※断酒183 日目

〇アルコール依存症の家族、酒害体験談


どうも、僕の代筆は、嫁さんの感情を正確に表現してないらしい。

しかも、僕が苦心してゴーストライターをやってるのに、逆に激怒している。

原稿を書く度に、「アホ ボケ ハゲ!」という罵声が毎回が飛んでくる。

原稿を放り投げ捨てられる。

原稿 投げる
フリーフォトPAKUTASOより引用

なんてこった。

わかった。

こうなりゃもう、これぞとばかりに書いてやる。

書きなぐってやる。

この、人間としてクズでアホでどうしようもない、肥え溜めの中のクソのようなぼくの姿を、書きなぐってやる。


これを「断酒会だより」に載せてさらけ出して、みんなで読めば良い。

読め、読め、みんな読んでしまえ、どうせ僕がやらかしたことだ。

僕が悪いのだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇アルコール依存症の家族・酒害体験談、嫁の体験


うつ病だと診断された・・・・・・。」

ある冬の日、調子が悪そうな旦那が、精神科クリニックへ出かけていった。

そして帰ってきて、そう言った。

もともと大酒飲みだった旦那は、その日から、ベットに伏せって出てこなかった。


うつ病で起きれない
フリーフォト足成より引用

部屋は酒の臭いが充満していた。

会社には連絡したのだろうか、出社をしなくなった。


次の週、会社に行かない彼をムリヤリ引き連れて、そのクリニックの医師に相談した。

どうやら旦那は、うつを悪化させないように酒を止められていたらしい。

それでもうつが辛いせいか、飲み続けていたらしい。

医師は言った。

あなたはアルコール依存症になっています。

酒をやめて、仕事と家族と幸せな一生を送りますか?

それとも、このまま酒を飲み続けて、離職、離婚し、平和公園でダンボールに包まって生活しますか?
 
さあ、どっちを選びますか

うつで弱り果てていた旦那は、小さな消え入るような声で「家族・・・・・・」と答えた。

〇うつ病で入院


それから旦那は、府中みくまり病院という精神病院へ2ヶ月ほど入院した。

いくらか元気になって帰ってきた。

ちょっと早すぎるのではと思ったが、彼はすぐに復職した。


予想は当たった。

復職して3ヶ月も経たないうちに、彼はまた、酒に手をつけた。

まるで階段を転げ落ちるように、旦那の表情からみるみる生気がなくなっていった。

うつ病が悪化したのだ。

また、精神病院へ再入院した。


精神病院 府中みくまり病院
府中みくまり病院HPより引用


こちらは、小学生と幼稚園の娘がいる。

私の職業は看護師。

ただでさえ忙しい仕事に、育児に、さらに病気の旦那の世話までするなんて、たまったものじゃない。

こちらが気が狂いそうだった。

生命保険はちゃんと支払われる。

できれば帰ってきてほしくなかった。

ずっと入院しててくれ。

顔も見たくない。

こんな大酒飲みで甲斐性なしの旦那と過ごすのがとても苦痛だ。


2ヶ月後、彼は退院してきた。

また、表情は元気になっていた。

今度こそ、断酒を続ける」と彼は約束した。


会社のほうも今回は慎重になっていて、断酒の継続が確認できるまでは、復職できないそうだ。

一応、断酒は続いているらしいが、こちらとしては、彼がいつ再飲酒して崩れるのか、気が気でなかった。

何かに脅えるような日々を過ごした。

苦しい。

〇アルコール依存症で入院


そしてその後、再飲酒を繰り返し、厚生病院に入院中に飲酒し、強制退院させられた。

そしてすぐ、瀬野川病院という広島一の精神病院の閉鎖病棟に入院した。

・・・・・・バカじゃないの

頼むから、氏んでくれ。


ほんっと、バカじゃないのかと疑う。

あれだけ酒で迷惑をかけておいて、さらに酒で入退院を繰り返す。

マジで、氏んでしまえ。


退院してしばらくしたある夏の夕方、「警察」から電話があった。

警察・・・・・・。

黒く嫌な予感が胸の中、いや身体全体に広がった。

「旦那さんが酔っ払って保護されているので連れに来て欲しい」

とのことだ。

〇警察に保護される


やりやがった! あんちくしょう。

・・・・・・マジでコロしてやる!

母と一緒に、警察署にむかった。

到着して、生活安全課の担当の人に事情を聞いてみた。


警察官 留置所
フリーフォト写真ACより引用


どうやら、酔っ払ってフラついてさ迷っていた旦那を見た人が「不審者がいる」と通報したそうだ。

生活安全課の人は「なんなら、精神科に措置入院するようにしますが」と、親切に言ってくれた。

また入院・・・・・・コイツなんか刑務所にブチ込んでしまえ、とも思ったが、母が「もうちょっと考えさせてくれ」というので、その日は連れて帰ることにした。


その後数日、旦那は部屋に閉じこもって飲んでいるようだった。

食事の時のみ、部屋からでてくる。

ある日、いくら呼んでも返事が無い。

部屋に入って、声を掛けても、身体をさすっても、顔を叩いても起きない。

意識が返ってこない。

・・・・・・またやりやがった。 コイツ、何か薬を大量に飲んで、さらに酒を浴びやがったな!

そのまま放置して氏んでもらっても、まったく構わない。

と、思ったが、家の中で死んでもらっては面倒くさい。

どうせ氏ぬのなら、トラックか何かにパンッと引かれて、生命保険をがっぽり頂くのが良い。

父と母、3人がかりで死体のような旦那を車に担ぎ込み、救急対応をしている瀬野川病院の閉鎖病棟へぶち込んでやった。

・・・・・・離婚

〇旦那がアルコール依存症で離婚したい


慰謝料も養育費もいらん。一生出てくるな。顔も見たくない。


2ヶ月後、旦那は退院して来た。

離婚は、娘たちを父なし子にしないためだけの理由で、とりあえず先延ばしした。

旦那はしばらくは断酒を頑張っていたようで、現在、会社に復職中だ。


しかし、私にとっては、いつもある種の恐怖、いつ彼が崩れるかもしれない不安を抱きながら生活を送らざるをえない。

いつもストレスを感じる。

彼の帰宅が遅いと、またあの恐怖がよみがえる。

怖い怖い怖い怖い怖い・・・・・・

私が早死にしたら、アイツのせいだ。

憎たらしい。

・・・・・・今度やったら、マジでぶっコロす。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アルコール依存症家族体験談の原稿、やっと合格


どうだ、ここまで書けば十分だろう。

原稿を印刷して、嫁さんに渡した。

“コロす”という表現が、ちょっとウチの人格を疑われるような・・・・・・

原稿から目を上げた嫁さんは、まんざらでもないような表情をし、そういった。

原稿のOKが、やっと出たようだ。

でも、本当にマジで『コロしたい』と、思ってたんでしょ

そうね

即答かよ!


・・・・・・ 断酒会・家族体験談ゴーストライター編 了 ・・・・・・

スポンサーリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ