うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

タグ:ドクターストップ

スポンサードリンク
※断酒203日目

自分の送別会

会社のふくさんとはお別れじゃが、ふくちゃんとは個人的におつきあいをしたいのう・・・・・・

という、自治会長の言葉がとてもうれしかった。


御年70才の長老に認められている感が、とてもうれしい。


当時、ぼくは会社を辞めることになっていた。

そしてそのころ密に関係を保っていた、近隣地区の自治会長が、送別会を催してくれた。

自分の送別会なので、断るわけにもいかない

送別会には、自治会長とその若い衆3人ほどが来てくれるという。

うちの会社からは、ぼくのほかは2名だ。

こじんまりとした送別会だった。


そしてそれは開催された。

31階建て高層マンションの2階、会議室

たたみ、茶色の質素なテーブルと座ぶとんの和室。

本棚と、独身部屋にあるような小さな冷蔵庫、窓が2つ。

トイレ。
マンションの管理人室
フリーフォトPAKUTASOより引用

マンション管理組合だとかがちょっとした打ち合わせに使うのだろうか。

そこで仕出しを持ちより、「ぼくが主人公」の送別会がひらかれた。

3月18日、陽がおちるとスーツでも肌寒い、そんな日だった。


もちろんうちの社員たちは、ぼくがアルコールを飲めないことは知っていた。

お客さまでいちばんエライ長老、自治会長にも「実はドクターストップで、飲めない」旨を伝えておいた

ところがその最も重要な情報は、「若い衆の買い出し担当係」にまったく伝わっていなかった。

ビール、焼酎、酒はたくさんだが、ソフトドリンクが無い

和室の各個人個人の前に置かれた、いかにもな高そうな仕出し。

自治会の買い出し担当係が「どうだ」とは言わず広げたスーパーの白いビニールからは、ビール3箱、日本酒が数本、そして焼酎も数本

酒だらけ。

いや、酒だけ


しかし、特に気には留めなかった。

それは、なぜか。

それは、3年間、断酒し続けたから。


会社の飲みには全部出席し、お茶とコーラで済ませて帰る。

3年ほど、それで何も問題は起きなかった。

「これまでと同様、喰ってさっさと帰ればいい」

そのくらいにしか考えていなかった。


慢心していた。

断酒し続けた自信が、逆にアダとなった。

仕出しは酒飲み用に、とても塩辛い味付けだと気づくまで。

そして、長老がコップ(小)にビール半分ついで、「このくらいエエじゃろ」と勧めるまで。

塩辛い仕出しばかり、ソフトドリンクが飲みたい

仕出し
フリーフォト足成より引用

仕出しの茶色いトコブシは美味しく煮込んであったが、酒呑み用で塩辛かった

立派なホタテ貝の煮付けも旨かったが、やはり塩辛かった

くるま海老を赤く塩焼きしたヤツも、やはり塩辛かった


1時間ほどは、楽しい時をすごした。


しかし、喉が激しく渇いてきた

お店なら、お茶でも水でも注文すればよい。

しかし、ここの水源地はトイレしかなかった。

「何かで、喉をうるおしたい。」


・・・・・・酔っぱらった長老がそれを察してか、コップ(小)に半分ほどのビールを注ぎ、ぼくに差し出してきた。

ビール
フリーフォト足成より引用

このくらい、エエじゃろう

自治会長は酔っぱらって、ぼくが「酒を全く飲めない」と言ったことを、すっかり忘れたらしい。

スポンサーリンク



次記事どうぞ→ついにスリップ、再飲酒してしまった。家が大嵐になった 精神病院 体験談3(2)

前記事どうぞ→ED?うつで男が役に立たなくなった時の対処法


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
断酒195日目

(つづき)


断酒中のアルコール依存症にとって、危険なところパート3

自分の歓送迎会」または「懇意だったの人の歓送迎会ですね。
歓送迎会 飲み会
フリーフォト足成より引用
この問題は、サラリーマンにとって「もっとも断りにくい飲み会」だからですね。

自分の歓送迎会は、断れない

恩がある方の歓送迎会も、出席せざるをえない

でも、断酒中なので飲めない。

家族からは、当然「行くな!」と反対されている。

しかしサラリーマンの宿命なので、断るわけにはいかない。

どうにか飲まずに事を穏便にすませたい。

誰も傷つけずにWin-Winで事を終わらせたい。

こんな場合、次のように逃げています。

1.ドクターストップで酒が飲めない作戦

飲み会はたいてい

生ビール10個!女性はカルピスサワー2つ!

などから、宴会がスタートしますね。

ここで「ぼくはウーロン茶で」なんて言うと、

なんとTPOのないヤツ

と思われてしまいますので、一応、生ビールを頼んでおきます。

で、

「カンパーイ!」

の音頭で、みなと同じようにグラスをガチガチ当てて、飲むフリをしておきます。

(実際は、泡に口をつける程度)

つづいて、酒飲みの人がすぐ「生、おかわり!」とか言い出しますので、

「スイマセン、ぼくはコーラで」と、どさくさにまぎれて注文します。

すると、

「どしたん、飲めんのん!? ○○の送迎会じゃけえ、飲まにゃ!」

などと返ってきます。

そこで

「スイマセン、ぼく実は、ドクターストップがかかっちゃって。」

と、肝臓のあたりをさすります。

カミングアウトします。
肝臓痛い ドクターストップ
フリーフォトPAKUTASOより引用
すると、さすがに酒飲みの方は事情がおわかりになるのでしょう。

「あー、ドクターストップかーそりゃしょうがないのぉ、残念じゃのぉ」

などと、だいたいの方に理解していただけます。


さすがに医者がダメと言ってるのに「飲め!」と強要する方は、いまどき少ないです。

パワハラになります。

2.酒を飲まないため車で行く作戦

これは、自分で自分に枷(カセ)をかけるためですね。

いくら 「飲みたい」 誘惑にかられても、このご時世さすがに飲酒運転はできません

ドクターストップで、車で来ている

とまでカミングアウトしますと、飲むのを進めるところか、

飲もうとしても、止めてもらえる

というメリットまであります。


さらにもうひとつ。

宴もたけなわ、さあ終わりますか、というときに。

今日、車なんですが、もしよければ送りますよ

と誘います。

中にはタクシー代2000円、3000円もかかる方もおられましょう。

少々遠くても、送ってあげるととても感謝される

「イイやつだ」 とも思われるメリット付き。
タクシー
フリーフォト足成より引用
これで、飲まなくてもだれも文句を言う人はいないハズです。

たぶん、ですが。


それでも無理やり酒を飲まされる会社は、もはや仮病を使うしかない

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症には危険!逃げるべき(4)コンビニのワンカップ酒

前記事どうぞ→アルコール依存症には危険!避けるべき(2) ソメイヨシノで花見!


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ