【うつ病でアルコール依存症】人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず


うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

入院

酔って無銭飲食で店員に交番に連れていかれた アルコール依存症になる前の話(6)

スポンサードリンク
※断酒170日目

〇薬の整理のため総合病院に入院


精神病院に入院する前、普通の総合病院に入院したことがある。

厚生病院という名の総合病院だった。

昔から通っていたクリニックから、上司の勧めで別のクリニックに転院した

ぼくがうつ病であまりにもたくさんの精神科の薬を飲んでいたため、新しい主治医に、

「いったん入院して、薬を整理して来なさい」

と言われ、しかたなく入院していた。


総合病院 入院
フリーフォト写真ACより引用

その病院にはデイルームも本棚もない。

個人用にテレビはあったが、普段テレビをあまり観ない。

退屈でしかたがなかった。

最初の数日は、庭でシャドーボクシングしたり、7階まである階段を駆け上がったりしていたが。

それも飽きてきた。

●毎日 外出、毎日 パチンコ


外出は普通にできたので、外出用紙に記入し、毎日出かけた。

近所にパチンコ屋が3件もあったため、毎日スロットを打っていた。

なんのために入院してるのかわからない、そんな感じになっていった。

スロット パチンコ 飲みながら


ある日、2時間くらいコインが増えては減って、増えては減ってと続くので、飽きてきた。


コンビニがすぐそばにあった。

ほんの出来心で、ワンカップを買ってしまった

1杯だけ、のつもりだった。

酔いが醒めたら病院に帰ろう。

どこかのアル中映画のタイトルみたいになってしまった。

ところが、ぼくはその時、アルコール依存症と診断されてはなかったものの、ほぼアル中の卵だった。

1杯ではすまなかった。

次から次へと飲み、「どうせ強制退院になるんだから」と、家の方に向かって帰っていった。

〇うっかり無銭飲食、後払いは不可だった


帰る途中、腹が減ったのでラーメン屋に寄った。

ラーメンと餃子、久しぶりに濃い味の食物を食べた。

病院食ばかりだったので、久しぶりに美味い物を食べた。

ラーメン 餃子
フリーフォトPAKUTASOより引用

ラーメン餃子を平らげ、会計に行って財布を開くと・・・・・・

お札がなかった。

200円ばかりの小銭しかなかった

「しまった」

スロットにつぎ込んで、お金が無いことに気がついていなかった。

これでは無銭飲食になってしまう。

銀行口座には金がある。

店員に「キャッシュカードでおろしてくる、それから払う」旨を伝えた。

しかし、融通のきかない店員はぼくの腕をつかんで店の外に出た。

すぐ目の前に・・・・・・交番があった。

●酔って無銭飲食で交番へ


交番に突き出されたぼくは、無銭飲食で逮捕されるのかどうなるのか怯えていた。

が、その交番で一番偉いであろう所長らしき人に、

「そこのイスに座ってなさい」

と、交番の隅にある丸椅子を指した。

「あんたの家族に連絡とるから、酔いが覚めるまで座ってなさい」

と言った。

どうやら軽犯罪法で逮捕ではなさそうだ。

交番 警察 無銭飲食
フリーフォト写真ACより引用

そのお偉いさんは、事件がないとヒマなのだろう。

ぼくにいろいろ話しかけてきた。(内容は、もう昔過ぎて忘れました)

ちょうど留置所の鉄格子が見えたので、酔っているぼくは

留置所に入れてくれ

と頼んだ。

しかし、断られた

留置所に入れるのに、いろいろ書類を書かなければならず、大変なのだという。


「タバコを吸ってもいいですか」

と尋ねると、

「おう、ワシも吸おうか」

と、連れタバコすることになった。

交番の前の、ちょうど階段状になっている入口に2人座ってタバコを吸いながら雑談した。

とても親切な所長さんだった。


交番で2、3時間待ち、酔いも醒めてきたころ。

車で嫁が現われた。

ものずごい形相でにらみつけてきたため、目をそらした。

彼女はラーメン屋の支払いを済ませた後、言った。

病院から電話がかかってくるし、警察からも電話がくるし。

どうなっとるん、どうしたんかと思ったわいね!

もう恥ずかしいやら情けないやら、もう、やれん!

いつの間にやら、かなりの心配と迷惑を嫁さんにかけてしまったようだ。

そこまで言われないと酒飲みは気がつかない。

そのつもりがなくても、家族に迷惑をかける。

酒飲みは本当にたちが悪い。

今だから言えるが、そんな状態になる前に、酒を止めるべきだ


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ
無料写真が超たくさん
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談

うつ病とは(5) うつの原因のストレスを減らす。仕事休職、育児

スポンサードリンク

  ↑
 クリック

の、つづき。

治療のお役に立つ情報をお届けします。


9.ストレスをできるかぎり減らす


主治医が決まり、クスリも決まりました。

で次はどうするかといいますと。


うつ病の原因となった「ストレス」を取り除かねばなりません

これが一番むずかしいことだと思います。


うつ病
フリーフォト足成より引用


ストレスが「仕事」の場合、 まず有休を使って休むしかないですね。

会社に何と言われようが、重症になる前に手を打たなければなりません

たぶん、ほとんどの方が有休をすでに使い果たし、残ゼロの方が多いと思われます。


その場合、思い切って休職しする手もあるでしょう。

休職するには医師の診断書が必要ですので、主治医に頼めば書いてもらえます。

費用は3,000円くらいです(2013年当時)

※ぼくはうつを繰り返し、5回休職しました。


うつ症状悪化のため、1ヶ月程度の休養が必要

医師のこの一文だけで、まるまる1ヶ月以上、正々堂々と休めます。

会社の就業規則によりますが、月給の6割~7割ほど支払われます。

支払われない場合は、健保から傷病手当金を受けることができます。
(4日以上休んだ場合)

傷病手当金より給料が少なければ、差額を受け取るとこもできます。


会社は、あなたの病気を治してくれません。

会社は、あなたの人生を幸せにはしてくれません。

自分でなんとかするしかないのです。


会社に悪い

とは思う必要はないです。

仕事を頑張ったせいで、うつ病になったのですから。


会社の方はブラック企業でもない限り、対策を考えるか、すでにそういったうつ病患者への対策を施行します。

なぜかというと。


これ以上悪化して、労災にしてほしくない。
 
労災申請すると、会社のほうが労働基準局から叩かれて、賠償金の支払いおよび厳重注意、が待っています。

労働基準局は企業にとってみれば警察です。

査察が入るかもしれません。

会社は大ダメージを受けます。


休職 = なにも仕事をしない社員に、月給の6~7割も払い続けたくない。

はやく元気になって復職し、バリバリ仕事をしてほしい。

という理由ですね。


家でしばらくはのんびりと、ただし規則正しい生活をこころがけ、精神科でもらった薬をちゃんと飲み続ければ、うつ症状がじょじょに回復していきます。

ストレスがないのですから。

毎日が日曜日ですから。


1ヶ月経ってもうつが改善しない場合、「もう1ヶ月休養が必要」という具合に、再び医師の診断書をもらいましょう。

ただし、会社にもよりますが。

3ヶ月ていど休職しても復職できないと、「解雇」される場合があります。

このへんも就業規則に書いてありますので、見落とさないようにしてください。


参考までに記事を。

クリック
  ↓


10.主婦の場合


主婦のかたは。

ぼくは主婦ではないため、あくまでもぼくの考えになってしまいますが・・・・・・



うつ病女性
フリーフォト足成より引用


旦那さんが良き理解者であれば、病院に同行してもらいましょう。 

・一緒に担当医のアドバイスを聞いてもらい、家事の負担を減らしたり

・イクメンになってもらい、育児の負担を減らしたり

(産後うつはまた別です)


良き理解者でない場合、または最近流行りの夫原病の場合は・・・・・・実家に帰るしかないですね。

子どもたちの面倒は、お婆さんに見てもらう。


ストレスが育児と思われる場合、経済的に余裕があれば幼稚園か保育園

その時間だけでも育児ストレスから解放させてもらう。

母親が元気でないと、寝たきりでは、ちゃんと育児できないです。

子どもたちが可哀そうですね。


経済的に余裕がなければ、やはり実家に帰るしかない・・・・・・


さて、サラリーマン方・主婦の方を問わず。

前記をやってみても、ちっとも改善しない。

ちっとも良くならない。


こうなると、うつの原因はほかの所にある、ということになります。

すると、最終手段、入院です。


11.うつがひどい場合、入院する


もちろん、入院給付金をいただかなければ大赤字となってしまうため、生命保険に入っておくのは最低条件ですね。


あと「高額医療費制度」 を申請すれば、ある一定額を超える費用を、保険組合が負担してくれます。

時々条件が変わっているので、都度「高額医療費制度」で検索して最新情報を得てください。

所得によって負担額が変わります

ぼくが在職中に入院したとき(年収500万円くらい)は入院費10数万円支払いましたが。

退職したあと入院したとき(所得ほぼなし)は入院費がたった3万5000円くらいでした。


入院施設がある精神科をネットで探し、入院なので遠くても「評判が良い」病院がいいです。


うつの治療を得意とする病院では、大部屋では結構なストレスがかかるため、個室が安価な場合が多いです。

※ぼくが最初に入院した施設は、2人部屋で月1,000円個室でも月2,000円と激安でした。

ストレスなし、規則正しい生活、薬物療法で、2ヶ月程度の入院で元気になって退院しました。


以上、うつ病の治療にお役に立たばいいなの情報でした。


後日、別の原因でうつ病が再発し、無知のゆえ酒を浴びるように飲んでうつから逃げていたところ「アルコール依存症」と診断され、とんでもない目に合ってしまうのです。

クリック
  ↓
  
  
アルコール依存症 精神病院・入院体験談3
  

広島ブログ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



無料写真が超たくさん
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談

妻が来た。離婚したい妻・離婚の準備。精神病院 体験談1(13)

スポンサードリンク

〇妻との離婚を考える


午前中、看護師から「家族の方が来られているので、出てください」といわれ、牢獄からデイ・ルームに向かった。



そこには、懐かしそうな顔で優しく心配そうに僕を見つめる、愛しの妻が立っていた・・・・・・ということはまったくなく。


黒い大きなバックを持ってきた彼女は、恨み、つらみ、憎しみ、憎悪、嫌悪、とにかく、ありとあらゆる負の念をもって、僕を睨みつけていた。



妻 嫁 憎しみ
フリーフォトPAKUTASOより引用


とりあえず妻は手慣れた手つきで“入院セット”が入っている黒いバッグを僕に手渡した。


入退院を繰り返した僕の妻は、何も言わなくても手早く入院セットを準備するようになっていた。


3日分くらいのTシャツ、短パン、下着、靴下、メガネ、コンタクト洗浄液、シャンプー、ボディソープ・・・・・・タバコ。



●家庭を壊した


僕が先に切り出した。


どうする?


考え中。準備中。


・・・・・・離婚のことだ。


わかった


ひとこと言うと、嫁さんはすぐに帰ってしまった。


」、などと表現されるものは、とうの昔に消え去っていた。



とうとうきたか。


結婚10年目にして、離婚。


今まで築き上げてきた、すべてのモノを失う。


物質的なモノなら、いくら失っても良い。


愛娘たちの親権は当然、アル中で休職中の旦那ではなく、しっかりと稼ぐ看護師の母親へ、と家裁は判決するだろう。


暖かい家庭。


愛しい娘たち。


すべて壊してしまった。


僕が、壊してしまった。



僕は、胸の奥に、ドス黒い嫌な負の感情が噴出していくのを感じた。



マイナス思考 負の感情 ドス黒い
フリーフォト足成より引用

ドス黒い負の感情が、胸から喉を伝わって嗚咽しそうになった。



とてもじゃないが、耐えられない。


〇感情をコントロールできない


僕は身体中を覆い尽くさんばかりの負の感情に耐えきれなくなり、看護師に事情を言って、精神安定剤をもらった。

また、点滴だそうだ。


僕は牢獄に戻る前、デイルームの真ん中の本棚に目をやった。



「少年ジャンプ」「少年サンデー」「少年マガジン」


懐かしい漫画雑誌が並べてあった。


どれも、背表紙が白っ茶けていて、どうにか「ジャンプ」の文字が読み取れる。


表紙が破れているものもたくさんある。



僕は試しに2、3冊の少年ジャンプを手に取った。


NARUTOを読んでみた。


どれも、読んだことがある。


表紙を見直すと、「2007年」「2008年」「2010年」発行の雑誌だった。


これまで、何百、何千人もの精神疾患患者たちが、この本を手にしたのだろう。


だから背表紙が白っ茶けていて、表紙が破れているのだろう。


ジャンプを3冊ほど手に取った僕は、牢獄に戻された。


ページを開いて読んでみたが、頭に入らないのでヤメた。



独りになると、また、負の感情が体中を渦巻き始めた


死のう、いや頑張って生きよう、いや死ぬいや生きる死ぬ生きる死ぬ生きる死ぬ生きる死ぬ生きる死ぬ生きる死ぬ生きる死ぬ生きる死ぬ生きる死ぬ生きる


怖い、怖い、怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い


発狂する。



どこでもいいから他の病棟に移してくれ。とにかく、この牢獄から出してくれ


僕は看護師を呼んで、そう頼んだ。


そうですね、じゃあ明日から、半解放にできるよう、頼んでみますよ


・・・・・・半解放。なんだそれは?


夜、睡眠薬をもらい、やっと眠りについた。



眠るのがいい。



なにも考えずに・・・・・・



広島ブログ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



無料写真が超たくさん
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談
プロフィール

ふく うつお

アラフォーオヤジが、急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも、今度はアルコール依存症との診断。うつ病とは、アルコール依存症とは。

精神病院・閉鎖病棟に何回も入院させられ、断酒をするが失敗。精神病院・閉鎖病棟の体験談、アルコール依存症・うつ病闘病記。
みなさんがうつ病・アルコール依存症にならないよう、お役にたてればと思います。
★姉妹ブログ★【うつ病で専業主夫】日々をゆったり育児ブログ
https://www.fuku-utsuo.work/

→ 自己紹介

→ プライバシーポリシー

→ お問い合わせ

ツイッター
メンタル弱いうつ病アルコール依存症のオジサン、専業主夫。2姉妹の育児奮闘中。ときどきFX。
カテゴリ別アーカイブ
【姉妹サイト】
SEがうつ病に 専業主夫の日々まったり育児ブログ


月別アーカイブ
記事検索




































































































スポンサードリンク


スポンサードリンク


【姉妹サイト】
SEがうつ病に 専業主夫の日々まったり育児ブログ



●ブログランキング
●FC2 ブログランキング
●広島ブログ