコール依存症
フリーフォト足成より引用

昨今、市民権を得た「うつ病」が何なのかは、皆さんもうご存知であろう。


アルコール依存症というのは、俗に言う“アル中”だ。


簡単に言えば「常に酒が欲しい」「酒を飲み続けて常に酔った状態でないといられない」という病気で、薬物依存の一種だ。

逆に言えば、「酒を飲んではいけない時でも飲まなくてはいられない」人たちの事を言う。
酒が欲しいことを「飲酒欲求」という。

「あなたは飲みすぎで肝臓機能が異常をきたしています。このまま酒を飲み続けると、肝硬変で死にます。
と医師に言われながらも、酒をやめられない人。


「今から車を運転して仕事にいかなければならない。仕事で車をつかう。」
ので、飲酒運転は絶対避けなければならないのに、酒を飲んでしまう人。
飲酒運転 酒気帯び運転
フリーフォト足成より引用

「朝、起きるとどうしても不安感や恐怖感からベッドを抜け出せない。酒を飲んだら動ける。」
でも飲んで酔ってしまって、会社に行ったり、家事や育児などができない人。

これまで精神病院で出会ったアルコール依存症患者は、だいたいこの3種類の人種だった。


僕はうつ病が元にあるので、3番目のほうになる。


僕は血液検査、レントゲン、エコー検査などから、身体や内臓に異常はまったくみられない。

「サケヲヤメナサイ」

僕は元来大酒飲みだが、医師のこの言葉以外に、酒を止める理由は無いと思っていた。


アルコール依存症の治療は断酒しかない

このやっかいな病気は、「酒を全く断つ」、断酒することにより症状を出さないようにするのが一般的な治療法だ。

アル中達は“節酒”だとか“意思の問題”だとか、そういう生易しい次元はとっくに通り越していて、断酒以外に解決方法がないらしい。

 

まずは入院し、断酒する。

そうするとどうなるかというと、常日頃「酒を飲みたい度100%」の気持ちがだんだん下がってきて、「50%」「30%」くらいになってくる。

さらに頑張って断酒していると、退院のころには「5%」くらいになる。

退院して家に戻り、酒なし生活を数カ月もつづけると「酒飲みたい度1%」くらいに落ち着く。

 

1%ならなんとか飲まないでいられるので、そのまま断酒生活を続ければ良いわけだ。

酒さえ飲まなければ、肝臓が悪くなることもないし、仕事に行けるし、家事もできる。

「精神疾患患者」ではなく「普通の人間」として生活できるわけだ。

僕は退院して昨日まで3か月ほど、先ほどの「酒を飲みたい度1%」くらいで断酒生活をしていた。


特に強烈に飲みたくなるわけでもなく、しかしまったく飲みたくないわけでもなく、しかし別に飲まなくても大丈夫、そんな感じで断酒生活をしていた。

そして昨日、急に、1合飲んでしまった。


そして今、酒が欲しい、酒を欲している。

確実に「酒を飲みたい」と思っている。
飲酒欲求が高まっている。

「酒飲みたい度50%」ほど酒を飲みたい。

いや、「100%」かも知れない。
もう飲酒欲求を抑えることができなくなっている。

 

僕の脳みその細胞ひとつひとつが昔の酩酊時の記憶を呼び覚まし、僕の身体のすべての器官へ神経細胞を通じてアルコールを摂取するよう呼びかけているようだ。


すごく酒が欲しいという思いが強まり、とうとう飲酒欲求を抑えることができなくなった。

今日も、1合だけまた飲んだ。



スポンサードリンク



次記事→断酒中なのに飲酒欲求に負けて酒を飲み、気がつけば鉄格子の中に。精神病院 体験談1(3)

前記事→


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

うつ病、アルコール依存症の闘病記


こんにちは、ふく うつおと申します。

ぼくは「うつ病」と「アルコール依存症」の精神疾患があります。
25歳ごろ、仕事が激務で重い「うつ病」を患い、さらに離婚してうつが酷くなったのですが。
それは3年で完治しました。


39歳になって、また仕事が激しくなり、うつ病が再発。
うつの辛さを一日中酒飲んで紛らわしていたら、今度は「アルコール依存症」と診断されました。
アルコール依存症は、一滴も酒を飲んではなりません。
酒を飲むために仕事をしてたようなものなのに、酒を取られると生きがいをなくしてしまいました。
うつで辛く、酒を飲めずに辛い
酒 アルコール依存症
フリーフォト足成より引用

精神病院に入院

そして度々スリップ(再飲酒)をしてしまい、精神病院の閉鎖病棟(鍵かけられて外に出られない)に幾度も入院しました。
鉄格子の牢屋のようなところに閉じ込められました。
そのうちうつ病がひどくなり、こんどは躁うつ病(双極性障害)と診断されました。

精神障害者手帳2級をもっています。

立派な?障害者です。

読者の皆様には、そんな目にあってほしくないのです
画像20131230うつ 足成
フリーフォト足成より引用

自分が体験したうつ病のつらさ、またその改善のしかた。
アルコール依存症者が、いかに酒を飲まずにすむか。
何回も入院した悲惨な精神病院の体験談をつづっていきます。
決して、ぼくのような悲惨な目にあってほしくないのです。

ぜひ、記事を参考にして、健康で幸せな人生を送ってください

よろしくお願いします。

スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ