【うつ病でアルコール依存症】人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず


うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

精神科

酔って無銭飲食で店員に交番に連れていかれた アルコール依存症になる前の話(6)

スポンサードリンク
※断酒170日目

〇薬の整理のため総合病院に入院


精神病院に入院する前、普通の総合病院に入院したことがある。

厚生病院という名の総合病院だった。

昔から通っていたクリニックから、上司の勧めで別のクリニックに転院した

ぼくがうつ病であまりにもたくさんの精神科の薬を飲んでいたため、新しい主治医に、

「いったん入院して、薬を整理して来なさい」

と言われ、しかたなく入院していた。


総合病院 入院
フリーフォト写真ACより引用

その病院にはデイルームも本棚もない。

個人用にテレビはあったが、普段テレビをあまり観ない。

退屈でしかたがなかった。

最初の数日は、庭でシャドーボクシングしたり、7階まである階段を駆け上がったりしていたが。

それも飽きてきた。

●毎日 外出、毎日 パチンコ


外出は普通にできたので、外出用紙に記入し、毎日出かけた。

近所にパチンコ屋が3件もあったため、毎日スロットを打っていた。

なんのために入院してるのかわからない、そんな感じになっていった。

スロット パチンコ 飲みながら


ある日、2時間くらいコインが増えては減って、増えては減ってと続くので、飽きてきた。


コンビニがすぐそばにあった。

ほんの出来心で、ワンカップを買ってしまった

1杯だけ、のつもりだった。

酔いが醒めたら病院に帰ろう。

どこかのアル中映画のタイトルみたいになってしまった。

ところが、ぼくはその時、アルコール依存症と診断されてはなかったものの、ほぼアル中の卵だった。

1杯ではすまなかった。

次から次へと飲み、「どうせ強制退院になるんだから」と、家の方に向かって帰っていった。

〇うっかり無銭飲食、後払いは不可だった


帰る途中、腹が減ったのでラーメン屋に寄った。

ラーメンと餃子、久しぶりに濃い味の食物を食べた。

病院食ばかりだったので、久しぶりに美味い物を食べた。

ラーメン 餃子
フリーフォトPAKUTASOより引用

ラーメン餃子を平らげ、会計に行って財布を開くと・・・・・・

お札がなかった。

200円ばかりの小銭しかなかった

「しまった」

スロットにつぎ込んで、お金が無いことに気がついていなかった。

これでは無銭飲食になってしまう。

銀行口座には金がある。

店員に「キャッシュカードでおろしてくる、それから払う」旨を伝えた。

しかし、融通のきかない店員はぼくの腕をつかんで店の外に出た。

すぐ目の前に・・・・・・交番があった。

●酔って無銭飲食で交番へ


交番に突き出されたぼくは、無銭飲食で逮捕されるのかどうなるのか怯えていた。

が、その交番で一番偉いであろう所長らしき人に、

「そこのイスに座ってなさい」

と、交番の隅にある丸椅子を指した。

「あんたの家族に連絡とるから、酔いが覚めるまで座ってなさい」

と言った。

どうやら軽犯罪法で逮捕ではなさそうだ。

交番 警察 無銭飲食
フリーフォト写真ACより引用

そのお偉いさんは、事件がないとヒマなのだろう。

ぼくにいろいろ話しかけてきた。(内容は、もう昔過ぎて忘れました)

ちょうど留置所の鉄格子が見えたので、酔っているぼくは

留置所に入れてくれ

と頼んだ。

しかし、断られた

留置所に入れるのに、いろいろ書類を書かなければならず、大変なのだという。


「タバコを吸ってもいいですか」

と尋ねると、

「おう、ワシも吸おうか」

と、連れタバコすることになった。

交番の前の、ちょうど階段状になっている入口に2人座ってタバコを吸いながら雑談した。

とても親切な所長さんだった。


交番で2、3時間待ち、酔いも醒めてきたころ。

車で嫁が現われた。

ものずごい形相でにらみつけてきたため、目をそらした。

彼女はラーメン屋の支払いを済ませた後、言った。

病院から電話がかかってくるし、警察からも電話がくるし。

どうなっとるん、どうしたんかと思ったわいね!

もう恥ずかしいやら情けないやら、もう、やれん!

いつの間にやら、かなりの心配と迷惑を嫁さんにかけてしまったようだ。

そこまで言われないと酒飲みは気がつかない。

そのつもりがなくても、家族に迷惑をかける。

酒飲みは本当にたちが悪い。

今だから言えるが、そんな状態になる前に、酒を止めるべきだ


スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ
無料写真が超たくさん
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談

病院で医師の診察を受けた結果、また精神科で入院に 精神病院 体験談2(7)

スポンサードリンク

〇病院で医師の診察を受ける


嫁さんとその妹は、意識のないぼくを無理やり車にのせて、広島一有名な精神病院、瀬野川病院へと向かった。

家から瀬野川病院までは、20キロ以上はある。

運転の苦手な嫁さんは、めったに通らない道を、意識のない酔っぱらいを後部座席に乗せて、苦労して運転していったのだろう。

そんなことはつゆしらず、失神しているぼくは車のなかでしょうべんをたれながしつづけていた。

次に気づいたのは、医師との診察の場面だった。



医師と面談をした」という部分だけは、強く記憶してていた。



前回入院したときの主治医はひどかった。

はっきりいって嫌いだった。

今診察しているのは、前回とはべつの医師で評判がよかったため、今回の主治医になってほしいと強くお願いした覚えがある。



精神病院 医者 医師
フリーフォトPAKUTASOより引用


しかしその時の様子も、だれが一緒にいたかも覚えていない


医師の顔以外はまるで覚えていない。


〇ブラックアウトし、

 イスに座れないほど酔っていた


本人はそのくらいの記憶だが、嫁さんにあとから聞いた話では、


イスに座ることもままならない酔いっぷり」だったので、ストレッチャー(患者を運ぶための車輪付きの担架)に乗せられたまま、意識のないままに診察されていたとのこと。


駐車場から診察室まではけっこう歩かねばならないため、駐車場からすでにストレッチャーに乗せられていたんだろう。

時々目を覚ましては、何か言おうとストレッチャーの上で起き上がろうとした。

だが、起き上がってもフラフラして倒れ込む。


ストレッチャー 精神病院
フリーフォト写真ACより引用


ちゃんと座ることすらできないほど酔っていて、何を言っているのかもよくわからない。


アルコールを抜くための点滴を打った。

そのまま失神して、意識が戻らなかったらしい。


嫁さんは入院の手続きを済ませ、必要なモノが入れてあるボストンバックを預けた後、帰宅したとのこと。

しかし嫁さんが同席していたこと、手続きをしたこと、ボストンバッグのことなど、まるっきり覚えていない。



本人は「面談をした」と思い込んでいたのだが、面談どころじゃなかったのだ。



我ながら

「いくらなんでもずいぶん無茶苦茶な酔いかたをしたんもんだ」

と思い、酒飲みとして、いや人間として恥ずかしくなった。


どこかを通って、どこかのドアが開き、どこかへ連れ込まれた。

次に気がつくと、ぼくは鉄格子の部屋にいた。



広島ブログ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



無料写真が超たくさん
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談

やっと留置所のような環境から釈放、閉鎖病棟へ 精神病院 体験談1(15)

スポンサードリンク

〇精神科の閉鎖病棟とは


次の日の午前中。


R4病棟に異動が決まりましたんで、荷物をまとめて下さい


そう、看護師に言われた。



・・・・・・やった。やっと牢獄から解放される!



この精神病院には、R1・R2・R3・R4、H1、C4・C5という病棟がある。


1~5の数字は、階をあらわす。



建物は、山のふもとの川沿いにある。


「R」はリバーサイドの略。

そのR1~R4病棟は閉鎖病棟。

ただし、R1、R2は男性のみ、R3、R4は男女混合だ。

「H]はヒルサイドの略。


H1は女性専用の閉鎖病棟である。

上記の病棟はドアに電子ロックがかかり、勝手に病棟の外に出ることができない


C4・C5は解放病棟で、病院の外へ自由に出入りができる。


そこだけは外出可能なのだ。



その他、デイ・ケアや、共同住宅などがある。



手広く手掛けている病院だ。



僕は急いですべての荷物をまとめ、そのバッグを左手に持ち、看護師の後を追った。


エレベーターの前まで来た。


看護師はポケットからキーホルダーを取り出し、その一つをエレベーターの操作ボタンの下部にあるカギ穴に差し込み、左に回した。


エレベーターの「△」のランプが点灯した。



・・・・・・なるほど、鍵が要るのか。患者が勝手にエレベーターを操作できないようになっているのか。



精神科閉鎖病棟 エレベーター
フリーフォト足成より引用


エレベーターに乗り込み、4階で降りた。


降りてすぐ右側に、透明ガラスの自動ドアがあった。



看護師は、またキーホルダーの「黒いプラスチックの握り」がついたキーを取りだした。


いわゆる最近の「握りの部分が黒い車のキー」みたいなヤツだ。


それを自動ドア右の、コンセントくらいの大きさの白いパネルにかざした。



電子ロックが解除されて、「ウィーン」という重い音とともに、透明な自動ドアが開いた。



・・・・・・なるほど、あのキーがないとドアが開かないのか。



ドアの向こう側は、デイルームとなっていた。


テーブルやイスやソファがいくつも並べてあった。


向こう側の壁には、「今週の作業療法の予定」「今月の献立表」などの紙切れが貼ってあった。

〇精神科、閉鎖病棟の患者たち


10数人の患者たちがイスやソファ―に座り、自動ドアのすぐ右手にある50インチくらいの液晶テレビを見ていた。

いや、「見ているように」見えた。


しっかりとした目つきでテレビに見入っている者はたった数名。

精神安定剤かなにかで意識が薄くウツロな目で単にテレビに視線をやっている者が数名。

テーブルを見つめている者、イスを見つめている者、天井を見つめている者、空中を見つめている者も居る。



とにかく精神病院の閉鎖病棟独特のただならぬ重く淀んだ空気が、足を前に進めるのをためらわせた。


しかし、前回入院した時もこんな感じじゃなかったか。


僕は気を奮い立たせて、部屋の中に踏み入れた。


何人かは僕に目をやり、すぐテレビに視線を戻した。



ひとりだけ、車イスのオジサンが声を発した。


オイッ、ふくちゃんじゃないか



●昔懐かしい患者との再会


・・・・・・あ、コジマさん。


前回、R3病棟でお世話になった50代のオジサンだ。



よく喋っていたので、よく覚えている。


彼はパーキンソン病で足を痛めて不自由だが、頭は“まとも”だった。


パーキンソン病 精神科閉鎖病棟 杖歩行

フリー素材集いらすとやより引用


僕は、精神病疾患患者たち、悪い言葉でいえば「気がふれた人達」の中にただひとり突っ込まれる、という不安に、ある程度の覚悟はしていた。


だが、知り合いを発見した僕はあまりにも嬉しくて、子どものように浮かれはしゃいだ。



コジマさん、お久しぶりです。 残念ながら戻りました・・・・・・


コジマさんは、黙って笑みを返した。



広島ブログ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



無料写真が超たくさん
アルコール依存症 断酒 うつ病 精神科 精神病院 閉鎖病棟 闘病記 体験談
プロフィール

ふく うつお

アラフォーオヤジが、急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも、今度はアルコール依存症との診断。うつ病とは、アルコール依存症とは。

精神病院・閉鎖病棟に何回も入院させられ、断酒をするが失敗。精神病院・閉鎖病棟の体験談、アルコール依存症・うつ病闘病記。
みなさんがうつ病・アルコール依存症にならないよう、お役にたてればと思います。
★姉妹ブログ★【うつ病で専業主夫】日々をゆったり育児ブログ
https://www.fuku-utsuo.work/

→ 自己紹介

→ プライバシーポリシー

→ お問い合わせ

ツイッター
メンタル弱いうつ病アルコール依存症のオジサン、専業主夫。2姉妹の育児奮闘中。ときどきFX。
カテゴリ別アーカイブ
【姉妹サイト】
SEがうつ病に 専業主夫の日々まったり育児ブログ


月別アーカイブ
記事検索




































































































スポンサードリンク


スポンサードリンク


【姉妹サイト】
SEがうつ病に 専業主夫の日々まったり育児ブログ



●ブログランキング
●FC2 ブログランキング
●広島ブログ