うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

スポンサードリンク

タグ:発作

スポンサードリンク
※断酒229日目

アルコール依存症で入院しただけなのに

1ヵ月にも及ぶ保護室から、やっと開放され大部屋にもどった。

それから何回か外泊し、なんとか退院できた。

アルコール依存症で入院したのに、酷い目にあった。
ビール 酒
フリーフォト足成より引用

結局、保護室に3回も入れられた。

最初はアルコールを抜くために。

1回目は発作で三日三晩飲まず食わず眠れず。

2回目は躁転(躁状態になる)で1ヵ月も保護室に閉じ込められた。

双極性障害を発症

入院でアルコールは切れたものの、うつ病が悪化し、躁うつ病つまり双極性障害を発症した

聞いた話によると、うつ病の薬のSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)を飲み過ぎると躁転することがあるという。

10代のような若い人に、そのような現象が起こることがあるという。

双極性障害とは

外泊時に双極性障害についてネットであれこれ調べた。

ハイテンションな躁状態がしばらく続き、次はうつ状態がそれ以上長くつづく。
躁状態
フリーフォト足成より引用

躁状態の時は気分が乗っているので病院に行くことはないが、うつ状態の時はしんどいため病院に受診する。

医師はうつ状態の時だけ診察、となってしまうため、うつ病と誤診されることも多いという。

けいれんについて

けいれん発作について調べたが、「パニック発作を起こす場合がある」とは述べられているものの、けいれんについては見つからなかった。

主治医に聞いてみたところによると、けいれん発作には「大発作」と「小発作」があるという。

大発作」は文字通り、大きな発作で、てんかんのように意識がなくなるほどのけいれん発作だ。

小発作」は意識があるものの、筋肉がけいれんしたり固まって動けなくなるという。
発作
フリーフォト写真ACより引用

ぼくに起きた現象は後者のほうらしい。

スポンサーリンク

薬について

躁状態を抑える「デパケン錠」を大量に飲まされるようになった。

薬のせいで、酷いうつ状態になってしまった。

退院後、何か月もベッドに寝たきりで、働くことができなかった。

しんどいので薬を止めると

あまりにもしんどいため、自分でデパケンを除いて飲んだりしてみた。

すると、車の運転中に発作が起きそうになった。

その時は、制限速度60キロの道なので80キロくらいで走行していた。

なんだか「嫌な予感」がしたので、たまたま左車線側にあったコンビニに急停車した。

コンビニに停まったとたん、発作が起きた

全身の筋肉が硬直して、身体が動かなくなった。

意識はあった。

妻が大慌てで119番通報をした。

しかし、救急車が着た頃には発作は治まり、普通に動けるようになっていた。

タバコに火を着けて吸った。

救急隊員には、「もう大丈夫です、すいません、申し訳ない」と言って、帰ってもらった。

もしコンビニに停めてなかったら大ごとだった。

体が硬直し、ブレーキを踏むことなく前の車に激突していたことだろう。
事故
フリーフォト写真ACより引用

後ろから衝突なので100%こちらが悪く、むち打ちにでもなっていたかもしれない。

入院費、慰謝料を請求されていたかもしれない。

危なかった。

怖くなって、デパケンを飲むのを止めるのを止めた


長い長い、4か月にもわたる入院だった。

退院して、これに懲りてアルコールをきっぱり止めた、といえば止めた。

いつも退院したら酒は止めるのだ。

何かがないかぎり。

こんどの断酒が長く続けばよいのだが・・・・・・


・・・・・・ 精神病院 体験談3(完) ・・・・・・


長い間読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



次記事→

前記事→双極性障害と診断された。また保護室に閉じ込められる 体験談3(22)

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒221日目

(つづき)

発作で倒れる

ぼくは急にけいれん発作が起こりベンチに倒れたまま、身動きができないでいた。
なぜ発作が起こったかは、その時はわからなかった。

意識だけはしっかりあった。

ひとりの看護師が

担架を!

と、もうひとりの看護師に命令するかのように言った。

発作のあと、看護師に担架で運ばれる

6人の男性看護師が喫煙所にドタドタと乱入してきた。

そのうちひとりが、紺色のビニール製のような、布のようなものを持っていた。

それを横目で見ていた。

広げると、たたみ1畳ほどの大きさだった。

どうやったのかは、そこのところは記憶にない。

いつのまにか地面に紺色ビニールを引き、ぼくはその上に乗せられていた。
右側の、ぼくの頭が位置する所に丸い取っ手がついており、足先の部分、その中間の腰の位置する部分と、計3つの取っ手がついていた。

左側も同じ。

6人の看護師が、それぞれの取っ手をもち、紺色ビニールごとぼくを持ち上げた。

即席担架
、なのだろう。
担架
ヤフオクより引用

そのまま6人と担架の上のぼくは、喫煙所を出て、その前の詰所の中を通り、かけあしで診察室へ入ったようだ。

6人の先頭、担架の上のぼくの頭の部分を持っていた看護師が、詰所の看護師にぶつかり
「あ、すいません」
と言ったのを記憶している。

診察室

そのまま担架ごと、診察室のベッド上に仰向けに寝かされた。

腕にビニールの布が巻かれ、血圧を測られた。
血圧測定
フリーフォト写真ACより引用

同時に、体温計で体温も測られた。

すぐに当直の、白髪の年配の医師がかけつてきた。

左手を引っ張られた。

「ふくさん、チクッとしますよ」

そういうと、左腕のどこかに注射を打たれるのを感じた。
筋弛緩剤注射
フリーフォト写真ACより引用

その時はもうけいれんが収まっており

「何の注射ですか?」

筋弛緩剤ですよ」

と会話もできた。

筋弛緩剤を打たれてしばらくたち、けいれんもなく、なにげな会話もできたことから 「特に問題はない」と判断されたのだろう。

「ふくさん、デイルームで少し休んでて下さい」

と言われ、そのまま自力で歩いてデイルームの窓際のソファーに座った。

ただただ、いまだに自分に何が起こっているのかその時は理解できなかった。

あのけいれんのような、発作のような症状はなんだったのだろう。

状況を記憶に焼き付けるのが精一杯だった。

スポンサーリンク

再び発作が

2~3分休んで、自室に帰ろうと立ち上がった。

しかしあとで思えば

「もっと十分に休んでおけばよかった」

と後悔することになる。


立ち上がって自室に向けて2、3歩進む。

また足が硬直し、身体が前のめりになり。

ぼくが見ていたデイルームの景色が、その下の床へと変わっていった・・・・・・

ガツン、と音がしたような気がした。
発作で倒れる
フリーフォト写真ACより引用

目の前が真っ白になり、チカチカした。

それからが地獄の始まりだった。

スポンサーリンク



次記事→保護室へ戻された。つらい。夕食は吐き気がして全部吐いた 体験談3(18)

前記事→突然、発作が起きた。その症状はひどいものだった  体験談3(16)

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒220日目

(つづき)

突然の発作

脳の中で発声したい言葉がぐるぐると回っているのだが、クチが動かせない。

喋りたい言葉が、口からでない。

声帯が鳴らない。

言葉が発せられない!

なんなんだ、この現象は。

突然の発作か?

つづけて、身体のチカラがすべて抜けていくのを感じた。

座っているベンチの、右側に倒れていくのがわかった。

すうっと身体が右側に倒れていく

その先は金属の枠に木版を何枚かはめた、硬いベンチ。
まずい、このままでは頭を打つ・・・・・・

頭がベンチにぶつかる寸前に、肩を間に入れた。

肩がベンチに当たり、ガツンと音がした。

頭は打たなかった。

なんなんだこれは。
どうなっているんだ。

予想だにしない、突然の発作だった。

突然の発作
フリーフォトPAKUTASOより引用

発作の症状は

タバコ部屋の皆が話しをやめ、

「おい、ふくさんどうした」

「おいおい、大丈夫か」

と声をかけてくるのが聞こえた。

周りがざわつきはじめた。

ぼくはベンチに倒れて、そのまま仰向けになった。
ベンチ 喫煙所
フリーフォトPAKUTASOより引用

そして太もも、腹、指先の筋肉がビグビグと痙攣(けいれん)し始めた

だらんと伸ばした腕の筋肉がピグッ、ピグッと引きつるたびに手のひらが上がる。

太ももがビグリビグリと引っ張られ、脚が飛び上がる。

腹筋が電流を通したように硬直を繰り返し、その度に胸が持ち上がる。

目は動かせる。

周りのざわつきも聞こえる。

身体が痙攣し、思ったように動かせない。
よくわからない、突然の発作の症状だった。

“てんかん発作” はまずい

誰かが「看護師を呼べっ」と叫んだ。

意識ははっきりしていた。

瞬間的に頭に浮かんだのは

『てんかん発作』 と思われてはまずい。
運転免許がなくなる。
再就職できなくなる
だった。

とにかく 『てんかん発作で失神』 はまずい。

身体中はビグビグと痙攣していたが、脳内はフル回転していた。

この状況をすべて記憶しなければ、意識を失っていないことを証明しなければ・・・・・・

スポンサーリンク

突然の発作に対する、看護師の対応

すぐに男性看護師が2人、喫煙所に駆けつけてきた。

ぼくは仰向けになって全身の筋肉の引きつりを感じながら、天井の一点を見つめていた。

看護師のひとりがペンライトのスイッチを入れ、その光でぼくの目を照らし左右に振った
「ふくさん大丈夫ですか、判りますか!」
ペンライト 発作
病気の診療所HPより引用

声はでなかったが、ペンライトの光を目で追うことはできた

右に左に動く看護師の手、その先の光を無心に追った。

担架を!

もうひとりの看護師に命令するかのように言った。

6人の男性看護師が喫煙所にドタドタと乱入してきた。

そのうちひとりが、紺色のビニール製のような、布のようなものを持っていた。
布製担架
ヤフオクより引用

大ごとになってきた。

これが双極性障害による発作だとは、もう少し後で知ることになる・・・・・・

スポンサーリンク



次記事→発作で倒れ、看護師に担架で運ばれる 体験談3(17)

前記事→閉鎖病棟の日々、連れタバコ。そして急に発作が!体験談3(15)

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒219日目

閉鎖病棟の日々

ぼくは東京で言えばどちらかというとアメ横や浅草の下町が好きで、妻が好きなディズニーランドなんかには興味がない。

関西方面はというと、いちどは新世界や「あいりん地区」をぶらついてみたかった。

その憧れのあいりん地区で育ったというY君とは、話が合った。

二人とも毎晩夜中というか早朝というか、とにかく3時に起き出してきては話しを始める。

彼は週末にビールを飲むくらいで、アルコール依存症ではまったくない

しかし事件が「酒が原因」だと警察に精神病院送りにされたY君。
むごい。

毎朝、いったい何の話しをするのかというと。

「筋肉」である。

細かく言うと「筋肉をいかにして鍛えるか」である。

「筋肉をいかにしてイジメ抜くか」でもある。

筋肉
フリーフォトPAKUTASOより引用

閉鎖病棟で毎朝語り合う日々

とにかく閉鎖病棟の夜中というか早朝3時から日々筋肉について野郎ふたりが語り合う

それはふたりとも裸だったり、変態同士というわけではない。

ぼくは家から送ってもらった、どうでもいい半パンと長そで姿。

彼はわざと色あせた紺色のGパンと、これも古着のように色あせた元は黒だったであろうTシャツ。

彼はショップ店員のようにオシャレだった。

ふたりは別々の小さなテーブルに掛け、片手にマンガを持ちながら、しかし隣どうしで話す、そういった格好である。


ぼくはボクシングを少しかじっていた。

なので、パンチ力を上げるための広背筋、(首から肩の)僧帽筋、(肩の外側の)三角筋を鍛えあげて、いわゆる “上半身逆三角形” のシルエットになるのだが、彼は違う。

まだ30代半ばだからか、結婚も子どももいないからか、ぼくにはすでに用がなくなった「ファッション」というのにこだわる。
ファッション ジーンズ
フリーフォト写真ACより引用

シュッとした、と、関西では言うのですか。

スレンダーな
、と、一般的には言うのですか。

肩幅はほそく、しかし胸板は厚く。

そうするとTシャツを羽織った時に、彼の理想のシルエットになるのだそうだ。

そのへんの所はぼくはあまり理解できなかったが、とにかく「筋肉を鍛えなければならない」方向ではおおむね意見が合致し、話しあいは順調に進められた。

閉鎖病棟の中で、身のまわりのベッドやイスやそのほかの材料を使用し、いかに筋肉に負荷をかけて鍛えるか

という難題も、互いに意見を出し合い、励ましあい、実行した。

次の日の3時に、いかに筋肉をイジメ抜いたか報告しあった。

そんな感じで、閉鎖病棟の日々は過ぎていった。

気がつくと

「朝食の時間ですよ」

と看護師の声が飛んできたこともあった。

ああ、もう8時すぎてらあや。

ええ?

てことは、夜中の3時から5時間もぶっ続けで筋肉バナシをしてたのか。

やはり変態かもしれない。

とにかく、そんな具合で閉鎖病棟の日々は過ぎていった。

スポンサーリンク

連れタバコ

タバコは、というと。

これは職場と同じで、気の合う人に声をかけ、人差し指と中指をクチビルに当てたり離したりして

タバコ、行きませんか

合図をし、連れタバコをする。

孤独が好きな終始無言なヤツ、あと適応障害などで皆になじめない人や、どちらかというと嫌われてたりするヤツは一人タバコだ。

アルコール依存症や薬〇の患者たちは世間ではごく普通の人々だったりするので、よく連れタバコになる。

同じ勉強会に出席しなければならないため、アルコール依存症はアルコール依存症同士、薬〇は薬〇同士で「つるむ」ことが多い。
連れタバコ
フリーフォト写真ACより引用

デイルームで時を過ごすにしても、その仲間同士で塊りあっていることが多い。

話しはそれたがとにかくその晩は、ぼくとY君とアル中仲間で連れタバコで喫煙所にいた。

時間は無限にある。

だからといってタバコに次々と火をつけると、タバコ代がとんでもない事になる。

2本くらいで止めて、ベンチに座ったヤツらと話しに夢中になるようにする。

そして急に発作が!

そう。

その晩、なんの話しをしてたのだろう。

なんだったかは思いだせない。

ただただ、夢中になって語っていたのは覚えている。

語っている途中で、とつぜん言葉が止まった。

まだ喋っている途中、話はまだ続いているのだが・・・・・・う・・・・・・あ・・・・・・

声が出ない

脳内で発声したいコトバがぐるぐると回っているのだが、クチが動かない。

声帯が鳴らない。

続けて、身体中のチカラがすべて抜けていくのを感じた。

座っているベンチの、右側に倒れていくのがわかった。
画像20190602倒れる 写真AC
フリーフォト写真ACより引用

急に発作が!

これはいったい何なのか、その時には分からなかった・・・・・・

スポンサードリンク



次記事→突然、発作が起きた。その症状はひどいものだった 体験談3(16)

前記事→早朝に目が覚める。睡眠薬がなく眠れない 体験談3(14)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ