【うつ病でアルコール依存症】人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず


うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

ワンカップ

酔って無銭飲食で店員に交番に連れていかれた アルコール依存症になる前の話(6)

スポンサードリンク
※断酒170日目

〇薬の整理のため総合病院に入院


精神病院に入院する前、普通の総合病院に入院したことがある。

厚生病院という名の総合病院だった。

昔から通っていたクリニックから、上司の勧めで別のクリニックに転院した

ぼくがうつ病であまりにもたくさんの精神科の薬を飲んでいたため、新しい主治医に、

「いったん入院して、薬を整理して来なさい」

と言われ、しかたなく入院していた。


総合病院 入院
フリーフォト写真ACより引用

その病院にはデイルームも本棚もない。

個人用にテレビはあったが、普段テレビをあまり観ない。

退屈でしかたがなかった。

最初の数日は、庭でシャドーボクシングしたり、7階まである階段を駆け上がったりしていたが。

それも飽きてきた。

●毎日 外出、毎日 パチンコ


外出は普通にできたので、外出用紙に記入し、毎日出かけた。

近所にパチンコ屋が3件もあったため、毎日スロットを打っていた。

なんのために入院してるのかわからない、そんな感じになっていった。

スロット パチンコ 飲みながら


ある日、2時間くらいコインが増えては減って、増えては減ってと続くので、飽きてきた。


コンビニがすぐそばにあった。

ほんの出来心で、ワンカップを買ってしまった

1杯だけ、のつもりだった。

酔いが醒めたら病院に帰ろう。

どこかのアル中映画のタイトルみたいになってしまった。

ところが、ぼくはその時、アルコール依存症と診断されてはなかったものの、ほぼアル中の卵だった。

1杯ではすまなかった。

次から次へと飲み、「どうせ強制退院になるんだから」と、家の方に向かって帰っていった。

〇うっかり無銭飲食、後払いは不可だった


帰る途中、腹が減ったのでラーメン屋に寄った。

ラーメンと餃子、久しぶりに濃い味の食物を食べた。

病院食ばかりだったので、久しぶりに美味い物を食べた。

ラーメン 餃子
フリーフォトPAKUTASOより引用

ラーメン餃子を平らげ、会計に行って財布を開くと・・・・・・

お札がなかった。

200円ばかりの小銭しかなかった

「しまった」

スロットにつぎ込んで、お金が無いことに気がついていなかった。

これでは無銭飲食になってしまう。

銀行口座には金がある。

店員に「キャッシュカードでおろしてくる、それから払う」旨を伝えた。

しかし、融通のきかない店員はぼくの腕をつかんで店の外に出た。

すぐ目の前に・・・・・・交番があった。

●酔って無銭飲食で交番へ


交番に突き出されたぼくは、無銭飲食で逮捕されるのかどうなるのか怯えていた。

が、その交番で一番偉いであろう所長らしき人に、

「そこのイスに座ってなさい」

と、交番の隅にある丸椅子を指した。

「あんたの家族に連絡とるから、酔いが覚めるまで座ってなさい」

と言った。

どうやら軽犯罪法で逮捕ではなさそうだ。

交番 警察 無銭飲食
フリーフォト写真ACより引用

そのお偉いさんは、事件がないとヒマなのだろう。

ぼくにいろいろ話しかけてきた。(内容は、もう昔過ぎて忘れました)

ちょうど留置所の鉄格子が見えたので、酔っているぼくは

留置所に入れてくれ

と頼んだ。

しかし、断られた

留置所に入れるのに、いろいろ書類を書かなければならず、大変なのだという。


「タバコを吸ってもいいですか」

と尋ねると、

「おう、ワシも吸おうか」

と、連れタバコすることになった。

交番の前の、ちょうど階段状になっている入口に2人座ってタバコを吸いながら雑談した。

とても親切な所長さんだった。


交番で2、3時間待ち、酔いも醒めてきたころ。

車で嫁が現われた。

ものずごい形相でにらみつけてきたため、目をそらした。

彼女はラーメン屋の支払いを済ませた後、言った。

病院から電話がかかってくるし、警察からも電話がくるし。

どうなっとるん、どうしたんかと思ったわいね!

もう恥ずかしいやら情けないやら、もう、やれん!

いつの間にやら、かなりの心配と迷惑を嫁さんにかけてしまったようだ。

そこまで言われないと酒飲みは気がつかない。

そのつもりがなくても、家族に迷惑をかける。

酒飲みは本当にたちが悪い。

今だから言えるが、そんな状態になる前に、酒を止めるべきだ


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ
無料写真が超たくさん
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談

広島の平和公園で酒を飲むようになった。暑い、寒いは関係ない アルコール依存症になる前の話(4)

スポンサードリンク
※断酒166日目

〇広島の平和公園で酒を飲む


もうアルコール依存症と診断される寸前の話。

飲み始めて、もう晩年のころの話である。

もう40近くになっていた

仲が良かった1つ上の同僚、コロちゃん(仮名)とつるんでよく飲むようになっていた。

当初は、会社のそばにある「2時間食べて飲んで2000円」というような激安の居酒屋で週2、3回飲んでいた。

しかし、週2、3では物足りなくなった

会社が広島市の平和公園のすぐ隣だったため、「平和公園で飲みません?」とぼくが提案した。

コロちゃんはのってきた。


すぐそばにあるスーパーで、ぼくは焼酎ワンカップ25度2本のみ、コロちゃんはワインのワンカップのようなものを仕入れた。

コロちゃんはたまにハウスワインボトル1本を仕入れ、平和公園へ向かった。
ワイン 公園で飲む
フリーフォト写真ACより引用

平和公園のすみには、朝から晩まで将棋に熱中しているオジサン方がいる。

3つか4つの将棋盤で対局しているオジサン方を、さらに何名かのオジサン方が囲んで見ている。

おおかた、定年退職したオジサン方であろうが、時々若い人も見かける。

毎日まいにち将棋を指しているせいか、強い、レベルが高いとの噂だ。


〇平和公園で飲む、まるでアル中のホームレス


公園ベンチ 酒を飲む
フリーフォト足成より引用


その将棋チームが見えるようなベンチで、ぼくとコロちゃんは座る。

そして酒を飲みながら馬鹿話をする。

これでスーツを着ていなければ、ただのアル中のホームレスだ。


ぼくはワンカップなのでそのまま開けて飲んだ。

コロちゃんは時々ワインボトルなので、新聞紙を丸めてその中にボトルを入れ、隠して飲んだ。

まるで外国映画のアル中である。

●暑い日でも酒を飲む


夏は呼気の二酸化炭素と酒の臭いでがたくさん寄ってくる。

半袖の腕や、スーツのズボン越しに足を10か所以上噛まれ、あまりの痒さに閉口した。

次の日、フマキラーを買ってきて自分たちのスーツにまいた。

自分が蚊か。


雨の日以外はいつも平和公園で飲んだ。

決まって、ぼくは焼酎ワンカップ2本のみ、コロちゃんはワインのワンカップか、ワインボトルのみだ。

1、2時間ほど馬鹿話をして、飲み終わったら帰路につく。

大いにストレス発散になった。

空腹なのでけっこうフラフラになる。

これで500円以内で済むので、コスパ抜群だ。

もう店やに行って金払うのが馬鹿馬鹿しくなってきた。

●寒いのにまだ酒を飲む


この公園飲みは長くつづき、になった。

コートをはおって、寒くないようにして飲んだ。


になった。

それでも止めなかった。

ちらほら雪が舞っているときもあった。

コートで暖かくしたのと、酒で体温が上がるため、それほど寒く感じなかった。

雪 酒を飲む
フリーフォト足成より引用


春になってもまだ続けていた。

寒さを乗り越え、自律神経が活発になった気がした。

結局1年近く続いた。

「なんだ、コートと酒さえあれば冬は乗り越せるじゃん。ホームレスになれるじゃん!

と、二人で笑った。


それからしばらく後、少量だが毎日飲んだせいか、ぼくは「アルコール依存症」と診断され休職して何回も精神病院に入院することになった。


「公園飲み」はこれで消滅した・・・・・・


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ
無料写真が超たくさん
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談

また飲んで飲んで、気がつくと鉄格子の中に。精神病院 体験談1(3)

スポンサードリンク


9月3日、暑い日だった。


早朝、いつものように車で嫁さんを仕事場に送迎した。


良く晴れた、天気の良い朝だった。

車 送迎
フリー素材PAKUTASOより引用


しかしその時点で、僕はもう飲みたかった。

というより、朝起きてからすでに飲みたかった。


〇飲酒欲求を抑えることができない


僕は昨日と一昨日、2日続けてたった1合づつ飲んだだけだ。


たったそれだけで、「飲酒欲求100%」になってしまった。


せっかく治まっていた飲酒欲求が、がぶりと顔を出した。


喉が、食道が、胃が、脳が、アルコールを欲している。



今、飲まないのは、なぜならば運転しているから。



今、飲まないのは、なぜならば助手席に嫁がいるから。



今朝、目が覚めた時点から、僕は飲みたくなっていた。



数か月の断酒で造ってきた身体のコンディションが、ほんの2合の酒で元に戻ってしまった。



「胃が空腹なので、何か食べたい」かのように「酒が切れてるから、酒を飲みたい」


そう、脳が要求してくる。



まるで喉がかわいた時や腹がへった時のように本能のように酒を求めてくる。



素知らぬ顔で嫁を勤務先に送り届け、そして車をその勤務先の駐車場へ停めた。




もともと、彼女は車で通勤していた。


勤務先に駐車場を借りている。


ただ、今は僕が休職中のため、送迎ドライバーをしていた。


夕方迎えに行くため、昼間に酒を飲めない状況になるからだ。



僕はその駐車場へ車を停め、キーをフロント右タイヤの裏へ隠した。


携帯メールで嫁に「急用が出来て車を…」などと送った。


キーの在りかも伝えた。



嫁の勤務先は病院なので、携帯メールをチェックするのは昼休みか、午後の何時かだ。


急いでコンビニに行き、ワンカップ焼酎「かのか」を2本購入した。


空けた。


〇気がつくと鉄格子の中に。囚人か


ふと、目が覚めた。


うす暗い。

何時なのか。


僕はタイルの上に敷いたふとんの上に寝ていた。


まったく知らない場所だった。


まだ、酔っている。


寝ころんだまま目をあけた。


視線の先には、白い天井が見える。



寝ころんだまま、視線を上に、いや顔ごと上側に向けた。


金属をペンキで水色に塗ったような直径2センチくらいのパイプが、床から天井へ垂直に、10センチほどの間隔でズラリと並べらているのが目についた。


その10センチづつの隙間から向こうに、廊下が見える。



鉄格子 警察
フリーフォト写真ACより引用



それが“鉄格子”だと理解するのに、時間はかからなかった。




広島ブログ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



無料写真が超たくさん
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談
プロフィール

ふく うつお

アラフォーオヤジが、急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも、今度はアルコール依存症との診断。うつ病とは、アルコール依存症とは。

精神病院・閉鎖病棟に何回も入院させられ、断酒をするが失敗。精神病院・閉鎖病棟の体験談、アルコール依存症・うつ病闘病記。
みなさんがうつ病・アルコール依存症にならないよう、お役にたてればと思います。
★姉妹ブログ★【うつ病で専業主夫】日々をゆったり育児ブログ
https://www.fuku-utsuo.work/

→ 自己紹介

→ プライバシーポリシー

→ お問い合わせ

ツイッター
メンタル弱いうつ病アルコール依存症のオジサン、専業主夫。2姉妹の育児奮闘中。ときどきFX。
カテゴリ別アーカイブ
【姉妹サイト】
SEがうつ病に 専業主夫の日々まったり育児ブログ


月別アーカイブ
記事検索




































































































スポンサードリンク


スポンサードリンク


【姉妹サイト】
SEがうつ病に 専業主夫の日々まったり育児ブログ



●ブログランキング
●FC2 ブログランキング
●広島ブログ