(つづき)


一人で断酒をしていた消防士の訃報

独り、断酒会を離れて東北の被災地で頑張っておられたO氏。

精神的なショックで現場の悲惨な光景がどうしても忘れられなく、

PTSD(心的外傷後ストレス障害)になっている」と診断されたという。
東北大震災 被災地
Yahoo!Japanネット基金サイトより引用

その後、断酒会に顔をだすことはなくなった。

忘れた頃、A氏のご家族から、1本の電話が鳴った。

訃報の知らせだった。

会長の話からなので、またぎきですが以下のようなことだったらしい。

震災のショックから立ち直れず、アルコールに手を出したO氏。

会社でシアナマイドを飲ませてくれる寛大な上司がいたのですが、異動でそれもなくなり。

結局、連続飲酒に。

会社にも出社しなくなり

そしてある日、飲酒運転にで酒を買いに。

かなり酔っていたいたらしく、コンビニの壁にかにぶつけ、警察沙汰になった。

事故 酒気帯び運転
フリーフォト写真ACより引用

ドアから降りたときは、フラフラでまっすぐ歩けない状態だった。

とうぜん免許取消、このご時勢、もちろん懲戒免職退職金なし。

50歳すぎで公務員の消防士ですから、本来はかなりの退職金があったはず。

それが全部パー。

こうなったら「飲む」しかない。

ひたすら、飲み続けたのでしょう

アルコール依存症者がたどる、最悪の道。

昨年の冬だったか、親切な近所の方が「部屋から物音がしない、何かあったのではないか」と大家さんに通報があり。

ドアをあけたそこには、こときれたO氏が横たわっていた、とのこと。

死後、数日

冬だったので気温が低く、体に損傷がなかったのがたったひとつだけの幸い。

50代後半、本当に早すぎる死。


元気なころしか知らない関係者全員が、ショックを受け、言葉も出ず。

会長と2人ほど、断酒会から通夜に出席した。

フタを開けるとそこには、以前とはまったく違う、ホオがげっそりやせ細り、目がくぼんだ別人のO氏が横たわっていた、とのことだった。


これは極端な例ですが。

ですが、ここまでいかなくても、断酒会から離れていった人達は、やはり飲酒欲求に勝てず、落ちていく人が多いように思えます。

連絡がつかない夫婦

例えば、毎週かかさず来ていたB夫婦。

ここの奥さんは、度々スリップはするものの、なんとか頑張っていました。

しかし、ある時期から、夫婦ともどもピタリと来なくなりました。

電話をしようが、メールをよこそうが、返信がありません

「連絡もしない」ということは、断酒をしていない、そうとるべきでしょう。

肝臓の数値が悪かったのですが、今やどうなっているのかわかりません。

夫婦 喧嘩
フリーフォトPAKUTASOより引用

断酒会に来なくなり、飲酒していた

また、お母さんと娘さん、という珍しい組み合わせで毎週来ていた、Tさん(娘さん40代)。

娘さんがうつ病で、しかもアルコール依存症

お母さんが心配して、うつに関していろんな情報を集め、うつのタイプも「メランコリック型(旧来の)うつ」ではなく、いま流行りの「新型うつ」ではないか、というところまで突き止めたお母さん。

しかしなかなか症状が良くならない、娘さん。

お母さんが心配に心配をかさね、手を変え品を変え、クスリを変え、もう何年になるでしょう。

いっこうに症状が改善しない娘さん。

もう、娘さんは断酒会にすらこなくなり、お母さんだけが出席するという形になりました。

かれこれ何年経ったか。

ある日、病院のカウンセリングで、とんでもないことが発覚しました。

カウンセリングでTさんが白状したところによると。


月に何回か、友達から、食事会やカラオケのお誘いがあるというのです。

そして、それには出席する。

(これが、新型うつの傾向でしょう。本来のうつですと、そんな場に出ることすらできない)

実はその時に、隠れてお酒を飲んで楽しんでいたとのこと。

カラオケ 飲酒
フリーフォト写真ACより引用

しかも、けっこう常習していたとのこと。

これはお母さんも知らない事実。

もちろん、ほかの誰も知らない。

知っているのは、カウンセラーと、ある事情で話を知ってしまったぼくだけ。

お母さんが知ったら、お母さんのほうがぶっ倒れると思います。

これが何年も続いていたと思われます。

当然、アルコールが入ればうつは改善しません。

アルコールを入れ続けながら、「うつが治らない、うつが治らない」と悩んでいたワケです。

そんなケースもありました。


こういったパターンをいくつも述べ、やはり断酒会に出席すべき、といいたいのはやまやまなのですが。

実は、ちゃんと断酒会に出席している人が・・・・・・ありゃ、実は飲んでたの?

なんてケースもあります。

(つづく)

スポンサーリンク



次記事どうぞ→アルコール依存症は断酒会に行くべきか?断酒会に来ても酒を飲む人は飲む(6)

前記事どうぞ→アルコール依存症は断酒会に行くべきか?一人で飲みすぎたら生活はどうなる?(3)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ