うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

スポンサードリンク

タグ:けいれん

スポンサードリンク
※断酒229日目

アルコール依存症で入院しただけなのに

1ヵ月にも及ぶ保護室から、やっと開放され大部屋にもどった。

それから何回か外泊し、なんとか退院できた。

アルコール依存症で入院したのに、酷い目にあった。
ビール 酒
フリーフォト足成より引用

結局、保護室に3回も入れられた。

最初はアルコールを抜くために。

1回目は発作で三日三晩飲まず食わず眠れず。

2回目は躁転(躁状態になる)で1ヵ月も保護室に閉じ込められた。

双極性障害を発症

入院でアルコールは切れたものの、うつ病が悪化し、躁うつ病つまり双極性障害を発症した

聞いた話によると、うつ病の薬のSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)を飲み過ぎると躁転することがあるという。

10代のような若い人に、そのような現象が起こることがあるという。

双極性障害とは

外泊時に双極性障害についてネットであれこれ調べた。

ハイテンションな躁状態がしばらく続き、次はうつ状態がそれ以上長くつづく。
躁状態
フリーフォト足成より引用

躁状態の時は気分が乗っているので病院に行くことはないが、うつ状態の時はしんどいため病院に受診する。

医師はうつ状態の時だけ診察、となってしまうため、うつ病と誤診されることも多いという。

けいれんについて

けいれん発作について調べたが、「パニック発作を起こす場合がある」とは述べられているものの、けいれんについては見つからなかった。

主治医に聞いてみたところによると、けいれん発作には「大発作」と「小発作」があるという。

大発作」は文字通り、大きな発作で、てんかんのように意識がなくなるほどのけいれん発作だ。

小発作」は意識があるものの、筋肉がけいれんしたり固まって動けなくなるという。
発作
フリーフォト写真ACより引用

ぼくに起きた現象は後者のほうらしい。

スポンサーリンク

薬について

躁状態を抑える「デパケン錠」を大量に飲まされるようになった。

薬のせいで、酷いうつ状態になってしまった。

退院後、何か月もベッドに寝たきりで、働くことができなかった。

しんどいので薬を止めると

あまりにもしんどいため、自分でデパケンを除いて飲んだりしてみた。

すると、車の運転中に発作が起きそうになった。

その時は、制限速度60キロの道なので80キロくらいで走行していた。

なんだか「嫌な予感」がしたので、たまたま左車線側にあったコンビニに急停車した。

コンビニに停まったとたん、発作が起きた

全身の筋肉が硬直して、身体が動かなくなった。

意識はあった。

妻が大慌てで119番通報をした。

しかし、救急車が着た頃には発作は治まり、普通に動けるようになっていた。

タバコに火を着けて吸った。

救急隊員には、「もう大丈夫です、すいません、申し訳ない」と言って、帰ってもらった。

もしコンビニに停めてなかったら大ごとだった。

体が硬直し、ブレーキを踏むことなく前の車に激突していたことだろう。
事故
フリーフォト写真ACより引用

後ろから衝突なので100%こちらが悪く、むち打ちにでもなっていたかもしれない。

入院費、慰謝料を請求されていたかもしれない。

危なかった。

怖くなって、デパケンを飲むのを止めるのを止めた


長い長い、4か月にもわたる入院だった。

退院して、これに懲りてアルコールをきっぱり止めた、といえば止めた。

いつも退院したら酒は止めるのだ。

何かがないかぎり。

こんどの断酒が長く続けばよいのだが・・・・・・


・・・・・・ 精神病院 体験談3(完) ・・・・・・


長い間読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



次記事→

前記事→双極性障害と診断された。また保護室に閉じ込められる 体験談3(22)

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒226日目

(つづき)

病院の中なのに死にそう

飲めない、食べれない、眠れない

苦しい・・・・・・

地獄だ。

食べるのはあきらめて、また横になった。

しばらくすると、看護師が薬を持ってきた。
睡眠薬
が、また吐いたら嫌なので、水なしでゴクリと飲みこんだ。

もう12時間も飲まず食わずだ。
このままでは、病院の中で死んでしまう。

とにかくけいれんが起こる

けいれんがあいかわらず起こる。
時計が見えないので分からないが、30分か1時間ごとに身体がけいれんする。

けいれんの前兆のようなものが分かるようになってきた。
あ、くるな・・・・・・
と感じる。

しばらくすると、腕の筋肉がピグピグしはじめ、腕が勝手に持ち上がる。
そして足の筋肉もピグピグしはじめ、硬直する。
お腹も背中もピグピグしはじめ、身体全体がけいれんし始める。

けいれん
フリーフォト足成より引用

吐き気も感じる。
5分くらい経つと治まる。

ずっとけいれんに耐えながら、時間が経つのを待つ。

時計がないので、とても長く感じた。

飲めない食べれない、死にそう

12時になったのだろうか、看護師が昼飯を持ってきた。
食べたらどうせ吐いてしまうだろう。
そう思い、手を付けなかった。

看護師が戻った後、昼飯をトイレに流した。

薬は、やはり水無しで飲みこんだ。

夕飯も同じことを繰り返した。

もう24時間も飲まず食わずだ。

睡眠薬をもらって横になった。
が、度々けいれんが起こるため、意識が無くなることはなかった。

まったく眠れないまま、また朝が来た。
朝焼け
フリーフォト足成より引用

スポンサーリンク

3日間、我慢しつづけた

その次の日も、症状は変わらなかった。

食べ物を胃にいれれば吐く。

水を飲んでも吐く。

タバコは禁止。

眠れない。

けいれんが起こる。

保護室に入って3日目の午後になった。
もう72時間飲まず食わず眠れずだ。

よく、遭難した人の生死の境が72時間だという。
72時間で生存率がかなり変わってくるという。

今は寒くも暑くもないが、生死の境72時間を飲まず食わず眠れずに過ごしている。
災害で遭難しても生存できるかな、と思った。

大部屋へ生還

やっと主治医がやってきて、

「調子はどうですか?」

と聞かれた。
医者 医師
フリーフォトPAKUTASOより引用

「悪い」というと保護室から出してもらえないので、

「まあまあです。タバコが吸いたいですわ」

と答えた。すると

「大部屋に戻りましょうか」

・・・・・・やっと地獄の保護室から出された。

大部屋へむかう途中、主治医に、とにかく「けいれんが起こるので何とかしてほしい」と訴えた。

けいれん止めを出しときます」

と先生は言った。

その薬を飲んでからは、ピタリとけいれんが止まった。

スポンサーリンク



次記事→

前記事→地獄の保護室、飲めない食べれない眠れない 体験談3(19)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒224日目

(つづき)

睡眠薬をもらって横になった

睡眠薬が来たので、もらって飲んだ。

今日は一日疲れた。

けいれんで倒れ担架で運ばれ
さらにけいれんで倒れ、また保護室の牢獄に入った
倒れる
フリーフォト写真ACより引用

カレーライスが出たものの、吐き気がして嘔吐した。
物がたべられない。

タバコも規制されて吸えない

睡眠薬をもらって、やっと眠れる。

タッパーに水をもらい、ひと安心して横になった。

飲めない

喉が渇いている。
さっき睡眠薬と一緒に水をのんだが、足りない。
タッパーのフタを空けて、ごくごくと喉へ流し込んだ。

急に胃が持ち上がるような気がして、便器にかけこんだ。

トイレのドアなどはない。

飲んだ水がすべて胃から噴出した。

しまった。
白い睡眠薬の錠剤も一緒に出てしまった。
汚らしい便器、洗う水道もないため、錠剤を取るわけにもいかなかった。

水さえも飲めないのか・・・・・・

これではもう、とん服の睡眠薬をもらうしかない。
鉄格子の隙間から外にスリッパを出して、看護師がきてくれるよう合図した。
通りかかった看護師がスリッパを見て気づくはずだ。

眠れない

ところがしばらくすると、またけいれんが始まった。

上腕の筋肉が、ピグッピグッと引きつり、手が勝手に持ち上がる。

太ももの筋肉も、ビグッビグッと引きつり、足が硬直する。
けいれん
フリーフォト足成より引用

どうしたんだ。

なぜこうなるんだ。

ぼくの身体はどうなっているんだ。

横になっていても、たびたび痙攣が起きる。
睡眠薬はさっき吐いてしまった。
眠れない。

看護師がスリッパに気付き
どうされましたか?
と尋ねてきた。

ぼくは睡眠薬を吐いてしまった事情を説明し、とん服をもらった。

タッパーの水を口に少し含み、飲みこんだ。

看護師は仕事が終わると行ってしまった。

しばらくすると、また胃が持ち上ってきて吐き気になり、水も睡眠薬も吐いてしまった

睡眠薬はない。
度々けいれんがおこる。
眠れない

気がつくと窓が明るくなってきた・・・・・・

スポンサーリンク

食べれない

朝になり、しばらくすると、看護師が朝食をもってきた。

パンと牛乳、味噌汁がトレイに乗っている。
パンの包みをあけ、付属のマーガリンを塗って一口食べてみた。

また胸が苦しくなり、胃が持ち上がり、吐いた。
吐く 嘔吐
フリー素材いらすとやより引用

内臓が、まったく食物を受け付けない。

腹が減っている。

喉が渇いている。

眠りたい。

しかし、飲めない、食べれない、眠れない

三重苦だ。

苦しい。

地獄の保護室だ。


食べるのはあきらめて、また横になった・・・・・・

スポンサーリンク



次記事→生死の境72時間。とにかくけいれんが起こる、つらかった 体験談3(20)

前記事→保護室へ戻された。つらい。夕食は吐き気がして全部吐いた 体験談3(18)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒222日目

(つづき)

またけいれんして倒れる

ぼくが見ていたデイルームの景色が、その下の床へと変わっていった・・・・・・

ガツン、と音がしたような気がした。
倒れる
フリーフォト写真ACより引用

目の前が真っ白になり、目がチカチカした。
床に座り込んだが、また、手足がけいれんしてピクピクとうごめく。

なんでこうなるんだ。

誰かが呼んだらしく、2、3人の看護師が駆けつけてきた。
大丈夫ですか
の問いに、うなずくことはできた。

「今日は保護室で休んどきましょう
そう言って2人の看護師に支えられ、保護室のほうへ向かった。

それからが地獄だった・・・・・・

再び保護室へ

また保護室の牢獄か・・・・・・げんなりした。
保護室 鉄格子
フリーフォト足成より引用

また保護室の恐怖がよみがえる。

とりあえず、シーツのかかってない裸のふとんへ寝ころんだ。
しばらくすると、またけいれんが始まった。

腕の筋肉がピクリピクリと動き、ピクリの度に腕が持ち上がる。
太ももの筋肉もビクリビクリと動き、足が硬直する。

なんなんだ、これは。

度々起こるけいれんに耐えていた。

しばらくすると、看護師がご飯ののったトレイをもってきた。

今日はカレーライスだった。

この病院のカレーは美味しい。
カレーライス
フリーフォト写真ACより引用

スポンサーリンク

夕飯はすべて吐いた

久しぶりのカレーだ。

けいれんだとか倒れたりとかいろいろあったせいで食欲はないが、食べてみた。

スプーンでご飯とルーをすくい、口の中に入れる。

カレーの味を感じたとたん、吐き気がしてきた。

なにも入ってない胃袋から何かがこみあげてくる

急いで保護室のトイレに行き、口の中のものをすべて吐いた。

胃液のようなものがこみあげてくる。

透明な胃液も、すべてトイレに吐いた。

その後も吐き気がずっと続き、結局ご飯は一口も食べれなかった。

コップのお茶を少し飲んだが、これもすぐに吐き気を誘発し、またトイレで吐いた。

何も食べないと看護師になにか言われるため、トレイにのったカレーとご飯をトイレに流した。


タバコを吸いたくなったが、保護室でドアには鍵がかけられており、勝手に吸えない。


看護師が来るのを待った。

30分くらいして、男の看護師がやってきた。
看護師は食べた量をチェックし(本当は一口も食べれなかったが)食後の薬とお茶を勧められた。

タバコは、と問うと「まだ調子が悪いのでダメ」と言われた。
閉鎖病棟では自由に吸えたのに、急に禁煙になった。

なんでだ。

飯も食べれず、タバコも吸えず、精神的にまいってきた。

天井を見ながら、時が過ぎるのを待った。
30分おきぐらいに、手足がけいれんする。
さっきから、これはいったいなんなんだ。

睡眠薬が来たので飲み、寝ようとした。

スポンサーリンク



次記事→地獄の保護室、飲めない食べれない眠れない 体験談3(19)

前記事→発作で倒れ、看護師に担架で運ばれる 精神病院 体験談3(17)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ