うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

タグ:睡眠薬

スポンサードリンク
※断酒200日目

うつっぽい気分になってしまったら

うつ病 抑うつ状態
フリーフォト足成より引用

ストレスが溜まりすぎると、だれでも気分が落ち込み、憂鬱になります。

うつ病とはいえないまでも、「うつっぽい気分」から抜け出せなくなります。

これを「抑うつ状態」といいます。


心身が抑うつ状態に長い間さらされると、うつ病を発症してしまいます。

早めに手を打ちましょう。

前述したストレス対処法のほかに、以下のような方法があります。

1.腹を抱えて笑う

笑いの精神的効果」は有名ですね。

長くなるのでここでは割愛しますが、腹をかかえて笑うと副交感神経を刺激し、脳がリラックスします。

また、「腹を抱えて笑う」というとおり、大笑いは腹式呼吸の一種です。

自然に腹式呼吸を行っていることになり、ストレスを解消しやすくなります。

うつっぽい時に大笑いするのは難しいかもしれません。

吉本新喜劇でも、笑点でも見て、なるべく笑うよう心がけましょう。

2.朝、日光浴をする

抑うつ状態になると、朝起きあがれなくなり、暗い部屋に閉じこもりがちになります。

休みの日は、昼まで布団の中、という方が多いのではないでしょうか。


昼間に寝てしまうので、夜眠れなくなり、夜更かしをして、ますます朝が起きれないという悪循環になっていませんか。

いっそのこと朝ムリヤリに起きて、朝日を浴びましょう。
日光浴 朝
フリーフォト足成より引用
朝日を浴びると、体内時計がリセットされます。

日中を行動的に過ごせるようになります。


朝7時に日光浴をすれば、体内時計がリセットされ、14時間後、脳の中に「メラトニン」というホルモンを分泌しはじめます。

ちゃんと日光浴をすると、夜9時ごろ、眠気を誘発するメラトニンが分泌されますので、眠くなったらそのまま眠ってしまいましょう。

翌朝、また早起きして、日光浴です。

3.「寝逃げ」をする

抑うつ状態になったら、「起きてるだけでもシンドイ」という気分になりますね。

ますますうつ状態が悪化してしまいます。

お酒を飲んで気分を紛らわす、これもいけません。

アルコールに頼るとクセになり、へたするとアルコール依存症になりかねません。

アルコール性うつで、酔いがさめたら、ますますうつっぽい気分になることがあります。

こうなったら、もう「寝る」。
寝る うつ病
フリーフォト足成より引用

可能なら、なにもかもほったらかして寝てしまいましょう。

短時間の睡眠でも、気分がスッと楽になります。

4.薬に頼る

抑うつ状態が長く続くと、本物のうつ病になってしまう危険があります。

自分ではどうにもならないと思ったら、早めに神経科や心療内科のアドバイスを受けましょう。

早ければ早いほど効果的です。
神経科 クリニック 医者
フリーフォトPAKUTASOより引用

場合によっては、軽い精神安定剤や睡眠薬を処方されるかもしれません。

精神安定剤を服用することで、気分はだいぶ楽になります。

これで少しでもうつ病が予防できればよかったと思います。

このまま、ストレスの原因がなくなるまで耐えましょう。

本物のうつ病になってしまうと、薬漬けになり治癒に2~3年はかかってしまいます。

不眠や不安感が際限なく続き、仕事もままならなくなり最悪のパターンにハマります。

それだけはどうにか避けましょう。



スポンサーリンク



次記事どうぞ→ED?うつで男が役に立たなくなった時の対処法

前記事どうぞ→
ストレスが溜まったときにやっておきたい6つの対処法。あなたの発散法は?

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

無理やり看護師を呼んだ

ぼくはドアを、力まかせに殴りつけた。

ドンッ ドンッ ドンッ


何回も何回も、繰り返し殴り続けた。

ドンッ ドンッ ドンッ

手が痛くなったので、足で蹴りつけた。

ガシンッ ガシンッ ガシンッ


その、かなりの音が聞こえたのだろう。

パタパタパタ、と足音がして、誰かがやってきた。

ガチャリ、と音をたててドアを開けたのは、男の看護師だった。


ぼくは
「喉がカラカラなので、とりあえず水をくれ」
と言った。


看護師はコップに水を運んできてくれた。


そして、ここに来たいきさつを聞いた。


精神病院、保護室にきた経緯

・・・・・・昨日、安定剤をいつもの4倍飲み、焼酎で酔っぱらい、睡眠薬を飲み眠りに就いたことはわかる。

その後がわからない。


看護師の話によると、夕飯どき、嫁さんが僕を起こしに来たそうだ。

だが、呼んでも身体をさすっても反応が無い。

ほっぺを叩いても、何をしても反応が無く、意識が戻らない。

ベッドの上で、失禁していた。


僕は酒と安定剤の大量服用によって、またしてもブラックアウトしていたのだ。

異変に気付いた嫁さんは、義父と義母の3人がかりで3階で失神している僕を担ぎおろし、車に運んだ。

そして、救急対応をしているこの病院に運びこんだのだそうだ。

車の中でも、何回も繰り返し失禁していたとのことだった。

ぼくはブラックアウトで記憶がない。

その上さらに、アルコールを抜くための点滴が痛いのか針を引きちぎって、Tシャツの半分が血まみれになったらしい。

点滴の針を抜く
フリーフォト足成より引用

・・・・・・ ブラックアウトで、まったく記憶がない。


3ヵ月の入院が必要

僕は睡眠薬をもらい、ベッドにもぐった。

枕元には、「入院医療計画書」のような紙切れが、昨日の日付で2枚置かれていた。

医療計画書には、“1~3ヵ月の入院が必要”と記されていた。


・・・・・・なんてこった。


翌朝、点滴だというので起こされた。

部屋から出ることは許されない

牢獄だ。

精神病院 保護室
フリーフォト写真ACより引用

僕はひとりで部屋の壁を見ながら、次から次へと沸き起こる、酒を飲んでしまった事への後悔と無念の感情の渦に飲み込まれていた。
何分も、何十分も、何時間も考え続けた。

何時間たったかはわからない
腕時計はないし、部屋に時計もない。

辛い。

ベッドの上で座っているだけで、自己嫌悪におちいり自分を責めるばかりだ。

辛い。


・・・・・・ こんな思いには、もう耐えられない。



スポンサードリンク



次記事→ずっとだるい、食欲不振。タバコは一日4本までだった。精神病院 体験談1(11)

前記事→


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ