うつ病でアルコール依存症:人生終わった男の闘病記・体験談

閉鎖病棟の体験談から、アルコール依存症・うつ病の闘病記。
2児の父が急にうつ病で倒れた。酔いにまかせて仕事にいくも今度はアルコール依存症だと。
家族から精神病院に何回も入院させられ、断酒に挑戦するが失敗。抗うつ剤、睡眠薬はいまだかかせず・・・・・・

うつ病、アルコール依存症にならないよう、みなさんのお役にたてればと思います。

スポンサードリンク

タグ:退院

スポンサードリンク
※断酒229日目

アルコール依存症で入院しただけなのに

1ヵ月にも及ぶ保護室から、やっと開放され大部屋にもどった。

それから何回か外泊し、なんとか退院できた。

アルコール依存症で入院したのに、酷い目にあった。
ビール 酒
フリーフォト足成より引用

結局、保護室に3回も入れられた。

最初はアルコールを抜くために。

1回目は発作で三日三晩飲まず食わず眠れず。

2回目は躁転(躁状態になる)で1ヵ月も保護室に閉じ込められた。

双極性障害を発症

入院でアルコールは切れたものの、うつ病が悪化し、躁うつ病つまり双極性障害を発症した

聞いた話によると、うつ病の薬のSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)を飲み過ぎると躁転することがあるという。

10代のような若い人に、そのような現象が起こることがあるという。

双極性障害とは

外泊時に双極性障害についてネットであれこれ調べた。

ハイテンションな躁状態がしばらく続き、次はうつ状態がそれ以上長くつづく。
躁状態
フリーフォト足成より引用

躁状態の時は気分が乗っているので病院に行くことはないが、うつ状態の時はしんどいため病院に受診する。

医師はうつ状態の時だけ診察、となってしまうため、うつ病と誤診されることも多いという。

けいれんについて

けいれん発作について調べたが、「パニック発作を起こす場合がある」とは述べられているものの、けいれんについては見つからなかった。

主治医に聞いてみたところによると、けいれん発作には「大発作」と「小発作」があるという。

大発作」は文字通り、大きな発作で、てんかんのように意識がなくなるほどのけいれん発作だ。

小発作」は意識があるものの、筋肉がけいれんしたり固まって動けなくなるという。
発作
フリーフォト写真ACより引用

ぼくに起きた現象は後者のほうらしい。

スポンサーリンク

薬について

躁状態を抑える「デパケン錠」を大量に飲まされるようになった。

薬のせいで、酷いうつ状態になってしまった。

退院後、何か月もベッドに寝たきりで、働くことができなかった。

しんどいので薬を止めると

あまりにもしんどいため、自分でデパケンを除いて飲んだりしてみた。

すると、車の運転中に発作が起きそうになった。

その時は、制限速度60キロの道なので80キロくらいで走行していた。

なんだか「嫌な予感」がしたので、たまたま左車線側にあったコンビニに急停車した。

コンビニに停まったとたん、発作が起きた

全身の筋肉が硬直して、身体が動かなくなった。

意識はあった。

妻が大慌てで119番通報をした。

しかし、救急車が着た頃には発作は治まり、普通に動けるようになっていた。

タバコに火を着けて吸った。

救急隊員には、「もう大丈夫です、すいません、申し訳ない」と言って、帰ってもらった。

もしコンビニに停めてなかったら大ごとだった。

体が硬直し、ブレーキを踏むことなく前の車に激突していたことだろう。
事故
フリーフォト写真ACより引用

後ろから衝突なので100%こちらが悪く、むち打ちにでもなっていたかもしれない。

入院費、慰謝料を請求されていたかもしれない。

危なかった。

怖くなって、デパケンを飲むのを止めるのを止めた


長い長い、4か月にもわたる入院だった。

退院して、これに懲りてアルコールをきっぱり止めた、といえば止めた。

いつも退院したら酒は止めるのだ。

何かがないかぎり。

こんどの断酒が長く続けばよいのだが・・・・・・


・・・・・・ 精神病院 体験談3(完) ・・・・・・


長い間読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



次記事→

前記事→双極性障害と診断された。また保護室に閉じ込められる 体験談3(22)

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒217日目

※記事は、事実をもとに構成されています。決して薬物の乱用を勧める内容ではありません。

30代で薬物中毒者となった患者

前記事とは別の話だ。

30代前半の彼、仮にT氏とする。

イケメン、というより昔風のハンサムな顔立ちで、身長180センチはゆうに超えている長身。

T氏も覚〇〇剤でパクられ、薬物中毒者として措置入院でこの閉鎖病棟に送り込まれたようだ。

閉鎖病棟での日常の過ごし方といえば、テレビを見るか本を読むか、あるいはタバコルームでウマが合う人とくだらない雑談をして時間をつぶすことになる。

アルコール依存症者や薬物中毒者はそれぞれ、勉強会が週に3回くらいある。

タバコルームで彼がしゃべっている姿をみると一見普通だが、目を合わせて話してみるとこれが普通ではなかった。

目をギョロッと見開いて、というか、上と下のまぶたにチカラを入れてガン見して、というのか、要するに「目がイッている」ふうだった。
薬物中毒者
フリーフォト足成より引用

薬物中毒者独特の表情になる。

薬を使用したらどうなるか

彼は薬を使用した時にどういう行動をするのか、つぶさに話してくれた。

ハイテンションになり

「とにかく走んです。 街中を走りまくるんです」

だそうだ。
薬物中毒者が走る
フリーフォトPAKUTASOより引用

5、6時間もぶっ続けに走るらしい。

走って帰ってきたあと、たっぷりの牛乳をゴクゴクと飲むらしい。

どこかの薬物中毒者のブログで読んだのは、2日も3日も寝ずに続けて男女の行為に妄りふける、というものだったが。

走りまくった後、牛乳を飲むんだったらあんがい健康的だな、と、その時は思った。

薬物中毒者が家に戻ると・・・・・・

ある日、打って走りまくったあと自宅に戻ると

床一面に透明な液体がまかれていた

と、彼は語った。
床にまかれた
フリーフォトPAKUTASOより引用

その時、なんと「サリンがまかれた」と思い込んでしまったらしい。

サリンが部屋にまかれているだなんてとんでもない。

本当ならすぐに息の根が止まって死体となって床にころがっているところだが、もう薬物のせいで思考回路がおかしくなっていたのだろう。

すぐさま110番して、「サリンが部屋にまかれている」との被害通報をした。

警察もとんでもない通報を受けたものだから、特殊部隊を含め10数人もが駆けつけてきたとのこと。
警察官 機動隊
フリーフォト写真ACより引用

しかし「それはただの水だった」と判定したらしく、10数名は帰っていった。

だが本人はまだサリンと思い込んでいたらしく、再び110番

こんどは人数が減って数名だけ、部屋に駆けつけてきた。

そして事情聴衆だけして、帰っていった。


その後数回にわたり110番し、訪れた警官が、どうもおかしい、薬を使用しているのではないか、ということで最期にパクられた。

そして閉鎖病棟へ送り込まれた。

それが彼がここにいるいきさつだった。

スポンサーリンク

退院、そして

しばらくして、彼が退院の日となった。

皆が取りかこみ、退院おめでとう、2度と薬物はするなよ、そういう空気で彼を送り出した・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


T氏の退院から一週間もたたないある晩、誰かが驚きの声をあげた。

T君が独房におるで!

「マジか、ホンマか」

「T君じゃと思う、あれは」

保護室側のエリアと、閉鎖病棟側のエリアとは自動ロック付きドア一枚で仕切られている。

T氏と交友があった患者たちは、ぼくも含めて透明なドアにへばりついた。

ドア越しに独房側のほうをまんべんなく観察した。

長身の彼の姿が見えた。


また『やった』か

退院から一週間も経ってないじゃろ

送り出した僕たちは、なんだかがっかりした。


目があうと、彼がドアによってきて、何かを言った。

しかしドア越しでは彼の声はうまく聞こえなく、こちらは手のひらを耳にあて、「何??」とゼスチャーをした。

すると彼は右と左の手首を合わせて、手錠をかけらるしぐさをした。
手錠 逮捕
フリーフォトPAKUTASOより引用

あ~あ、またやったか

今度は実刑かね

実刑じゃろうね


しばらくすると、彼の姿を見なくなった。

スポンサーリンク



次記事→早朝に目が覚める。睡眠薬がなく眠れない 体験談3(14)

前記事→今から逮捕される!!閉鎖病棟の実態 体験談3(12)

ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク
※断酒213日目

保護室から大部屋への移動

数日後。
保護室の中間開放から、大部屋へ移された。

嬉しかった。
保護室だとタバコは一日4本限定、それが逆に真綿で首を絞められるように辛いのだが・・・・・・大部屋だと自由に吸える。
吸い放題。

布団も地べたではなく、ちゃんとしたベッドにシーツがかけられている。
カーテンもある。

朝6時から、夜の9時までテレビやマンガや新聞が見られる。

いろいろ自由になるので、とにかく嬉しかった。

荷物を移動し、すぐさま喫煙所へ向かった。
喜びのあまり、一気に3本も吸ってしまった。
気分が悪くなった。

瀬野川病院の大部屋、R1病棟とは

大部屋のデイルームには、正面の壁に50インチ大型液晶テレビが設置してあり、誰もが観れるようになっている。
テレビ デイルーム
フリーフォト写真ACより引用

テレビ前に淡いピンク色のビニール製ソファが4つ並べられており、その後ろに、木製のテーブルが4つ、それぞれ同じく木製のイスが備えられている。
20人はゆうにくつろげる。

あるテーブルでは若者と年配が将棋をさしていた。

またあるテーブルでは、患者の家族と親と思わしき者たちが、彼をとり囲んで談話していた。
お見舞いだろうか。
ぼくには絶対ない光景だ。
こう何回も入院すると、妻は呆れ果て、まったくお見舞いなどにこない。
少し羨ましかった

妻の顔は見たくないが、娘の顔が見たくなった。

瀬野川病院の常連患者

ソファに座ってぼんやりとテレビを見ている、そのうち一人の顔に見覚えがあった。
大部屋に移動で気分が上がっていたためか、自分から声をかけた。

初めまして・・・・・・、かな

いや、前も入院してたでしょ

やはり、向こうもこっちを知っていた。
どうやら以前、同じ時期に入院してたらしい。
病棟は違ったが、院内の自助グループで顔を合わせていたようだ。

K、と彼は名乗った。
アルコール依存症患者
フリーフォト足成より引用

ぼくは4回目の入院ですが、Kさんは?

8回目

やはりですね。
 
院内AAで見かけたことありますよ

こっちもね

偶然、ぼくとまったくのおない年だった。
ぼくは48才で4回目の入院、それはいかがなものかと思っていたが。

彼は、8回の入院
もう少しで2桁。
もはやレベルが違う。

同じアル中同士の仲間意識か彼とはすぐに意気投合した。
細かに話しを聞いてみる。
ぼくより先に入院していたため、もちろんぼくより先に退院する。
彼はタクシーの運転手だそうだ。
しかし、アル中のタクシーには乗りたくない

「退院したらすぐ、『ひまわり』(病院のすぐ隣にあるスーパー薬局)でビールか何か買って、いきますか?(飲みますか?)」
スーパー薬局 酒
フリーフォト写真ACより引用

「いや、そうはしない」

精神病院を退院したら

入院患者の半分は断酒に励もうと頑張るが、残り半分はほぼ、退院して即、隣の「ひまわり」で酒を買って飲むのだそうだ。
何のための入院だかわかったもんじゃない。
入院によって、数千もあったγーGTPが一気に下がる、あるいは家族が平穏な時が過ごせる、そのための入院だろうか。

Kさんは、退院してすぐには飲まない。

その足でJRで広島駅まで出向き、おなじみの居酒屋でキンキンに冷えた生ビールを注文するのだそうだ。
ビールのあて、つまりつまみ二品も既に決まっている、とのこと。
生ビール
フリーフォト写真ACより引用

広島駅までの45分間は、断酒をする」 そうだ。

さすが、常連・・・・・・

スポンサーリンク



次記事→

前記事→保護室に閉じ込められて5日目、中間開放となる 精神病院 体験談3(9)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

〇今夜は盆踊り大会


わが瀬野川病院で、盆踊り大会が開催された。


まだ夏の日差しが照りつける、8月の盆の時期であった。


夕方6時に運動場に集合、という。




閉鎖病棟から出ると、まだ陽は残っておりじりじりと肌をやきつけた。


何ヶ所かある運動場の出入り口には、患者が脱走しないよう、腕っぷしの強そうな看護師が見張り番として張り付いていた。



そこへ、各病棟から出てきた患者たちがワラワラと集合してきた。


閉鎖病棟に何ヶ月、何年も入院している患者たちである。


〇まるでゾンビのように、精神病患者が

 ゾロゾロとでてくる


足元はおぼつかない、目は宙をただよい、あるいはまわりを睨みつけている。


猫背で前かがみ、腹はポコンと飛び出し、顔を前につきだし、手はだらんと垂れ下げたような歩き方の患者たちが、じりじりと何十体も歩いてくる。


まるで墓場からはいずりでてきたように思える。



各病棟のわりとまともなそうな患者が、中央で白いプラカードをかかげていた。



プラカードには「R1」「R2」「R3」「R4」「C4」「C5」「デイ・ケア」などと記入されており、患者は病棟ごとに2列に並んだ。


ざっと400、500人の精神病患者たちがずらりと整列した。


患者たちが数百体もうごめくと、USJのハロウィン・ホラーナイトも真っ青な恐怖感がした。



もちろん、僕もその中にいる。



何ヶ月ぶりに外の空気を吸った患者も多いのだろう。


いささか興奮気味な人も多く、知り合いと楽しそうに会話をしたり、別の病棟と会話をしたり、ぶつぶつと独り言を言ったり、あるいはじっと無言で黙っている患者もいた。



急に、遠くから女性の叫び声があがった。



その方向に目をやると、50代くらいの女性がわめきながら発狂していた。


すぐに3、4人の看護師たちが取り囲み、彼女は取り押さえられた


用意された車椅子に乗せられ、すぐに退場していった。



そんな光景には誰も目をくれず、やがて院長先生の挨拶が始まった。


8月6日、原爆の日が過ぎた頃だった。

院長は、「8月6日の原爆の日を知ってるかな?」と、マイクを通して質問してきた。

院長の問いは、原爆を体験した人はいるか?の意味だ。

患者の何人かが手を挙げた。

ところがその患者たちは40歳か50歳くらいで、もちろん原爆などは体験していない。

ただ単に「8月6日は原爆の日」と知っている、ただそれだけだった。

〇盆踊りのあと、会食


事前に練習していた盆踊りが始まった。

♪ 月が~出た出~た~」とかいうのを何曲か、浴衣姿の看護師と患者が舞台のまわりを円を描いて回った。


盆踊り 精神病院
フリーフォト足成より引用


ひとしきり踊りがおわると、会食、というか買い食いの時間だ。

あらかじめ配られた「うどん」とか「ホットドック」とか「スナック」と書かれたチケットを、舞台から離れた屋台風のテントで食べ物と交換して、食べる。

ゆっくりとした時間が流れた。

〇カラオケ大会、400人の前で歌うま

カラオケ大会も用意してあり、ぼくは「何でもやってやれ」と事前に予約を入れておいた。

カラオケボックスにあるようなカラオケ機が舞台に用意されていた。

大トリの一つ前で400人の観衆の見ている中で歌った


カラオケ 精神病院
フリーフォト足成より引用


だれもが分かるように、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」を選んだ。


素面で400人の前はさすがに緊張したが、うまく歌えたと思う。

拍手喝采がきたので、少しうれしくなった。

大トリは、おじさんが口紅塗って女性の浴衣姿で、おカマのふりをして歌っていた。

これも結構うけていた。


わりと楽しい、精神病患者だけの盆踊り大会であった。


〇そしてやっと、精神病院を退院へ


盆踊り大会が終わり、次の週が退院日だった。

入院当初は苦しかったが、酒が抜けるにつれ、楽になっていった。

振り返ってみると、たくさんの友達ができた。

おかしな患者もたくさんいた。

おもしろい患者もたくさんいた。

それはこの瀬野川病院が、広島一有名な精神病院だからだ。

勉強会にもすべて出席して、アルコールの酒害についてたくさん勉強した。

家族には迷惑をたくさんかけてしまった。

もう二度と酒を飲まないよう、一日一日を努力して、断酒継続していきたいと思う。


断酒
フリーフォト足成より引用


退院日、嫁さんが車で迎えに来た。

「もう何度きたかわからん!」

とぶつぶつ言っていた。


ぼくは帰りの車のなかで、自由になれたことの解放感を存分に味わっていた・・・・・・


・・・・・・・・・・・・ アルコール依存症 精神病院・入院体験談2(完) ・・・・・・・・・・・・



スポンサードリンク



ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

入院の種類

入院には三種類あることは述べた。

任意入院

医療保護入院

措置入院

そして、ぼくはアルコール依存症を治すために、酒を断つために自分から病院に来たのだから、当然、任意入院だと思い込んでいた。

断酒
フリーフォト足成より引用

それなのに、医療保護入院だという。

あぜんとして気落ちした。


医療保護入院は退院ができない

なぜ、こうも動揺するのかというと・・・・・・

前記事でも説明したが、再度、言葉を変えて説明すると


任意入院

精神的に調子が悪いなどで、自分から病院を訪れて診察してもらい、入院した人。

また、自分で精神病の悪化に気づき、自ら病院を訪れて入院した人。

入院中は当然、治療を受ける。

自分の意志で入院したので、自分で「退院したい」と思えば、いつでも自由に退院する事ができる。

ぼくは2、3週間ほど入院して酒を断ち、禁断症状が収まった頃を見計らって、自分で退院しようと思っていた。

ところが「医療保護入院」になると、話は違う。

医師 医者
フリーフォト足成より引用

スポンサーリンク


医療保護入院

医療保護入院は、医療計画がたてられ、その計画通りに治療がほどこされる。

その計画は、たいていワンクールの3ヵ月だ。

「治療」といってもアルコール依存症患者の場合は、ビタミン剤を点滴され、あとはひたすら酒害・断酒のための勉強会・セミナーに出席・断酒会に出席しなければならない。

アルコール依存症は、現代ではまだ治癒することはできない病気だからだ。

少なくとも、2ヵ月から3ヵ月は入院しなけばならない。

退院はできない。

数ヶ月にわたり、この塀の中から出ることができない。

懲役、実刑3ヶ月ということである。

医者が退院許可を出さなかったり、家族が同意しないケースでは、さらに長期間、塀の中にいなければならない。

数週間のつもりが、数ヶ月の服務となってしまったのである。

あぜんとして気落ちした。


措置入院

措置入院の場合は、警察がからんでくる。
警察官
フリーフォト写真ACより引用

違法薬物で警察に逮捕された人たち。

酔っぱらって器物破損、傷害事件を起こした人たち。

また、精神病などで器物破損、傷害事件を起こした人たち。

それらの人が対象となるため、医師、保護者、それに加えて警察も介入してくることになる。

数か月入院の後、主治医の判断でやっと医療保護に切り替えられるため、長期間入院しなければならない。


慢性期病棟の特徴

上記のほかに、精神的に慢性疾患の患者は、長期間入院することになる。

パーソナリティ障害、社会適応障害、重い統合失調症、窃盗癖があり何回も繰り返す人、違法薬物がやめられず何回も再使用する人、その他もろもろ・・・・・・

何年も入院している患者がいる。


ぼくは任意入院のつもりが想定外の医療保護入院で、退院ができずあぜんとして、脳が思考停止した。


スポンサードリンク



次記事→

前記事→任意入院ではなく医療保護入院となりあぜんとする 体験談2(9)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

スポンサードリンク

入院中の外泊が許可される

閉鎖病棟に入院して、2ヶ月が経とうとしていた。

ぼくは病院内では優等生であるもんだから、週に1回の帰宅(外泊練習)も許されるようになっていた。

家族に車で迎えにきてもらう。

1泊、あるいは2泊3日で自宅で過ごす。

その間、酒などの話題に触れず、まことしやかな日常生活を送れることを確認する。

退院
フリーフォト足成より引用

病院側からは、帰宅期間の患者の様子を記入する用紙が渡される。

穏やかにすごしたか  はい / いいえ

イライラしていないか はい / いいえ

そのような質問事項が10問ほどならび、最後には

お酒を飲まなかったか はい / いいえ

が、当然ある。

もちろんぼくは早く退院したいもんだから、家でも優等生でじっと我慢する。

病院に帰院すると、嫁さんが看護師に記録を渡す。

それを2~3週間繰り返し、「問題なく過ごせた」という実績を作れば、退院はもう間近なのだ。

保護室に入った当初の入院計画書には、「2~3ヶ月の入院・療養が必要」と記入されていた。

だけど、こんなオリの中で3ヶ月は過ごしたくない。

早く、シャバに出たい

それだけを考えて、行動するようになってきた。


退院支援委員会が開催され、退院日が決まる

3回ほど帰宅の実績をつくったあと、先生との面談で、言った。

そろそろ退院したいのですが、どうでしょうか

先生はすこし考え、言った。

来週末、あたりにしましょう

そして、先生と看護師、嫁さんとの退院支援委員会が行われた。

退院後、仕事をするのか、ちゃんと断酒できる生活を送れるのか、確認される。

医者 医師
フリー素材集PAKUTASOより引用

一週間は、長かった。

1日、1日とカウントダウンする。

本当に仲がよい患者にだけ、退院の話を言っておく。

ちゃんと心から喜んでくれるからだ。

親しくない患者には言わない。

ねたまれるからだ。


数日後。

やっと、その日が来た。

朝から、荷物をまとめる。

家族が10時に来るといったが、それまでの数時間がやけに長い。

看護師に

「いままでありがとうございました。
 お世話になりました」

と感謝の気持ちを言う。

患者仲間にも、この日だけは
先に出てるから。みんなも頑張ってね
と挨拶する。

やっと、自動ドアがあいて、待ちにまった嫁さんの姿が見えた。

患者のみんなには、拍手で送られた。

やっと退院!

待ちに待った退院!

嬉しかった。

スポンサーリンク


精神病院・閉鎖病棟からの退院

国道を走る車の中から、何とも言えぬ気持ちで、風景を眺めていた。

もう、こんりんざいこんなところに入院しない。

もう、こりごりだ。

もう、一切酒を飲まない。

もう、今後はまっとうな人間として生きる。

「昼飯に何が食べたいか」

と聞かれた。

背脂たっぷりのラーメンと、餃子

と答えた。



ラーメン
フリーフォト足成より引用


うす味の病院食ばかり食べてきたぼくにとって、久しぶりのラーメンはとても旨かった・・・・・・





・・・・・・ 第1話 完 ・・・・・・





これで、第1話は終わりです。

長いあいだ、ご愛読ありがとうございました。

え、第1話。

てことは、第2話がある?

そうなんです第2話があるんです。

退院して断酒を頑張りました

がむしゃらに。

そして、まっとうな日常生活を送り続けました。

酒を飲まない生活

頑張って続けました。

そして、その生活を続けていくと、だんだん慣れてきます。

辛かった入院生活も、喉もとすぎれば熱さ忘れる。


そして、約3ヶ月後。

ふとやってしまいました。

やってはいけない、スリップ・再飲酒

そこから、ぼくはまた転げ落ちていったのです・・・・・・

続きは、またアップしていきます。


長いあいだのご愛読、ありがとうございました。


スポンサードリンク



次記事→パチンコに勝った、酒も買った。精神病院に再入院 体験談2(1)

前記事→精神病院・閉鎖病棟の日常。ラジオ体操の効果は?体験談1(23)


ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします
  ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ



広島ブログ

↑このページのトップヘ