うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

タグ:危険

スポンサードリンク
断酒196日目

(つづき)


断酒中のアルコール依存症にとって危険なところパート4、コンビニ

アルコール依存症になって。

断酒をはじめて。

酒のコマーシャルからなるべく目をはずすようにして。
井川遥 酒のコマーシャル
GetBeautyサイトより引用

スーパーの酒のコーナーにもなるだけ近づかないようにしてるのですが。


しかし、しょっちゅう訪れるコンビニ。

タバコ、飲料を購入するのですが。

コンビニの飲み物、半分近くは酒

冷蔵コーナーのソフトドリンクのすぐ隣にはチューハイ、ビール

お菓子コーナーの背中には焼酎、ウィスキー

見ないようにしても、ふと目がいってしまう時があります。

コンビニなんかでチラッと目につくのが

ワンカップ日本酒、焼酎

パチスロを打つ時にふと休憩でコンビニに行くと、よけいに目につくような気がします。

なぜなのででしょう。

昔は「宝焼酎」「かのか」などが200円前後だったのが。

昨今はセブンイレブンブランド、ローソンブランドなどでたったの148円とか168円

これが、意外と断酒中の落とし穴になるんですね。
ワンカップ焼酎
Amazonより引用

パチスロにつぎ込む金に比べたらうんと安い。

148円なんてはした金

しかも、昔みらいに1合ではなく、うんとオマケして220ccも入ってる。

この手頃さが、

焼酎1合くらい、大丈夫じゃないか

パチンコして酔いが醒めれば、家に帰ってもバレないんじゃないか

と、ついつい誘惑に負け、1本だけ買ってしまう。

ちょっとだけ飲んでしまう。


いわゆる

「コンビニスリップ」

もう、何回やってしまったか。

コンビニ
フリーフォトPAKUTASOより引用

高校生が酒を

ワンカップ、じつはぼくは高校生時代からお世話になっていました。

家から高校まで、自転車で40分ほどかかるのですが。

真冬にボタボタと雪がふる季節、寒い。

手がかじかむ。

耳がシモヤケになる。

自転車通学してた方には、辛さがお分かりになるかと。

そういう日は、近所のセブンイレブンで、ワンカップを1つ購入。
画像20190324コンビニ 写真AC
フリーフォト写真ACより引用

クイッと飲んで、上機嫌で通学しておりました。

身体はあったまるし、1時限目まではほろ酔いで気分がいいし、いいことづくめでした。

昭和60年ころでした。


そのころのセブンイレブンでは、レジで

「20歳以上」

のボタンを押さなくてもよかったですし。

ツメエリの学ランで酒買っても、何も言われなかったです。

古き良き時代でした。


そういう土壌があったからこそ、アルコール依存症になったのでしょう。

悲しい限りです。

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症には危険!行ってもいいが(5) スーパー銭湯!

前記事どうぞ→アルコール依存症には危険!辛いイベント(3) 歓送迎会!


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
断酒195日目

(つづき)


断酒中のアルコール依存症にとって、危険なところパート3

自分の歓送迎会」または「懇意だったの人の歓送迎会ですね。
歓送迎会 飲み会
フリーフォト足成より引用
この問題は、サラリーマンにとって「もっとも断りにくい飲み会」だからですね。

自分の歓送迎会は、断れない

恩がある方の歓送迎会も、出席せざるをえない

でも、断酒中なので飲めない。

家族からは、当然「行くな!」と反対されている。

しかしサラリーマンの宿命なので、断るわけにはいかない。

どうにか飲まずに事を穏便にすませたい。

誰も傷つけずにWin-Winで事を終わらせたい。

こんな場合、次のように逃げています。

1.ドクターストップで酒が飲めない作戦

飲み会はたいてい

生ビール10個!女性はカルピスサワー2つ!

などから、宴会がスタートしますね。

ここで「ぼくはウーロン茶で」なんて言うと、

なんとTPOのないヤツ

と思われてしまいますので、一応、生ビールを頼んでおきます。

で、

「カンパーイ!」

の音頭で、みなと同じようにグラスをガチガチ当てて、飲むフリをしておきます。

(実際は、泡に口をつける程度)

つづいて、酒飲みの人がすぐ「生、おかわり!」とか言い出しますので、

「スイマセン、ぼくはコーラで」と、どさくさにまぎれて注文します。

すると、

「どしたん、飲めんのん!? ○○の送迎会じゃけえ、飲まにゃ!」

などと返ってきます。

そこで

「スイマセン、ぼく実は、ドクターストップがかかっちゃって。」

と、肝臓のあたりをさすります。

カミングアウトします。
肝臓痛い ドクターストップ
フリーフォトPAKUTASOより引用
すると、さすがに酒飲みの方は事情がおわかりになるのでしょう。

「あー、ドクターストップかーそりゃしょうがないのぉ、残念じゃのぉ」

などと、だいたいの方に理解していただけます。


さすがに医者がダメと言ってるのに「飲め!」と強要する方は、いまどき少ないです。

パワハラになります。

2.酒を飲まないため車で行く作戦

これは、自分で自分に枷(カセ)をかけるためですね。

いくら 「飲みたい」 誘惑にかられても、このご時世さすがに飲酒運転はできません

ドクターストップで、車で来ている

とまでカミングアウトしますと、飲むのを進めるところか、

飲もうとしても、止めてもらえる

というメリットまであります。


さらにもうひとつ。

宴もたけなわ、さあ終わりますか、というときに。

今日、車なんですが、もしよければ送りますよ

と誘います。

中にはタクシー代2000円、3000円もかかる方もおられましょう。

少々遠くても、送ってあげるととても感謝される

「イイやつだ」 とも思われるメリット付き。
タクシー
フリーフォト足成より引用
これで、飲まなくてもだれも文句を言う人はいないハズです。

たぶん、ですが。


それでも無理やり酒を飲まされる会社は、もはや仮病を使うしかない

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症には危険!逃げるべき(4)コンビニのワンカップ酒

前記事どうぞ→アルコール依存症には危険!避けるべき(2) ソメイヨシノで花見!


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク


僕はポータブルトイレの、自分の尿の臭いは我慢することが出来なかった。


看護師に「自分の小便の臭いが辛いので、夜、鍵をかけるのはやめてくれ」とお願いした。

ポータブルトイレ 簡易トイレ 精神科閉鎖病棟
フリー素材集イラストACより引用

〇精神科の閉鎖病棟でうまく生活するコツ


これまで精神病院に3回入院して、分かった事がある。


それは、「精神病院の閉鎖病棟でうまくやるコツ」=「敵を作らないこと」だった。


悪い言葉で言えば、「気が狂ったような人間」が周りにたくさんいる中、そんなヤツらを敵にまわすと面倒くさい事になる。



ささいな事で、激怒して怒鳴り散らすヤツ。


ささいな事で、恨みの念で仕返ししてくるヤツ。



そんなヤツらに囲まれて生活をするのだ。


寝込みに襲われでもしたら、たまったものじゃない。



怒る患者 危険な患者
フリー素材集PAKUTASOより引用


「この人は、害がない。敵でもない。安全だ」


男性患者にも、女性患者にも、そう思わせとけば良い。



喫煙ルームで、初めて合った患者たちに、こちらから次々と挨拶していく。


「こんちは、はじめまして。

 ふくといいます、昨日来ました。

 宜しくお願いします」



「あ、こんにちは。

 僕はオオノ(仮名)といいます、宜しくです」


こんな感じだ。



次に、相手の病名を聞く。


「僕はうつ病とアルコール依存で入院ですわ。オオノさんは、何ですか?」


「僕は・・・・・・、軽い統合失調症です」


こんな感じだ。



多くの患者たちは、自分の病名を隠したがるものだが、こちらがアッケラカンと病名を白状すれば、むこうも言わざるをえない。


その心理を利用する。



そして、僕の頭のなかで、患者たちを分類していく。



アルコール依存、違法薬物などの薬物依存症者たち。


これらの患者たちは「普通の人達」として分類する。


酒や薬物が入っていない状態の彼らは「ごく普通の人間」だからだ。


違法薬物などについ手を出してしまったものの、それ以外の点では、一般常識をふまえたちゃんとした人が多い。


普通に会話し、一緒に生活できる。



パーキンソン病など、脳神経系の病気の人達も同様だ。


手足が不自由だとしても、頭は正常だから、特別問題はない。


ドアを開けてあげるなどすると、感謝される。



重度の自閉症、重度のダウン症、重度の認知症患者たち。


(軽度の自閉、ダウン、認知症は親元で生活できるので、閉鎖病棟には入院しない)


彼らは、「人と交わる」ことをしたがらない。


関わるとすれば、「何かが欲しい時」だけである。


例えば「お茶が欲しい」とか「お腹がすいた」とか。


よって彼らは、「危険性が少ない人達」に分類する。


彼らとは、そもそも会話がなりたたない場合が多い。



「作業療法」などで、OT(作業療法士)さん達から簡単な指示が与えられた時のみ、それに従う。


それ以外の時間は、彼らは「自分の世界の中」だけで時を過ごしていく。


問題はない。



〇危険な人物、患者


重度の統合失調症または、重度の人格障害系の患者たち。


重度の統合失調症の場合、彼らの中では「妄想現実が混じり合っているため、突飛な行動を起こす場合がある。



たまにニュースで


『殺せ』と言う声が聞こえたので、他の幼児を殺した。その母親は統合失調症を患っていた


などというのを聞いたことがあるでしょう。



そのケースは、精神科にかかって「適切な治療」を受けなかったため、重度の統合失調症に陥ったケースだ。


閉鎖病棟では、「適切な治療」を受けているので、そこまでのケースは、無い。


が、変な行動を起こす人達は、たまに、居る。



統合失調症 危険な患者
フリー素材集PAKUTASOより引用

〇統合失調症患者との付き合いかた


昔、統合失調症の人が、僕に向けてこう言い放った。


あのな、工藤静香はな、キムタクと本当は結婚しとらんので。


 あれはテレビの作り話なんで。


 本当はの、工藤静香は僕と婚約しとるんよ、ワシと結婚するんよ


真顔でそう言うのである。



こういう場合、どういう反応をしたら良いだろうか。


僕はネットですでに調べていた。


そういう場合、彼らの「妄想」は彼らにとっては「現実」なので、否定をしてはいけないらしい。


「うん、うん」


と、適当に相づちを打ってやりすごすのが良いのだそうだ。



重度の人格障害系の患者たち。


これは、浅く付き合う分には問題ない。


世間話程度は、問題ない。



ただ、深く関わってはいけない。


例えば、物の貸し借りや会話のやり取りの中で、彼らが何か気分を害したとしよう。


普通の人たちは、我慢するか、相手に少し文句をいうか程度の話である。


だが、人格障害系の人たちが「気分を害した」場合、自分で感情を制御できなくなるらしい。



大声で泣きわめく


相手を罵倒する



ぐらいなら、まだマシだ。



昔、40代の人格障害系の女性が激高した。


手に持ったコップの水を、相手の女性へ、まるでドラマのワンシーンかのごとくバシャッと浴びせ掛け、テーブルの上のラジカセを地面に投げつけると、ツカツカと相手に歩み寄り髪の毛を引っ張りあい、まるで女子プロレスかのごとく乱闘を始めた。


僕は女性の力には負けないので、止めようか、と一瞬思った。


しかし「見てたほうが面白いかも」と思ったので、その女子プロレスを止めずに観戦した。



殴る蹴るなど、危険な状態になったら止めようと思い、そばにたたずんで観戦した。


生で見る女子プロレスは面白かった。



もちろん、その喧騒で駆け付けた男性看護師たちが2人を取り囲んですぐに引き離した。


というわけで、僕は彼らを勝手に「危険な人達」に分類するのだった。



スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ